夫婦のコミュニケーション

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

しっかり相手に言葉が届く「場」の大切さ

明けましておめでとうございます。
例年になく、私たち夫婦の関係もとても穏やかな状態で1年のスタートを切ることができました。
(メルマガ読者の方はご存知だと思うのですが、年末の大掃除シーズンは私の気持ちが煽られやすい時期なのです。)

何が功を奏したのか振り返ってみたのですが
①夫が有休を取り、いつもより1日早く休みに入った
②12月にひどい長時間残業もなく、従って夫の体調も悪くなかった
③私のリクエストの仕方が年々上手になってきた
④11月に大きな対立があり、そこでしっかりと話し合った
まあ、こんなところでしょうか。

この中で一番影響が大きかったのは④ではないかと思っていまして。
対立の中身は家事とは全く関係のない分野なのですが、この話し合いの中でお互いが相手のこと、自分たち夫婦の関係性のことを大事に思っているということをしっかり握り合うことができたんじゃないかと思います。(この話、メルマガに書きかけてはいるのですが、まだうまくまとめられていません。言葉にするのにもう少し時間がかかるかな…と思います。)

c7b421428b8c5caccdba216b9aa77d6a_s

さて、先月は10周年記念キャンペーンの方も含め、結婚記念日セッションを何組かのご夫婦に受けていただきました。詳しい感想はまたあらためてご紹介しますが、私が一番感じたのは、しっかり相手が話に耳を傾けてくれる場の重要性です。

日頃、自分の中では「パートナーはよく頑張っている」「〇〇してくれて感謝している」「パートナーのことを大切に思っている」が当たり前にあったりするんです。でも、それをわざわざ口に出しては言わない。
「恥ずかしいから」「反応が怖いから」、理由はたくさんあると思います。いずれにしても心理的な壁があって伝えないんですね。特に男性。
相手側は、それをどんなに聞きたがっているか。伝えてくれたらどんなに救われるか。恐らく言葉にしない側はそれもわかっていらっしゃらないと思います。
でも、薄々、このままじゃ良くないよね…とも思っている。
そんなご夫婦が多かった気がします。

茶化されない、文句も言われない、そんな安全な場があって、
「ちょっと思っていることを伝えてみませんか?」って誰かがスイッチを入れてくれる。
(自ら突然語り出すのはやっぱり相当な葛藤があるので、「誰かに水を向けられた」という大義名分が必要なのだと思います。)
自らが語ることを、言葉を挟まずにちゃんと相手が聴いてくれる。
こういう「場」の大切さをつくづく感じました。

毎日の生活の中で相手に改めて欲しいところは直接相手にたくさん伝えていると思いますが、相手に助けられている点や感謝している点、好ましく思っていることはなかなか言葉にして伝えることがないと思います。
その結果、自分が受けるフィードバックはネガティブなものばかりになります。
「自分は嫌われている」
「私のことなんてもうこれっぽっちも大切じゃないんだ」

そんな風にお互いが勝手に妄想を膨らませて不安になってしまいます。
改めて欲しい点を伝えている側もどうやって伝えようか悩む時間の分だけ相手のネガティブな側面が強化されて印象に残ってしまいます。

だからこそ、あらたまってお互いに感謝する時間を設けることは非常に重要だと思うのです。
そんなことを感じた結婚記念日セッション先行実施でした。

今年もたくさんのご夫婦の「大切な時間」に立ち会いたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

結婚記念日どのように過ごしていますか?(感謝キャンペーンのお知らせ)

実はこの秋、Karika Coachingは創業から10周年を迎えました。

「そんなに長い間、私やってたかな…?」というのが実感なのですが、ここまで続けてこられたのも、コーチングをご利用下さる皆さまやブログ、メルマガを読んでくれる皆さま、そしてご協力いただいている取引先の皆さま、いつも助けてくれる仲間たちや家族のおかげです。
本当にありがとうございます。

4e0a8d394fa72f3e34a520fe9c17a8ad_s

さて、事業の10周年もあっという間ですが、結婚10周年もあっという間だったりしませんか?
特に、結婚してすぐ子供が生まれたご家庭なら怒涛の10年だったはずです。

さらに、結婚して10年も経つとお互いの気持ちがだんだんよくわからなくなってしまったりして…。
本当は伝えたいことがたくさんあるはずなのに、なんとなく照れくさかったり面倒くさかったり。
そんなこんなで、せっかくの結婚10周年なのにあっさり食事だけして終わってしまったりしませんか?

ミネソタ大学家族社会学部教授のウィリアム・ドハティによると、「お互いがつながりあうための儀式」は幸せな結婚生活を送るために、非常に重要な役割を果たしているそうです。
関係性が安定している二人は、定期的に互いに向き合い、つながるための時間を計画的に取っているといいます。

だからこそ、結婚記念日をもっと上手に利用していただきたいと思っています。

ここまでお二人で頑張ってこられたのですから、一旦これまでを振り返り、ここまでの「ありがとう」、そして「これからもよろしくね!」…そんな気持ちを伝えられたら素敵ではないですか?

…ということで、ここでKarika Coaching 創業10周年感謝キャンペーンのお知らせです!

創業10周年感謝キャンペーン
 ~結婚記念日セッションに特別価格で2組をご招待~

結婚記念日にお二人の対話の時間を過ごしませんか?
お二人のこれまでを振り返り、これまでの感謝を伝え、これからについての思いを交わす…
そんな特別なセッションに特別価格3900円でご招待いたします。(2組限定)

◎セッション内容
・セッションは単発です。
・コーチがファシリテーターになり、お二人の振り返りや対話を促します。
・日頃言えていない感謝や相手への想いを伝える時間になります。
(相手への不満を開示し関係改善を促すようなコーチングやコミュニケーション改善などのアドバイスはいたしません。)

◎ キャンペーンについて
 ◆応募条件 結婚5年~15年(直近に結婚記念日を迎えなくても大丈夫です。)で、以下に該当するご夫婦
    ・これまで夫婦コーチングを受けたことがない
    ・ドメスティックバイオレンスが発生していない
    ・精神疾患を伴っていない
 ◆お子様の同伴は1歳未満に限り可能です
 ◆実施日(いずれも各1組となります)
  日程① 2018年12月15日(土)11時~12時半
  日程② 2018年12月23日(日)13時~14時半
 ◆会場 八重洲オフィス(東京駅徒歩5分)
 ◆料金 3900円(特別価格)

◎応募方法
 (応募締め切り 12月2日)
 応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 ご招待者には12月4日までにメールで会場詳細等ご案内をお送りします。

今回のキャンペーンは結婚10年前後の方を対象にしておりまして、その他の年数の皆さんが対象となっていないことをお詫びいたします。ごめんなさい。
(特別価格にはなりませんが、セッションとしてサービスは行っておりますのでご希望ありましたらぜひお問い合わせください。)

また、条件に該当される方々は、結婚記念日が3月とか5月とか、まったく先でも応募可能ですので、一度立ち止まって二人で振り返ってみたいなという方、せっかくですから、ぜひこの機会を逃さずご応募くださいね。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

ご夫婦のボタンの掛け違いを直しちゃいました

11月3日(土)に東京都生活局 東京ウィメンズプラザ主催の「パートナーシップセミナー」でお話してきました。

テーマは“言わなくてもわかって”問題
A0035_s
「察してよ。どうして言わないとわからないの?」と思ってしまう背景には何があるのか。
言葉で伝えることを止めているものは何なのか。
そして言葉で伝えると何が起きるのか。
体験ワークも行いつつ、学んでいただきました。
参加された方からは「ダメな例をやってしまっていて反省しました」という声を多くいただきました。

また、せっかくご夫婦お二人で参加してくださっているので、その場でボタンの掛け違いを直していただきました。
このボタンは数あるボタンの中でもお二人をつなぐ大切なもの。
「えー!そうだったのー!!」という驚きや、やっと理解してもらえたという喜びが、会場のあちらこちらで起きていました。

最後のメッセージの送り合いでは涙ぐむ参加者もいらして、それぞれのご夫婦にとって良い時間になったのではと私も胸が熱くなりました。

ご夫婦向けの公開講座はこの先しばらく予定されておりませんが、同じ内容を夫婦のコーチング関係性パーソナルトレーニングでもお伝えしています。
ご興味ある方はぜひお問い合わせください。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

【無料・託児あり】パートナーシップセミナーのお知らせ

来る11月、東京ウィメンズプラザでパートナーシップセミナーが開催されます。
3人の講師がそれぞれの分野で「ベストパートナー」になるためのヒントをお伝えするという企画なのですが、私は初回11月3日(土)「“言わなくてもわかって”問題をのりこえるためにできること」を担当します。

ふたりの暮らしの中で起こるちょっとした気持ちの行き違いやケンカの原因はいったい何なのか。
「どうして言わないとわからないの?」というイライラはなぜ起きるのか。
明るく楽しい雰囲気の中で、夫婦間に起きる問題の種明かしをしていきます。
同時に、その場でお二人の「ボタンの掛け違い」を調整する試みもしてしまいます。
「だからいつも〇〇だったのか~!!」と、長年の謎が解けるかもしれません。

託児がありますので、なかなか二人でゆっくりお互いのことについて考える時間がないという方にもおススメです!
会場は東京・表参道になりますので、ぜひデートがてらお越しください。

女性が出産育児を理由に仕事をあきらめることなく、社会で活躍していくためには、夫婦間の協力体制が欠かせません。
夫婦がともに家事・育児に主体的にかかわっていくために必要なコミュニケーションスキルやパートナーシップづくりについて、実践的なワークを交えながら楽しく学びます。
互いをベストパートナーと呼べる「最強のふたり」になるためのヒントがここに‼。
みなさまのご応募を心よりお待ちしております★無料・託児あり★ 


第1回  2018年11月3日(土・祝)13時30分~16時30分
「“言わなくてもわかって”問題をのりこえるためにできること」
講師:平田香苗(パーソナルコーチ・システムコーチ) 

第2回 2018年11月10日(土)13時30分~16時00分
「こころの負担を軽くする家事半分術 」
講師: 佐光紀子さん(翻訳家・ナチュラルライフ研究家)
 
第3回 2018年11月17日(土)13時30分~16時00分
「子育て中のクライシス「小1の壁」克服法」
   講師: kobeniさん(ブロガ―)
  
【申込方法】
詳しい内容、お申込み方法は、東京ウィメンズプラザホームページをご覧ください
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/seminar/tabid/319/Default.aspx

【申込締切】
2018年10月19日(金)
定員に達しない場合、22日(月)より順次受付。

【会場】
東京都生活文化局 都民生活部 東京ウィメンズプラザ

ちなみに、パートナーを誘う時のコツは「お互いのことをもうちょっとよくわかり合いたいから」です。
あなたのことをパートナーが、パートナーのことをあなたが、より深く知る時間になると思います。

DnhYdyVVAAEBcl3




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】投資に見合った成果を得ることができた

夫婦の関係性コーチングを受けてくださったSさんご夫妻から感想をいただきました。

<コーチングを受けた理由について>

10日間の海外旅行が3ヶ月後にせまり、
最近の雰囲気では旅行中にケンカになりそうな予想がされたため、
何とかしたいと思った。(夫さん)

半年程前より、夫婦間が最悪化し、自身の気持ちもかなりしんどくなっており、子どもへの影響も気掛かりで危機感を感じておりました。
このままではダメだと、2人で話す機会を持つように努めましたが、言葉を交わす程に感情高ぶるばかりで収集つかず。これから人生の選択を考える必要も感じていました。決断する前にやれることは全てやろうと思いました。
夫婦コーチングを検索したのは、人の力をお借りするしかないのでは思いついたのがきっかけでした。
そんな折、ネット検索から、平田さんのコーチングを受けた方の感想を拝読して直感的に即決しました。(妻さん)

<コーチングを受けて一番良かったなあと感じたこと>

夫婦間で共通の夫婦関係をより良くするルールを共通認識出来たこと。
とても良いコーチングでした。
投資に見合った成果を得られることが出来たと感じています。(夫さん)

夫が夫婦関係について真剣に向き合ってくれたこと。(妻さん)

Sさんご夫婦は関西にお住まいであったため、今回はZoomというインターネット通話を使ってコーチングを行いました。
画面越しにも、お互いのコミュニケーションのクセが見て取れましたので、これまでのパターンを一度崩し、より良いコミュニケーションが取れるよう、トレーニングも行いました。

同時に、お互いの相手への思いやりの気持ちもこちら側からは見て取ることができました。
しかし、お二人の中には不安や遠慮や様々なものがあって、その「相手の想い」をキャッチする機会を度々失っていらっしゃいました。
ですので、コーチは鏡となって、こちらから見えていることをたくさんフィードバックしました。

とても向学心にあふれたお二人でしたので、コーチングの最中はもとより、コーチングとコーチングの間に関連書籍を読んだり、二人で取り組むワークに挑戦したりしてくださいました。

最後に、実際に受けてみて、どんな人にどのようにこのコーチングを勧めたいかもうかがってみました。
夫婦ケンカの時に離婚を一瞬でも感じたことがある人。
夫婦関係を良くして幸せになるための知識を学習できる良い先生がいるよ。
自分達もコーチングを受けてとても夫婦関係が改善したよ。
(夫さん)

夫婦間で辛い思いをしている親友や子育て中のご夫婦。
平田さんが加わってくださることで楽しい雰囲気で取り組めること、
知識や情報を知るだけでうんと関係が良くなること、
子育てにも役立つこと伝えたいです。(妻さん)

自分を大切にできていますか?

夫婦のコーチングは、お二人と私との3人で対話形式で行います。

ですが、個別相談など事前にお話を聞いている段階で、
「もしかしたら、ご夫婦でコーチングを受ける前段階として、
コーチとのマンツーマンで自分自身との上手なつきあい方を身につけていただいたら、それだけでもずいぶん夫婦関係は改善するんじゃないかしら」
と思うケースも少なくありません。

自己肯定感が低いために、パートナーからの承認で自分を満たそうとしてしまう方。
親の影響が強すぎたために自分を抑圧し、何をしたいのか、何が欲しいのかよくわからなくなってしまった方。
自分の気持ちを隠さないと生きづらかったがゆえに、悲しみや寂しさをなかったことにして、周りを優先させ、疲れ切っている方。

自分は本当は
どんな気持ちなのか。
何を望んでいるのか。
自分でもはっきりとつかめていないので、
「〇〇して欲しい」という直球のリクエストをすることができません。

「私ばかりが犠牲になっている」

「なんでわからないの」
と、ただ漠然と不満を抱きやすいのです。

そして、
「どうしてこんなことするの?」
「あなたはどうしていつも〇〇なの?」
といった現状の否定で表現してしまうので、相手は責められているとは感じますが、具体的に何がいけないのか、どうしたらいいのかがわかりません。

7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_s


自分のご機嫌を取るのは自分自身の役目です。
自分にとって大切なことは何か。
その大切なことを、自分自身がどれだけ尊重できているのか。
その環境を整えるのは周りの人々ではなく、あなた自身なのです。

自分自身との付き合い方が変わるだけで、周りの景色が変わってきます。
パートナーを変えようとせずとも、自分を満たし、二人の関係に変化を起こすことは可能なのです。

私の場合はどうなのかしら・・・?と疑問に思われた方は、無料個別相談またはお問い合わせフォームからお気軽にご相談くださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

職場の異動や家族の入学などライフイベント時の注意点

さて、この4月にご家族が入学、就職、転勤、異動など、さまざまなライフイベントをお迎えの方も多いと思います。
それらに伴い転居する方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
このようなライフイベントは家族の関係性が変わる節目となります。
今まで安定的に運用できていた家事や育児の手順を一から構築し直さなければならなかったり
そもそもメンバーがそろわなくなってしまったり、
今までのやり方が通用せずストレスを感じることも多くなります。

一方で、会社や学校など、家庭以外で新しい環境へ移った家族にとっては、外界そのものがストレスフルです。
ストレスが溜まり気持ちに余裕がなくなると、安全で安心できるはずの家庭内でもちょっとしたことで衝突が起きたり、自分の感情が大きく振れてしまったりします。
 
ですので、この時期、子供やパートナーにイライラしてしまったり、夫婦げんかが増えてしまうことはある意味仕方がないことです。
 
でも、この記事をお読みの方は、できるだけいい夫婦関係・家族関係でいたいと思っていらっしゃいますよね?

そこで、このストレスフルな時期を上手く乗り切るための3つのコツをお伝えします。

836228a836f003bfcc7680d6fd8e3282_s


(1)変化を悪いものだと捉えないこと
 
ライフイベントで関係性が変化するのは「仕様」だと思ってください。
元々そういうものなのです。

なので、
「どうして変わっちゃったんだろう~」
「何がいけなかったんだろう~」
「誰が悪いんだろう~」
と原因や犯人捜しをすることはあまり意味がありません。

以前の安定した関係の良さを惜しみつつ、新しい章をどうやって書いていくかに目を向けてください。


(2)誰かの言動にイライラしたら、自分の内側と向き合う
 
仕事や家事や育児など、自分の思う通りに進まないとイライラしてしまいますよね。
自分に余裕がないと、「自分のイライラは正当なものである」つまり「自分は怒って当然!」と判断しがちです。
自分のメガネから見えるものがすべてだと思ってしまうのです。
本当は自分の意見は一部しか正しくなかったりするんですけどね。
しかし、新しい生活で時間や気持ちの余裕がないときは、相手の意見を聞いたり相手の目線に立つことはなかなか難しいかもしれません。
そんな時は、せめて「自分は何を大事にしたくてこんなにイライラしてるのかな?」と自分と向き合ってみてください。
自分の中に大切にしたいものを見つけられたとき、相手へ向けようとしていた怒りの矛先が和らいでいることを感じられると思います。

(自分の負の感情と上手に付き合う方法は【関係性パーソナルトレーニング】でも学べます。)

 
(3)自分のケアは自分でする
 
自分の機嫌を取るのは職場の上司や同僚、そして周りの家族の役目ではありません。
自分の状態をより良くするのは自分の役目です。

自分の好きな音楽や絵、映像に触れたり、美味しいものを食べたり、散歩に行ったり、
自分のご機嫌を自分で取りましょう。

自分が満たされていれば、ちょっとしたストレスで感情が爆発せずに済みますし、
誰かのために思いやりのある行動をとることができたりします。
 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード