夫婦喧嘩

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

夫婦げんかで折り合いをつけるために必要な力

昨年秋にかなり深刻な夫婦ゲンカをしまして、夫と何度か話し合ったことがありました。

話し合いの中で、ずれないように気をつけていたのは

「相手がこんな風になっているのは何があるのかを知ること」
「自分がこんな風になっているのはどうしてなのかを相手にわかってもらうこと」

ドキドキしながらもできるだけ冷静に、ヒートアップしそうになると深呼吸しながら、丁寧に話をしたように思います。

cc92dec52668e81a37e9361a11a574e1_s


人が自分の立場を譲らないときって、実は背後にその人にとって深く大切な意味合いが隠されています。
その人にとってとても大切な願いや信念、価値観といったものです。

例えば、子どもが病気のときに夫婦どちらが仕事を休むかでもめている場合、恐らく「休暇を取れるかどうか」そのものだけが問題なのではなく、家庭内での主導権や影響力、尊厳や自由などが問題である可能性があります。

スッキリ問題解決できなかったとしても、「大切なものを尊重された」、「理解してもらえた」と思えるだけでずいぶん心持ちは違うはずです。

でも実際はこれがとても難しい。

理由は2つあると思っています。

1つは、お互い感情的になっていて、冷静に相手の願いを聞き取る状態にないから。
相手を理解し相手に理解してもらうためには、自分の感情をある程度上手になだめた上で、適切に表現する力が必要になります。

そしてもう1つは、自分自身も自分の本当の願いに気づいていないことが多いから。
相手の言っていることややっていることに反応して気持ちが高ぶりますが、どうして自分がそこまで反応してしまうのかを瞬時にわかりやすく説明するのは簡単ではないのです。
自分と向き合い、自分の感情の奥底にどんな願いがあるのか、どんな大切なものがあるのかを探し出す力が必要になります。

この2つの力が備わっていてはじめて、安全にそれぞれの意見の落としどころを見つけることができるようになると思います。

そもそも、折り合いのつけ方って、親も学校も教えてくれませんよね。
でも、これ、生きる上でとても大切なことだと思っています。
私も先の大ゲンカでは、頭の中でステップを確認しながら話し合っていました。

今月末の講座では、この「折り合いをつけるために必要な力」についてお伝えします。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】作業工程やポイントを知って関係性をより良く作る

1組のご夫婦がコーチングを完了されましたので、ご感想をうかがってみました。

やってよかった、お願いしてよかったと思います。
車などのモノづくりでは、作っていく過程や出来上がっていく過程が目で見えますが、関係性のような形のないものは見えないですよね。
「作業しなくても(いい関係が)できるんじゃないか」と思っちゃったりとか、作業していても「本当にこれでできあがるのかな?」と不安だったりしますが、無形のものでも作業工程やポイントというものがあって作られるんだと思いました。放置すると風化するものだとも思います。
これまでにない体験でした。(夫さん)

やってよかったと思います。
いろいろな知識を得たというのもそうですが、コーチという第三者が介在する安心感、入ってもらうことのありがたさを感じました。
安全に話し合う実体験ができたのも良かったです。
こうすれば話し合えるんだ、事が前に進むんだ!という体験ができました。
二人の間に変化もありましたし、手ごたえがありました。(妻さん)


実は、お二人が一番「知れて良かった」とおっしゃっていたのが、「自分のネガティブな感情とのつきあい方」です。
実際の生活の中で、学んだステップで自分と向き合うことをしてくださっているとお聞きし、嬉しくなりました。
お子さんとの関わり方にも変化が現れたそうです。

「自分のネガティブな感情とのつきあい方」のステップはシンプルですが、人間関係を良くしていくためにとても効果があるので絶賛おススメのツールです。
実際に私のところにご相談にみえるご夫婦の95%の方々に受けていただいています。

ちょうど今月末に、このステップをお伝えする公開講座を開催します
パートナーとの間がうまくいかない、職場の人間関係で悩んでいるなど、イライラ、モヤモヤされている方にお勧めです。お一人で参加できますのでどうぞお気軽にお申込みくださいね。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

パートナーにオタク活動を認めてもらいたい!

先日、「オタク活動とパートナーとの良好な関係を両立させるには」ということをSNSで投稿したら、ものすごい反応がありました。
皆さん、自分の好きなことを追求するのに家族との関係にも苦慮されているようです。

ここでのオタク活動は、アイドルでもアニメでも鉄道でも何でも構いません。
自分が大好きで時間やお金を費やしたい対象をパートナーが快く思っていないという状態です。

「〇〇のイベントに行ってくる」
「…え?また?」
「この前は東京だけど、今度は大阪だから」
「え?〇〇のためだけに大阪行くの?!信じられない。それ変じゃない?」
「変じゃないよ。野球だって東京ドームがホームでも京セラドームにも応援に行くじゃん」
「えー?でも……」
idol_fan_women_uchiwa_mune (1)
「〇〇(オタク活動の対象)が好き/嫌い」というのは、ブロッコリーが好き/嫌いと同じくらい主観的なものです。
好き嫌いに正しいとか間違っているとかはありません。
ただ「どのように感じるかが違っている」だけです。

しかし、この好き嫌いの感じ方の違いが、二人の関係に悪影響を及ぼす場合があります。
嗜好や主義はそう簡単に変わるものではないので、二人の意見は平行線のまま解消せず、残念ながら問題はずっと続くことになります。

良いお知らせとしては、このようなずっと続く問題は、自分達の相性や仲が悪いから発生するものではないこと。
どんな相手と結婚しても二人の間に起きる問題の約7割は、このタイプの問題です。

なので、「理解がない人だ」と相手を批判しちゃうのは筋違いですし、「私がもっと我慢しなくちゃいけないのかな」と自分を責める必要もありません。
(たとえ我慢したとしても、また別の内容の問題が発生し、二人の間から完全に問題が消え去ることはないんですよね…)

大切なのは、ずっと続く問題とうまく付き合っていくこと。
そして、この問題がお互いにとって大切な問題であることを認識できたらいいですよね。

日ごろからお互いを思いやり、尊重する関係を創ることで、ずっと続く問題についてお互いが思っていることをシェアするチャンスが来ると思います。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】投資に見合った成果を得ることができた

夫婦の関係性コーチングを受けてくださったSさんご夫妻から感想をいただきました。

<コーチングを受けた理由について>

10日間の海外旅行が3ヶ月後にせまり、
最近の雰囲気では旅行中にケンカになりそうな予想がされたため、
何とかしたいと思った。(夫さん)

半年程前より、夫婦間が最悪化し、自身の気持ちもかなりしんどくなっており、子どもへの影響も気掛かりで危機感を感じておりました。
このままではダメだと、2人で話す機会を持つように努めましたが、言葉を交わす程に感情高ぶるばかりで収集つかず。これから人生の選択を考える必要も感じていました。決断する前にやれることは全てやろうと思いました。
夫婦コーチングを検索したのは、人の力をお借りするしかないのでは思いついたのがきっかけでした。
そんな折、ネット検索から、平田さんのコーチングを受けた方の感想を拝読して直感的に即決しました。(妻さん)

<コーチングを受けて一番良かったなあと感じたこと>

夫婦間で共通の夫婦関係をより良くするルールを共通認識出来たこと。
とても良いコーチングでした。
投資に見合った成果を得られることが出来たと感じています。(夫さん)

夫が夫婦関係について真剣に向き合ってくれたこと。(妻さん)

Sさんご夫婦は関西にお住まいであったため、今回はZoomというインターネット通話を使ってコーチングを行いました。
画面越しにも、お互いのコミュニケーションのクセが見て取れましたので、これまでのパターンを一度崩し、より良いコミュニケーションが取れるよう、トレーニングも行いました。

同時に、お互いの相手への思いやりの気持ちもこちら側からは見て取ることができました。
しかし、お二人の中には不安や遠慮や様々なものがあって、その「相手の想い」をキャッチする機会を度々失っていらっしゃいました。
ですので、コーチは鏡となって、こちらから見えていることをたくさんフィードバックしました。

とても向学心にあふれたお二人でしたので、コーチングの最中はもとより、コーチングとコーチングの間に関連書籍を読んだり、二人で取り組むワークに挑戦したりしてくださいました。

最後に、実際に受けてみて、どんな人にどのようにこのコーチングを勧めたいかもうかがってみました。
夫婦ケンカの時に離婚を一瞬でも感じたことがある人。
夫婦関係を良くして幸せになるための知識を学習できる良い先生がいるよ。
自分達もコーチングを受けてとても夫婦関係が改善したよ。
(夫さん)

夫婦間で辛い思いをしている親友や子育て中のご夫婦。
平田さんが加わってくださることで楽しい雰囲気で取り組めること、
知識や情報を知るだけでうんと関係が良くなること、
子育てにも役立つこと伝えたいです。(妻さん)

自分を大切にできていますか?

夫婦のコーチングは、お二人と私との3人で対話形式で行います。

ですが、個別相談など事前にお話を聞いている段階で、
「もしかしたら、ご夫婦でコーチングを受ける前段階として、
コーチとのマンツーマンで自分自身との上手なつきあい方を身につけていただいたら、それだけでもずいぶん夫婦関係は改善するんじゃないかしら」
と思うケースも少なくありません。

自己肯定感が低いために、パートナーからの承認で自分を満たそうとしてしまう方。
親の影響が強すぎたために自分を抑圧し、何をしたいのか、何が欲しいのかよくわからなくなってしまった方。
自分の気持ちを隠さないと生きづらかったがゆえに、悲しみや寂しさをなかったことにして、周りを優先させ、疲れ切っている方。

自分は本当は
どんな気持ちなのか。
何を望んでいるのか。
自分でもはっきりとつかめていないので、
「〇〇して欲しい」という直球のリクエストをすることができません。

「私ばかりが犠牲になっている」

「なんでわからないの」
と、ただ漠然と不満を抱きやすいのです。

そして、
「どうしてこんなことするの?」
「あなたはどうしていつも〇〇なの?」
といった現状の否定で表現してしまうので、相手は責められているとは感じますが、具体的に何がいけないのか、どうしたらいいのかがわかりません。

7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_s


自分のご機嫌を取るのは自分自身の役目です。
自分にとって大切なことは何か。
その大切なことを、自分自身がどれだけ尊重できているのか。
その環境を整えるのは周りの人々ではなく、あなた自身なのです。

自分自身との付き合い方が変わるだけで、周りの景色が変わってきます。
パートナーを変えようとせずとも、自分を満たし、二人の関係に変化を起こすことは可能なのです。

私の場合はどうなのかしら・・・?と疑問に思われた方は、個別相談またはお問い合わせフォームからお気軽にご相談くださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】対人関係のテクニックなどを知ることができてよかった!

【関係性パーソナルトレーニング】を受けて下さったYさんのご感想です。

本当は、夫さんと二人で夫婦の関係性コーチングをご希望だったYさん。
しかし、夫さんの同意が得られず、「自分だけでも……」とパーソナルトレーニングを受けてくださいました。

夫が異常にキレやすいと思っていたが、自分がキレさせているのかなと反省した。
最後のセッションのあと、仲良くやっていこうという気持ちでいたが、早速キレられ、うんざりな気持ちになってしまった笑
でもその後、1人で(5回目に教えてもらった相手の立場になりきるやつ)をしてみたら、夫の気に触ることを言ったかなと反省できた。
対人関係のテクニックというか、フレーム的なことが知れてよかった!
夫との関係を継続してくことに超前向きになれたし、いろいろ相手の良い点を積極的にキャッチできるようになった。
また自分を客観的に見る機会になって、自分が自分を全然理解してないことが分かった。

初回インタビューの時に「夫の地雷がわからないのが悩み」とおっしゃっていたYさんですが、少しずつ、地雷の正体がわかってきました。
さらに、「どうして休みの日にそんなことをしたがるんだろう・・・?」という夫さんの謎も解けて、パートナーがどんな人であるか、理解が進んだようです。

さらに、Yさん自身の願いや感情が揺れやすいポイントなど、自分自身についても理解も深まったようです。


家事に育児に仕事にと忙しい毎日を送っていると、なかなか自分自身と向き合う時間もないですよね。
自分が何にモヤモヤしているのか自分の気持ちも願いもよくわからないまま、周りともギスギスして毎日を過ごすだけで精一杯になってしまいます。

でも、そこにある自分の気持ちや願いに気づくことで自分とつながる力が強くなります。
そして、自分の気持ちや願いに気づく力がついてはじめて、他者の気持ちや願いに気づく力がつきます。

【関係性パーソナルトレーニング】は、コーチングをしながら自分自身やパートナーとの関係性を掘り下げ、関係改善に必要なスキルをトレーニングしていきます。
自分一人でできることから始めたいという方にお勧めのメニューです。

「私の場合はどうなのかしら・・・?」「ちょっと話を聞いてみたい」という方は、個別相談をご利用くださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

職場の異動や家族の入学などライフイベント時の注意点

さて、この4月にご家族が入学、就職、転勤、異動など、さまざまなライフイベントをお迎えの方も多いと思います。
それらに伴い転居する方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
このようなライフイベントは家族の関係性が変わる節目となります。
今まで安定的に運用できていた家事や育児の手順を一から構築し直さなければならなかったり
そもそもメンバーがそろわなくなってしまったり、
今までのやり方が通用せずストレスを感じることも多くなります。

一方で、会社や学校など、家庭以外で新しい環境へ移った家族にとっては、外界そのものがストレスフルです。
ストレスが溜まり気持ちに余裕がなくなると、安全で安心できるはずの家庭内でもちょっとしたことで衝突が起きたり、自分の感情が大きく振れてしまったりします。
 
ですので、この時期、子供やパートナーにイライラしてしまったり、夫婦げんかが増えてしまうことはある意味仕方がないことです。
 
でも、この記事をお読みの方は、できるだけいい夫婦関係・家族関係でいたいと思っていらっしゃいますよね?

そこで、このストレスフルな時期を上手く乗り切るための3つのコツをお伝えします。

836228a836f003bfcc7680d6fd8e3282_s


(1)変化を悪いものだと捉えないこと
 
ライフイベントで関係性が変化するのは「仕様」だと思ってください。
元々そういうものなのです。

なので、
「どうして変わっちゃったんだろう~」
「何がいけなかったんだろう~」
「誰が悪いんだろう~」
と原因や犯人捜しをすることはあまり意味がありません。

以前の安定した関係の良さを惜しみつつ、新しい章をどうやって書いていくかに目を向けてください。


(2)誰かの言動にイライラしたら、自分の内側と向き合う
 
仕事や家事や育児など、自分の思う通りに進まないとイライラしてしまいますよね。
自分に余裕がないと、「自分のイライラは正当なものである」つまり「自分は怒って当然!」と判断しがちです。
自分のメガネから見えるものがすべてだと思ってしまうのです。
本当は自分の意見は一部しか正しくなかったりするんですけどね。
しかし、新しい生活で時間や気持ちの余裕がないときは、相手の意見を聞いたり相手の目線に立つことはなかなか難しいかもしれません。
そんな時は、せめて「自分は何を大事にしたくてこんなにイライラしてるのかな?」と自分と向き合ってみてください。
自分の中に大切にしたいものを見つけられたとき、相手へ向けようとしていた怒りの矛先が和らいでいることを感じられると思います。

(自分の負の感情と上手に付き合う方法は【関係性パーソナルトレーニング】でも学べます。)

 
(3)自分のケアは自分でする
 
自分の機嫌を取るのは職場の上司や同僚、そして周りの家族の役目ではありません。
自分の状態をより良くするのは自分の役目です。

自分の好きな音楽や絵、映像に触れたり、美味しいものを食べたり、散歩に行ったり、
自分のご機嫌を自分で取りましょう。

自分が満たされていれば、ちょっとしたストレスで感情が爆発せずに済みますし、
誰かのために思いやりのある行動をとることができたりします。
 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード