夫婦の悩み

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

悩み続けてぐるぐるしてしまっていたら

無料個別相談を受けてくださった方からメッセージをいただきました。
(公表に際し、ご本人の許可を得ています。)

先日はありがとうございました。
自分の存在価値って何だろう、夫婦でいる意味あるのかなと悩んでいましたが、話を聞いていただいて、自分の気持ちや頭の中が整理されました。
私がこんなに辛い思いをしているなんて全然気づいてくれていない、わかってもらえていないと思っていましたが、平田さんに
言われてみて私が初めて気がついたこともあって、二人のことを考えるいいきっかけになりました。
(中略) 
まずは自分ができることから始めてみたいと思い、パーソナルのトレーニングをお願いしたいと思います。
子どもにも上手く気持ちを伝えられず怒ってしまうことがあるので、子どもとの関わり方も変えたいと思っています。
引き続きどうぞよろしくお願いします。(S・Kさま)


1人で悩んでいると、気持ちと事実がごちゃごちゃになって物の見方自体がゆがんでしまっていることがあります。

個別相談では、事実と感情と願いを聞き取りながら整理していきます。
自分が本当に望んでいることに気がつくきっかけにもなるようです。

個別相談が、お二人の、そしてお子さんを含むご家族の関係性が変わるきっかけになったら嬉しいです。
あきらめないで、ここから未来を創っていきましょう。

f17f3eb2c785b453dd685ff13ef9e4b7_s



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

 

新婚ご夫婦からベテランご夫婦までご参加いただきました

ちょっと前になってしまいましたが、8月29日(土)に「誰も教えてくれなかった”幸せな夫婦の法則”」と題したご夫婦向けワークショップを行ないました。

あいにくの雨の中、当日参加も含む4組のご夫婦がご参加くださいました!
年齢も20代~40代、結婚歴も6ヶ月の新婚さんからベテランご夫婦まで様々です。

会場は古民家を改造した和カフェ。
畳の間に小さなちゃぶ台を複数置いて、
それぞれのカップルでワークに取り組んでもらいました。
(全体への共有や発表などは行ないません。)

始めは「相手に連れて来られた」と、ちょっとお付き合いモードだった方も
ワークではいい感じのちょっとハイテンションでやり取りしていたり
見ている私たちが微笑んでしまうような光景があちらこちらで見受けられました。
 
20150829

これからも「帰り道にちょっと手をつなぎたくなる」ようなワークショップを企画していきたいと思います。

ご期待下さい♪



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.
 

その生き物の健康状態はいかがですか?

先日のkobeniさんのブログ記事を読んだ方から、いろんな反響がありました。
本当に夫婦の状況は様々ですし、要因も様々ですので、「こうしたら絶対上手く行くよ!」という処方箋はないのですが、「こういう風に捉えてみては?」というアドバイスならSNS上でもできます。

例えば。

 
(ぷーぎぃさんには許可をいただいて掲載しています。)


夫婦のコーチングでは、よく夫婦を1匹の生き物に例えたりします。

ぷーぎぃさんご夫婦の今の状態は、雪山(変えられない外部環境)で足が凍傷になっている(妻が痛みを持っている)んだけど「だってしょうがないだろ。どうしようもないだろ。」って上半身が言ってるような感じだなあと思いました。

もちろん、その逆の可能性もあって、
もしかしたら、上半身は上半身で、ものすごい偏頭痛に悩んでいて、でもそのことを口にしないから足は知らない、なんてことが起きていないとも限りません

「夫婦は運命共同体」とか「一体である」って話、披露宴の説教めいた祝辞で言われることがありますが、すぐ忘れちゃうんですよね。(説教めいているから尚更、右の耳から入って左の耳から抜けていくのかも。)

ですが、これは大事な概念です。
「運命共同体」がクサければ「夫婦はチーム」でも構いません。
要は共通のアイデンティティを持ち、好む好まないに関係なく相互に影響しあう関係です。

どんな状態のご夫婦でも「今のありのままの姿」を見ることは大切ですね。
そして二人が、今、起きていることを自覚する。
ここからだと思います。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

信頼関係ってどうやって築く?

3月下旬の新入社員研修で始まった研修ハイシーズン。ようやくゴールが見えてきました。

4月下旬以降は主に新人指導者研修を行なっています。
仕事の教え方、指示の仕方、褒め方などを講義しますが、一番熱くなってしまうのはやはり「関係性について」

「信頼関係ってどうやってできていくと思いますか?
 時間が経てば何となく・・・?
 飲みに行けばいい?そうしたら日本中の職場は信頼関係バッチリですね!(笑)

 信頼関係は何となくできるものでも、時間が経てばできるものではなく
 
意識して計画的に作っていくんです!


↑ ここ、大事なのでアンダーライン引いといてくださいね(笑)


実は職場の人間関係も家庭の人間関係も、関係性の作り方は異なるものではありません。

企業研修でもご夫婦のコーチングでもお伝えしているのは、「相手に興味を持ってください」ということ。
学生時代の親友がそうだったように、お互いの情報を集め、理解しあうことが第1歩です。

 
photo (3)
まあ、夫婦の場合、いきなり信頼関係を・・・と言っても、何をしていいのかわからなかったり、
改まっちゃったり、気恥ずかしさが先にたつと思うので、
カードを使いながらゲーム感覚で行なったりします。

夫婦の関係は年数が長くなるので、職場の人間関係に比べて、よりメンテナンスが必要となります。
このメンテナンスさえ行なっていれば、対立が起きた時、「いきなり話し合い」をしても安全です




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

相手を大切に思っているあなたの気持ち、ちゃんと伝わっていますか?

引越し後のダンボールを横目にPCに向かっております。
あわわわわ。

一部の方には予告済みでしたが、セミナーのお知らせです。
(またまた直前になってしまいました。申し訳ありません。)

相手のこと、こんなに思っているのにちゃんと伝わっていない気がする。
相手から愛されていないと感じてしまう。 

そんな方にぜひお伝えしたい内容です。

第2回となっておりますが、今回からのご参加で全く問題ありません。
前回のポイントもお伝えしたいと思っています。

お一人でももちろん、パートナーやお友達とお誘いあわせでも結構です。
ご興味ありましたらぜひいらしてください。

セミナー終了後、16時まで懇親会も予定しております。
(この懇親会がまたお得なんです!主催者の東銀座アカデミーさん、さすがです!)
 
個別のご相談やお悩みがありましたら、ぜひじっくりお話しましょう。
 
 
>>>失敗しないパートナーシップの作り方(第2回)の詳細、参加申し込みはこちら

前回のセミナーの模様はこちらでご覧いただけます

6b875d43f1e211cbbe9430a952726af0_s



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

「離婚に関する意識調査」にみる離婚理由と離婚後のトラブル

047205
日本法規情報株式会社「離婚に関する意識調査」というレポートの結果が出ていました。

(元記事を探せなかったので、調査結果の紹介記事になりますが、こちら)
ちょっぴり気になる「離婚に関する意識調査」の結果 / 離婚理由、離婚後のトラブル… 

【離婚に至った理由】のトップ3が「DV(16%)」「浮気(14%)」「借金(13%)」という結果で、ちょっと意外な感じがしました。
DVがトップだとは思っていなかったので・・・。

もっとも、この調査対象となった方々は弁護士など法律の専門家の力を借りて離婚された方なので、協議離婚では解決できないちょっとハードなケースの方々ということなのかもしれませんね。 

さて、ここでも【離婚後起きたトラブル】のトップは「養育費が支払われない(30%)」です。
法律の専門家の力を借りて離婚した人たちでもこの状態です。

別の調査結果によると、そもそも離婚時に養育費について取り決めをするケースは全体の約37%、そのうち書面に残すケースは7割程度とのこと。
そして養育費を払ってもらえているのは2割を切るというのですから、ここは手間隙をかけてちゃんと手当てしておいたほうがいいと思います。

離婚時にちゃんとした手順を踏んでおけば、万が一養育費が滞っても法的手段があるそうです。
「話し合えないから」でなあなあにしてしまうと貧困化につながる可能性もあります。

「別れるか悩んでいる」でも「別れると決めたけれど動けない」でも結構です。
もしも悩んでいらしたらご相談くださいね。
関係性以外の内容でもバックアップする体勢ができています。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.
 

「私の視点」から一旦出てみませんか?

日々、「お悩み相談掲示板」などのweb相談や、ネットでの書き込みなどで、ご自分たち夫婦の関係が上手くいっていないとの悩みを多く目にします。

私は○○して、さらに△△した。
時には□□することも。
でも彼(彼女)は××で・・・

概ね、自分が今までどんなことに気を遣い、どれだけ手を尽くしたかに字数が割かれ、
相手についての情報は「~してくれない」など、ネガティブな情報に限られます。

書き込みという性質上、どうしても自分目線になってしまうのは仕方ないですよね。

書かれていることにウソはないと思います。
ただ、残念ながら、これらは「一部だけ正しい」と思っています。
参考:「夫の言い分と妻の言い分が異なったら

書かれているのは、自分の立場、目線から見た話です。
「手伝わなかった」、「何も言わなかった」などの言動の事実はさておき、
目に見えない相手の気持ちや考えに至っては憶測に過ぎません。
相手の立場、利害、恐れ等も充分に見えているとは言えません。

実は、夫婦やカップルの問題を考える際、
この「自分の視点」から一旦出ることができるかが 
2人の関係を変える鍵を握っています。
 

もしも、「自分の視点」を抜け出して「私たちの視点」に立ってみたいと思われたら
セッションを受けてみて下さいね。
(このセッションはお一人でも受けられます)
(ご予約は「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)

4d0a9a04601734a10087df6b8f66386f_s




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個人セッション体験はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)

 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード