夫婦の問題

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

妻が箸を忘れたことで大ゲンカしてしまったご夫婦のこと

「妻が箸をテーブルに持ってくるのを忘れた」ことがきっかけで大ゲンカに発展してしまったご夫婦の話がTwitterで話題になっていました。

(下記リンク先より連続ツイートが読めます。)



「箸が来る前にご飯が来ることが無理」(そして自分で箸を取りには行かない)という夫さんのマイルール、そして「毎日やっていることを忘れるなんておかしい」という主張は、本人にとっては当たり前かもしれませんが、他の人にとっても同じように当たり前ではありませんよね。

「自分は正しい、お前が間違っている」という姿勢にはまり込んでしまうと、対立はますますヒートアップして、暴力的な言葉や行為により二人の関係も壊していきます。

で、ちょっと思ったのは、この夫さんは、どうしてそこまで「箸が来る前にご飯が来ることが無理」なのかということ。
「ご飯があるのに箸が用意されていない」ということが引き金になって、どんな感情が引き起こされているのか、また、その感情の奥にある「満たされなかったニーズ」とは一体何なのか、ということです。

もちろん、これは夫さん本人にしかわかりません。
そして、恐らくご本人も明確にはわかっていないんじゃないでしょうか。

夫さん本人にとって、このマイルールが本当に大切なものであるならば、どうしてそこまで大切に思うのか、それによって自分の何が満たされるのか、それはどのような経緯でできあがった感覚なのかを、パートナーに冷静にわかりやすく説明できたらいいなと思います。

そのためには、自分の感情やニーズをしっかり掘り下げる必要があります。
今回のケースでは「箸」なので、恐らく育った家庭での両親の関係や両親と自分の関係が密接に絡んでいるように思います。
また、箸が置かれていなかっただけでこれほどまでヒートアップしてしまった背景として、現在のパートナーとの関係性や、もしかしたら仕事での人間関係でも、同じ「満たされない何か」を刺激され続けていた可能性もあると思っています。

一方で、妻さんは、夫さんからマイルールの大切さやそれが形成された経緯などを聞くことによって、「夫さんにとってマイルールがどれだけ大事かがわかった」というところまでいけたらいいなと思います。ただし、ここで注意点としては、「夫さんにとってマイルールが大事だということがわかった」止まりで十分で、「だからあなたのルール通りに私は行動するね」まで行かなくていいということです。

そして、二人の間に、譲れるものがあるのであれば、夫さんのマイルールを一方的に妻が飲むのではなく、二人がそれぞれ歩み寄り、落としどころを見つけられたらいいなと思います。

もちろん、話を聞き合うのは二人が落ち着いて、そして夫さんが自分の気持ちと向き合ってからになりますが、お箸は頻繁に使うので、どこかで話し合っておかないとまた同じことが繰り返される予感がします。

妻さんが家出している間に、どうか夫さんが自分の気持ちと向き合っていますように。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

パートナーにオタク活動を認めてもらいたい!

先日、「オタク活動とパートナーとの良好な関係を両立させるには」ということをSNSで投稿したら、ものすごい反応がありました。
皆さん、自分の好きなことを追求するのに家族との関係にも苦慮されているようです。

ここでのオタク活動は、アイドルでもアニメでも鉄道でも何でも構いません。
自分が大好きで時間やお金を費やしたい対象をパートナーが快く思っていないという状態です。

「〇〇のイベントに行ってくる」
「…え?また?」
「この前は東京だけど、今度は大阪だから」
「え?〇〇のためだけに大阪行くの?!信じられない。それ変じゃない?」
「変じゃないよ。野球だって東京ドームがホームでも京セラドームにも応援に行くじゃん」
「えー?でも……」
idol_fan_women_uchiwa_mune (1)
「〇〇(オタク活動の対象)が好き/嫌い」というのは、ブロッコリーが好き/嫌いと同じくらい主観的なものです。
好き嫌いに正しいとか間違っているとかはありません。
ただ「どのように感じるかが違っている」だけです。

しかし、この好き嫌いの感じ方の違いが、二人の関係に悪影響を及ぼす場合があります。
嗜好や主義はそう簡単に変わるものではないので、二人の意見は平行線のまま解消せず、残念ながら問題はずっと続くことになります。

良いお知らせとしては、このようなずっと続く問題は、自分達の相性や仲が悪いから発生するものではないこと。
どんな相手と結婚しても二人の間に起きる問題の約7割は、このタイプの問題です。

なので、「理解がない人だ」と相手を批判しちゃうのは筋違いですし、「私がもっと我慢しなくちゃいけないのかな」と自分を責める必要もありません。
(たとえ我慢したとしても、また別の内容の問題が発生し、二人の間から完全に問題が消え去ることはないんですよね…)

大切なのは、ずっと続く問題とうまく付き合っていくこと。
そして、この問題がお互いにとって大切な問題であることを認識できたらいいですよね。

日ごろからお互いを思いやり、尊重する関係を創ることで、ずっと続く問題についてお互いが思っていることをシェアするチャンスが来ると思います。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

パートナーシップセミナー開催レポが掲載されました

昨年11月3日、東京ウィメンズプラザの「パートナーシップセミナー」に登壇させていただきました。
(セミナー直後の記事「ご夫婦のボタンの掛け違いを直しちゃいました

この度、主催者の東京ウィメンズプラザさんが開催レポートを掲載してくださいました。
早口の私の話を本当に上手にまとめていただいて感謝しております。

レポートは、日程の都合等で参加したくてもできなかった方が読まれることを想定し、かなり詳しく書かれています。
ご興味あればぜひ読んでみてくださいね。

平成30年度パートナーシップセミナー(第1回)
「”言わなくてもわかって”問題をのりこえるためにできること」開催レポート





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

私たちはもめ事が多いからもう別れるしかない?

私のところにご相談に来られるご夫婦は様々な問題を抱えています。

「家事のことで口論になる」
「パートナーに何度言っても何度言っても言ったとおりにやってくれない」
「モノの言い方が気に食わない」
「すぐ感情的になって怒り出す」
「実家の親が出てくると余計こじれる」
「子供の前でケンカはよくないとは思っているのですが・・・」

「自分たち夫婦はこんなにたくさんのもめ事を抱えているから、もう別れるしかないんじゃないか」という声もよく聞きます。

でも、その度に私はある質問をお二人に投げかけます。
「夫婦間で起きる問題のうち、いったい何割くらいは解決できると思いますか?」
 
e86fd5f11e902c0b9efba06bd578a8e5_s

私がご夫婦の関係改善のために使っているツールやノウハウの中に、ワシントン大学名誉教授ジョン・ゴットマン博士の研究結果があります。

彼の研究により「夫婦間で起きる問題のうち、69%は解決できない問題である」ことがわかっています。

これは、パートナーを取り替えれば解決する話ではありません。

一郎さんと結婚した花子さんは、一郎さんが花子さんのことを「金遣いが荒い。無駄なものをポンポン買いすぎる」と批判することが嫌でたまりません。
こんなことなら、元カレの次郎さんと結婚すればよかったかしらと思っています。

しかし、次郎さんと花子さんは出かけるときに、「支度に時間がかかり過ぎる」とよく口論になりました。

その点、三郎さんならせかされることはありません。
なぜなら、彼は遅刻の常習犯なので、いつも花子さんは待たされる側だったからです。

四郎さんが夫だったら?
彼は、妻は働かず家にいるべきだという考えなので、そもそも花子さんが自分の好きなものを自分のお金で買う自由が得られなかったかもしれません。

つまり、パートナーを変えたとしても、その新しいパートナーとの間で69%の割合で解決できない問題が発生するということです。

誰を結婚相手として選んだとしても解決できない問題がセットになってくっついてくるということ。
結婚生活とは、つまりそういうものなのです。

私たちはもめ事が多いから、もう別れるしかない?
だとしたら、ほとんどの夫婦・カップルが別れるしかなくなってしまいます。
 
そうではなく、「二人の間がうまくいかなくなるときも必ずある」という前提で、あらかじめ「そうなったときにどうしたらいいか」を知っておく必要があるということです。

このブログの過去記事をご覧いただいても結構ですし、個別相談やパーソナルトレーニングをご利用いただいても構いません。

知識なしに状況を放置したり、かき回したりするのではなく、せっかく学術的な研究結果があるのですから賢く利用しませんか?



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

知識は結婚生活を助ける

皆さん、風邪の予防のためにどんなことをしたらいいか、ご存知ですか?

・手洗いうがい
・栄養と睡眠を充分とる
・マスクをする
・汚れた手で顔を触らない 等々…

きっと誰でも1つや2つは挙げられると思います。

私たちは、小さな頃から家庭や学校での教育、新聞やテレビ等を通して、健康を維持するための情報をたくさん目にしています。

ですので、「外から帰ってきたら手洗い、うがいすることで風邪は予防することができる」とか「風邪を引いたら、消化の良い栄養のあるものを食べ、温かくして、できるだけ身体を休める」などの知識を持っています。

健康状態が常に良好であることに越したことはないですが、時に不安定になるということもよく知っています。
そして、仮に具合が悪くなっても、知識のお陰で比較的適切な行動をとることが可能です。

さて、お子さんがいらっしゃる方はよくご存じだと思うのですが、生まれたばかりの赤ちゃんが1歳半までに必ずと言っていいほどかかる病気として「突発性発疹」というものがあります。

この病気は、免疫のない赤ちゃんが人込みなどでウイルスに感染すると発症するものです。

しかし、多くの場合、一度かかったら再び発症することはなく、感染力も低いため「かからないように防ぐ」というよりも「どの赤ちゃんも1度はかかるもの」と通過儀礼的に捉えられています。

赤ちゃんにとっては人生初の発熱になるケースもあり、あらかじめ両親学級などでこの病気についてのお話があったり、赤ちゃんのお世話や健康管理に関する小冊子に説明が載っていたりします。

このため、親は赤ちゃんが突発性発疹にかかったからといって、「赤ちゃんのお世話の仕方がまずかった」と自分を責めたり、「お前の健康管理が甘いからだ」とパートナーを責めたりすることはありません。

このように事前に身につけた知識によって、起きたトラブルにうまく対処することができるのです。

46d480518721e00569b615ee3971986d_s

ところが、多くの人が結婚するにもかかわらず(そして結婚生活で問題を抱えるにもかかわらず)、「結婚生活では何か起きるのか」、「どのようにすれば良い関係性が維持できるのか」、「不具合が生じた時にどうすれば適切な行動なのか」といった情報は周知されていません。

そして、トラブルが起きてはじめて、自分たちの関係について悲観的になったり、自分の言い方や行動がまずかったと自分を責めたり、「お前がまずいからだ」とパートナーを責めたりしてしまいます。

もしも、あらかじめ夫婦関係に関する知識を持っていれば、先の突発性発疹のように自分や相手を責めずに冷静に対処することができます。

何よりも、家庭というフィールドで、人と人とがどのように意見交換し、協力し、共に過ごしていくかを子どもたちに触れさせることができたなら、それは何よりのギフトになります。

なぜならば、子どもたちは親のやり取りを見て、「どのようにすれば幸せな結婚生活を送ることができるのか」、「不具合が起きたときにどのように対処するのか」のお手本をたくさん見て育つからです。

うかがうのは相手の顔色ではなく〇〇である

数年前に長女から影響を受けて、某アイドルグループのファンになりました。

母娘ともどもファンクラブに入り、CDが出ればせっせと購入し、コンサートや映画の公開があればこれまたせっせと出かけていく、どちらかというとかなり熱心なファンだと自分では思っています。

さて、ここ数か月、コンサートや写真の展示会などアイドル関係のイベントが続きまして、娘と共に夜まで家を空ける日が多くなりました。

我が家は3人家族なので、母娘で外出してしまうと、必然的に夫が一人残されることになります。

彼は家で一人で静かに過ごすことが好きな人(かつ、興味のないところに連れていかれるのがキライ)です。
なので、普段は仲間外れっぽくしてしまっていることをそれほど気にしていなかったのですが、さすがに最近は頻度が増えた気がしていて「大丈夫かな?」とちょっと心配になりました。

ここで、「大丈夫かな?」と気にするのはパートナーの顔色ではありません。
私とパートナーの間のつながりです。
目に見えない空気感のようなもの。

それは見るのにちょっとしたコツがあります。
自分の目玉を取り出して、少し離れたところから私たち二人を見たときにどんな風に見えるか想像してみるのです。

medama

すると、母娘で出かけてしまうことよりも、3人で同じテーブルで夕食を取っているのに母娘だけでアイドルの話をして盛り上がってしまっていることの方が、夫の存在を軽く扱っているようで問題な気がしてきました。

「もっと夫との会話を増やした方がいいな」
そう思い、今はちょっと気をつけて多めに話題を振るようにしています。


二人の関係がちょっと難しい状態になってきたとき、リアルな自分の目からはパートナーの姿は目に映りますが、自分自身の姿は見ることができません。
しかし、それでは自分がこの空気感が生まれるのにどのように「手を貸して」いるのかがわかりませんよね。

「相手ではなく、私たちは今どんな感じになっている?」
「その空気感が生まれるのに、私はどんな影響を与えている?」
「空気感を好ましいものにするために自分が改善できることは何?」

観察と行動の微修正。
その繰り返しです。

「『私たち』を全体から見る」
そんな視点をぜひ試してみてくださいね。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

真ん中をどこに落とし込むか

嵐が活動休止を発表しました。

私は嵐のファンではないのですが、ちらほら伝え聞くメンバーの記者会見の発言が気になって映像を見てみました。

ファンの方からしたら「何を今さら」だと思うのですが、嵐って自分たちがチームであるという自覚がとてもはっきりある方々だったのですね。

「嵐としての活動を止めたい」という大野さんの最初の発言を他のメンバーが丁寧に受け止め、それぞれの声を大事にしながら話し合いをたくさん重ねたことが会見からもうかがえました。

また、会見中、質問に答えるメンバーへ助け船を出したり、声を掛け合いながら回答していく姿には、お互いへの尊重もあるけれど、いい意味での遠慮もない、そんな嵐の関係性の強さを目の前で見せてもらった気がします。


記者会見で一番印象に残ったのは
「我々が5角形だとしたら、真ん中をどこに落とし込むかという話をひたすらしていた」
という部分。

私たちはチーム内で意見が割れたとき、Aという自分の意見を押し通そうとする(他のメンバーは折れる)か、逆に別のメンバーが反対のBを主張してこれまたBを押し通そうとするか、どちらかが多いように思います。

特に夫婦の場合、当事者は二人しかいないわけですから、相手一人を説き伏せればいいわけです。
このため、強引に相手を説得したり、また、説得される側が「話し合いが面倒くさい、争うのを避けたい」という心理で簡単に折れてしまったりすることがよくあります。

「今日の夕飯をカレーにするかハンバーグにするか」ぐらいならともかく、「子どもが病気になった時に誰が病院に連れていくか」「お正月はどのように過ごすか」など、気持ちでは全然納得していないのに「仕方がない」と表面的に相手に合わせてやり過ごす経験が皆さんにも1つや2つ、あるのではないでしょうか。


でも嵐の皆さんは、大野さんの意見を元にみんなの意見をそれぞれ持ち寄って、「どこに落としどころを見つけたらみんなが納得するかな」という点を時間をかけて探し出したということですね。

さすがは嵐、「メンバーは本当に仲が良い」と言われ、実際これまで脱退もなく、芸能界のトップに君臨し続けたチームとしての強さを垣間見た気がしました。


とはいえ、最初はメンバーそれぞれが異なる意見だったと思います。
また、一個人の中でも「休止したくない自分」や「休止もありの自分」「決められない自分」など本当にいろいろな内なる声があったと思います。

それでも、嵐がチームとしてこの結論に至るまで相当な時間をかけ、何度も何度も話し合い、それぞれの意見を融合してよく練り込んだのだと思います。この結論に関して個々のメンバーに温度差は感じず、どこを切っても「嵐としての回答」でした。


相手を自分の意見でねじ伏せるのではなく、お互い意見を持ち寄って落としどころを探っていく。
嵐としての大きな決断に、チームとして意見をまとめていく最大のポイントを思い出させてもらった気がします。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード