結婚

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

明後日、娘の彼が挨拶に来ます。

c6a03b2b1d39bf1b8d1d268ef58a3289_s

一昨日、知人とお寿司屋さんのカウンターで飲んでいたときのこと。

「ねえねえ、ちょっと聞いてよ。明後日さ、娘の彼が挨拶に来るって言うんだ・・・」
 
お嬢さんは社会人5年目。
そのくらいの年齢のお嬢さんのお父さんに挨拶といったら、それはもう、「アレ」しかありません。
そう、娘の父親として覚悟をしなければならない日がやってくるそうです。

「俺、どうしたらいいかなあ・・・?」
とぼやく知人に
 
結婚生活を成功させるワークショップを受けないと結婚は許さん!っていうのはどうですか?」
と冗談半分、本気半分で即提案。

「それいいねえ!(笑) 必須にしよう。」
と知人。
 
いや、本当に冗談抜きで、娘、息子の幸せな門出を祝福したいのならば、親としてこのくらいリクエストしてもいいでしょう。
知識として知っているだけで不幸な結婚生活のリスクを軽減できるのですから。
 
ということで、
結婚生活を成功させる原則をご紹介するカップル向けワークショップ、今月は20日に開催です。

花嫁、花婿のご両親だけでなく、「私自身が結婚する前にこれを二人で受けておきたい!」というカップルもお待ちしております。

家族というチームになろう!~最強の二人でタッグを組む~
詳細、お申し込みはこちら


「イベントに参加するのは難しい」という方は個別にセッションも承ります。
お問い合わせはこちらの問い合わせフォームをご利用下さい。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

男子校出身者は早死にする?じゃあ女子校出身者は?

夫婦仲が良くない人は
「35%も病気になりやすい」
「寿命が4年短い」 

上記のように、夫婦関係の良し悪しが健康や寿命へ与える影響について、これまでもお伝えしてきましたが、最近こんな記事が出ていました。


男子校出身者は早死にする?
人間関係が健康に及ぼす重大な影響

 

 「人間関係が孤立している人は死亡リスクが高い」というのはなんとなく感覚でもわかる気がするのですが、男子校出身者が早死にとは・・・。

女子校出身者は早死にしないんでしょうか。
異性と出会う機会が少ないのは男子校出身者と同じなんですが。
独身者も少なくない気がしますし・・・。 

・・・とここまで書いてみて、自分の高校(女子校)の先生の何人かが
独身かつ長生きであることに気がつきました。

女性は独身の方がストレスが少ないかもしれませんね(笑)



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.
 

恋愛経験が多い人ほど結婚生活は不幸せになる?

童貞&処女最強!? 恋愛経験豊富な人は幸せな結婚ができない(驚きの研究結果)

というタイトルの記事が掲載されていました。(「知的好奇心の扉 トカナ」より)

米国バージニア大学の研究チームの「ナショナル・マリッジ・プロジェクト」の調査結果です。

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_ss


調査の結果、婚前の恋愛経験が平均より多い人は、少なかった人に比べ、現在の結婚生活に満足していないという実態を突き止めたのだ。

 ローデス准教授は「通常は多くの分野で、経験を積むことは重要であり良いことと考えられています。例えば就職の際なども有利になります。ですが結婚や恋愛の場合は別で、結婚前の恋愛経験の多さは、質の低い結婚生活をもたらす結果が明らかになりました」と語る。


詳細はリンク先をお読みいただきたいのですが、
原因をざっくり言うと、
  • パートナーと過去の数多くの恋人とを比較してしまう
  • 相手との関係にあまり積極的にならない
ということのようですね。

このタイプの方は、パートナーの欠点ばかりに目がいってしまい、「結婚生活に不満を感じるのは相手のせい」と考える傾向があるのではないでしょうか。
そのような思考でいる限り、「相手との関係性を育てていこう」という考えにはなかなかなりません。
「相手を変えないと問題は解決しない」と思っているのですから。

繰り返しお伝えしているように、夫婦間で起こる問題の69%は「永続する問題」です
相手を変えても、またそこには永続する問題が生じます。

パートナーとの関係性をいかに育んでいけるか。
ここに幸せな結婚生活を送る鍵があります。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)


Copyright 2013-2014 Karika Coaching All Rights Reserved.

あなたにとって結婚ってなんですか?

毎回、ゲストを招いて「あなたにとって結婚とは?」を聞く、
その名も【結婚ってなんですかtv】
7人目のゲストとして出演しました。
 

【夫婦の問題は○○%は解決しない?夫婦であるために知っておくべきこと】

•関係性コーチングって何?
•夫婦の問題はどっちのせい?
•夫婦で持つべき視点は?

そんな話をしております。

もちろん、「私にとって結婚とは」もお話しています。

相手がつながろうとした時のあなたの反応はどれ?

「ねえねえ、これ見て!」
「そういえばニュースで見た?○○の話」

こんな簡単な呼びかけを意識したことはありますか?
何気なくしているこんな会話も、相手とつながるきっかけになります。

さて、こんなときの反応の仕方は3つ。
  1. 向き合う
  2. 無視する
  3. 敵対する

「1.向き合う」は、何もしっかり身体を向かい合わせにしてその話題にしっかり受け答えするという意味ではありません。
「え?」とか「へえー」「ふむふむ(ボディランゲージでOK)」など、
相手の話を聴いていることを示せればOKです。

「2.無視する」は、視線を相手に向けることもせず、発言もせず、何も反応しないことを差します。

「3.敵対する」は、呼びかけに対して厳しい応答をするパターンです。
「忙しいのよ。声なんてかけないでよ!」
「ふん!(見下しの視線)」
などなど・・・。

ゴットマン博士の研究では、
幸福な結婚生活を送る夫婦は、86%が夕食時に互いの呼びかけに向き合っているのに対し、上手くいっていない夫婦が呼びかけに向き合う率は33%でした。

ちょっとした相手からの呼びかけ、意識してみてくださいね。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦間で起こる69%の問題は「永続する問題」

こんにちは。
3連休の方も多いと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ただいま「我が家がどうやって年末をギスギスせずに乗り越えたか」を書いたメルマガ
【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】の番外編を配信しております。

自分の私的部分をそのまま書いてしまっているので、かなり恥ずかしいのですが
ご紹介しております関係性の智慧が皆様のお役に立ったら嬉しいです。


さて、夫婦の間で起こる問題。
一体どの位の割合で解決できるとお思いですか?

ゴットマン博士の調査研究によると
なんと69%の問題は解決できない問題、つまり「永続する問題」なんだそうです。

皆さんの想像よりもはるかに大きな割合ではありませんか?

「だったら相手を変えればいいじゃない」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが
そんな簡単な話ではなく、
例え相手を変えても、そのパートナーとの間でまた69%の永続する問題が起きるわけです。

「問題ばっかりだから、私たち夫婦はもう駄目だ」と言っていたら
結婚生活なんてできなくなってしまいますね。

肝心なのは、問題を解決することではなく、
上手く問題と付き合うことなのです。



【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】の番外編、
お読みになりたい方は、今すぐ登録してくださいね。
購読は無料です。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 

最初が肝心

今日の打ち合わせ前のことです。

先輩が受付にカツカツカツ・・・とやってきて

「名簿ある?」
「何部ある?3部?」
「ちょうだい」

そしてまたカツカツカツ・・・

どうやら出席者への配布資料が足りなかったようで、少々お怒りの様子でした。

最初の
「名簿ある?」
から、ちょっとトゲのある口調。
思わず、(おー、とげとげしい話の切り出し方だー!)と内心思ってしまいました。

会話は最初の切り出し方が重要で、
最初の3分間のやり取りがその会話の全体の雰囲気を決めるのだそうです。

夫婦を対象とした調査研究では、最初の切り出し方が良い雰囲気でも悪い雰囲気でも、
96%の確率で、切り出された雰囲気で会話が終わるそうです。

話を切り出す前に、ちょっと意識したいですね。
 



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード