夫婦のコミュニケーション

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

職場の異動や家族の入学などライフイベント時の注意点

さて、この4月にご家族が入学、就職、転勤、異動など、さまざまなライフイベントをお迎えの方も多いと思います。
それらに伴い転居する方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
このようなライフイベントは家族の関係性が変わる節目となります。
今まで安定的に運用できていた家事や育児の手順を一から構築し直さなければならなかったり
そもそもメンバーがそろわなくなってしまったり、
今までのやり方が通用せずストレスを感じることも多くなります。

一方で、会社や学校など、家庭以外で新しい環境へ移った家族にとっては、外界そのものがストレスフルです。
ストレスが溜まり気持ちに余裕がなくなると、安全で安心できるはずの家庭内でもちょっとしたことで衝突が起きたり、自分の感情が大きく振れてしまったりします。
 
ですので、この時期、子供やパートナーにイライラしてしまったり、夫婦げんかが増えてしまうことはある意味仕方がないことです。
 
でも、この記事をお読みの方は、できるだけいい夫婦関係・家族関係でいたいと思っていらっしゃいますよね?

そこで、このストレスフルな時期を上手く乗り切るための3つのコツをお伝えします。

836228a836f003bfcc7680d6fd8e3282_s


(1)変化を悪いものだと捉えないこと
 
ライフイベントで関係性が変化するのは「仕様」だと思ってください。
元々そういうものなのです。

なので、
「どうして変わっちゃったんだろう~」
「何がいけなかったんだろう~」
「誰が悪いんだろう~」
と原因や犯人捜しをすることはあまり意味がありません。

以前の安定した関係の良さを惜しみつつ、新しい章をどうやって書いていくかに目を向けてください。


(2)誰かの言動にイライラしたら、自分の内側と向き合う
 
仕事や家事や育児など、自分の思う通りに進まないとイライラしてしまいますよね。
自分に余裕がないと、「自分のイライラは正当なものである」つまり「自分は怒って当然!」と判断しがちです。
自分のメガネから見えるものがすべてだと思ってしまうのです。
本当は自分の意見は一部しか正しくなかったりするんですけどね。
しかし、新しい生活で時間や気持ちの余裕がないときは、相手の意見を聞いたり相手の目線に立つことはなかなか難しいかもしれません。
そんな時は、せめて「自分は何を大事にしたくてこんなにイライラしてるのかな?」と自分と向き合ってみてください。
自分の中に大切にしたいものを見つけられたとき、相手へ向けようとしていた怒りの矛先が和らいでいることを感じられると思います。

(自分の負の感情と上手に付き合う方法は【関係性パーソナルトレーニング】でも学べます。)

 
(3)自分のケアは自分でする
 
自分の機嫌を取るのは職場の上司や同僚、そして周りの家族の役目ではありません。
自分の状態をより良くするのは自分の役目です。

自分の好きな音楽や絵、映像に触れたり、美味しいものを食べたり、散歩に行ったり、
自分のご機嫌を自分で取りましょう。

自分が満たされていれば、ちょっとしたストレスで感情が爆発せずに済みますし、
誰かのために思いやりのある行動をとることができたりします。
 

二人の仲が悪いならば傾聴はおススメしない3つの理由

夫婦関係をより良く維持するためのアドバイスとして一番に挙げられるのが「相手の話にしっかり耳を傾けましょう」ですよね。

ですが、これ、そんなに簡単ではないですよね。
特に、関係がギスギスしている段階では。

1d1beea69619e5dd65d9167e36c1daa0_s

ということで、私のところに相談に来られる方に「傾聴してください」とは言いません。
理由は以下の3つです。



その1:自分に対する不満を冷静に聞き続けることは難しい

パートナーの不満や愚痴に思慮深く耳を傾ける。
共感し、気持ちや考えを受け入れる。
自分の意見を脇において、冷静に深く、相手のために積極的に話を聞く。
これが傾聴の姿勢です。

それが仕事や他人についてであればなんとかチャレンジできると思います。
(傾聴の経験がない方は少々の訓練は必要かもしれませんが。)

しかし、相手の話の内容が「あなたへの非難」である場合は?

私のような第3者が傾聴するのと、当事者であるあなたが「自分たちの関係について」傾聴するのとでは、難易度がまるで違います。

訓練を受けたプロの私でさえ、夫から私への非難を「傾聴」するのは、恐らく無理です。
冷静にそうかそうかと傾聴し続ける自信がありません。


その2:聞いてもらった側もスッキリせず聞いた側もモヤモヤが残る

人って自分のことをわかっているようでよくわかっていません。
自分の本当の気持ちや願いをいつもはっきり自覚している人は稀です。
ほとんどの場合、本心が少し曲がった形でリクエストされます。

例えば、

「私はあなたと一緒に生きていきたいの。
家族という実感を感じながら共に子育てしていきたいの。
そして、自分のことも大事にしながら生きていきたいの。
でも、今、目の前にやらなくちゃいけないことだらけで、時間も思うように使えないし、子供に翻弄されて、自分をすり減らしている気がするから
精神的にも実務的にも支えて欲しいの。」


ということを伝えたいのに

「どうしていつも遅いの?
『ごめん、今日残業』ってメッセージ送り逃げじゃん。
こっちはさ、トイレも行けないような状況で詰めて仕事してさ、
帰る時も周りに「お先にスミマセン」ってぺこぺこ頭下げてさ。
会社を出たら出たで戦争なのはわかってるでしょ?
もう、ほんとに何度言ったらわかるの!
私だけの子どもじゃないでしょ?」


なーんて言葉が出てきてしまうこと、よくありますよね。

このような言葉を聞いて、
「よしわかった。明日から残業しないで帰ってくる!」
と宣言し、実行する人はあまりいないでしょう。

むしろ、
(まいったな。
こっちだって大変なのに自分ばかり大変な目にあってる口ぶりだな。
いずれにせよ今度からもう少し低姿勢でメッセージ送らないと。)

という心の声と共に、なんとなくモヤモヤが双方の心の中に残るのではないでしょうか。

この辺りの話は

「いきなり話し合い」をおススメしない理由

カテゴリーにも書いてありますので、気になる方は一度読んでみてください。


その3:傾聴は夫婦関係を成功させるものではないという研究結果が出ている

ゴットマン博士は650組の夫婦を14年間追跡調査した研究から、傾聴は結婚生活を成功させるものではないという結論に至りました。
傾聴をしている夫婦でも、それが彼らの結婚生活を幸せに永続させるものではなかったからです。

逆に、より良い関係を維持している夫婦の多くが傾聴を全くしていないということもわかりました。(彼らはいつも相手と仲が良い夫婦というわけではなく、相手に腹立たしい感情を持つこともある夫婦です。)


以上、傾聴を積極的にはお勧めしない理由を書きましたが、傾聴がどんな場合でも効果がないとは思っていません。
お互いが4つの毒素を使わずに穏やかに話ができるのであれば傾聴自体はもっと簡単になりますし、「自分たちの関係性以外の話」を聴いてあげることは、より良い夫婦関係のために有効であるという研究結果も出ています。


ということで、「相手の話を聞けって言われるけど、いきなり文句言われるし、できないよー」とお嘆きの方、上手くできないのはあなたのせいではありませんし、できなくても夫婦円満への道はありますので、どうか気を落とさないでくださいね。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

 

自分と上手く付き合っていますか?

dc5f35111606694bab2ec0129f15c4c0_s

私が行っているご夫婦のコーチングは、お二人にセッションルームにお越しいただき、私も加わって3人で対話を重ねていきます。

そこで扱うのは「お二人の関係性」ではあるのですが、
二人がどんな二人であるかを知るために、まずは自分自身と向き合うことをしていただきます。

人って意外と自分のことを知ってるつもりでよくわかっていなかったりするんですよね。

自分自身がどんなものが大切で、どんなものが苦手で、何があると嬉しくて、逆にどんなことに不満や不安を感じて・・・
そんなことを紐解いていくだけで、二人の間に起こるちょっとしたいざこざや行き違いが何故発生するか、わかってしまうときもあります。

何事も完璧でないと許せないある女性は、パートナーは家のことに協力的ではあるものの、仕上がりに不満があるため結局最後は自分でやり直してしまい、夫婦仲だけでなくオーバーワークで健康も悪化しダウンしてしまったというケースもありました。

心身ともに健全な生活のためには、自分の完璧主義に相手を合わせるよりは、二人が何を大切にし、何を優先すべきかを握り合い、現実的に折り合いをつけることが必要です。

また、別のケースでは、自分に自信がないため相手からの評価を気にしすぎて、いつも相手の顔色を窺ってしまう方もいらっしゃいました。

こちらも相手がどうこうという前に、自分との付き合い方を変えることで結果的に夫婦仲にいい影響を及ぼしました。


パートナーと上手く付き合うことは自分自身と上手く付き合うことからスタートしていると言ってもいいと思います。

「大切にされていない!」と相手を責める前に、まず自分が自分と上手く付き合えているか、ちょっと確認してみてくださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

結婚が長続きするための鍵を握っているのは男性だった

約40年にわたり3000組以上の夫婦・カップルを研究してきたジョン・ゴッドマン博士の最近の著書が手に入りました。
ずばり、男性のために書かれた女性とうまく付き合う方法的なものです。

女性の私にとっては当たり前の話が男性にとっては当たり前ではないんだということ、関係性やセクシャルなことも含め男性と女性がこんな風に違うということが研究で明らかになっちゃうんだということがただただ興味深く、ほお~と感心しながら読んでいます。

そして何故ゴットマン博士が男性向けにこの本を書いたのか。

それは、

男性が女性の不満や主張を受け止めると、その夫婦は幸せな関係性が維持されやすく離婚の可能性が減るからです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

夫「今日はフットサル行ってくるから。」
妻「え?今日は下の子の予防接種だって言ってあったじゃない。上の子の面倒見ててねってお願いしたでしょ?なんでフットサルとか言ってるの?」
夫「毎月第2土曜はフットサルじゃん。そっちこそなんで忘れるんだよ。もう出かけるから。」

妻は怒りで言葉を失ってしまいます。
洗濯をするふりをしてリビングを飛び出しました。
夫はむっとしたままスマホを手に取りますがイライラしたままため息をつきます。

やがて妻がリビングに戻ってきて話をしようとしますが、夫は妻を無視したまま「支度しなくちゃ」と言いながら部屋を出て行ってしまいました。

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ケンカそのものが結婚生活を壊していくわけではありません。
二人の間の溝が広がるのは、ケンカが修復されず、お互い否定的な態度で戦ってしまうときです。

研究データによると、妻の大多数は(夫婦仲が良くない妻でさえ)夫からの意見を受け止め心に留めることで、自分の主張を曲げたり保留したりすることを良しとしています。

一方、男性の65%が口論の際に否定的な態度を増してしまうことが研究により明らかになっています。
上記の事例でも、夫は妻の不満を受け止めたようには見えませんでした。
むしろ、防御の体制をとり、「そっちこそどうして覚えていないの?」と相手に落ち度があるとの主張をしています。

「男性が女性の意見に耳を傾け尊重しようとしなければ、81%の確率で二人は離婚に至る」とゴットマン博士は述べています。


男性が他者の気持ちや主張を受け入れない傾向は子どもの頃から見られます。
男の子がゲームで遊ぶときは、ひたすら「勝つ」ことに集中します。
一緒に遊んでいる友達のことなど考えません。
誰かが途中で傷ついていても、ゲームは続行。勝たなければなりません。

一方、女の子は遊んでいる最中の自分の気持ちやお友達の気持ちがとても大切です。
誰かがとても落ち込んでいたらゲームは途中でストップし、その子の気持ちが落ち着いて元気になるまでゲームは再開されません。

(もちろん、これらは「性別によってそのような傾向がある」というだけで個人差があります。他人の感情に全く気がつかない女性もいますし、逆に他者のことにとても敏感な男性もいます。)

7e540d24c7cad46c059029715eb1992f_s


妻の不満や主張を受け入れられない男性は、わざとそうしているのではなく、恐らく無自覚でしょう。
相手の不満や主張を心に留める(言いなりになるということではありません。一旦受け止めて考えるということです)には、心がけだけでなく、パートナーに興味関心を持つことで訓練できます。
相手の内側にある世界を尊重し、好意や称賛を伝え、つながりを求める呼びかけに応えることを繰り返していくのです。

それはパートナーの不満や主張に自分が屈したということではありません。
むしろ逆です。
パートナーからの大きな尊敬や二人の関係性への影響力を手に入れる道筋になるのです。


パートナーとのつながりを強化する方法をもっと知りたいですか?

無料のメールマガジンでも関係性の智慧をご提供しています。
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」の購読申し込みはこちら




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2017 Karika Coaching All Rights Reserved.

結婚16年目で初めて知った夫のこと

先日の夕食時のこと。
お弁当(子供と夫の二人分作っています)に入れる卵焼きが余ったのでつまんでいたところ
「どうして卵焼きに砂糖をあんなに入れるの?」
と急に夫に言われました。

え?その質問、今?
もう15年以上作ってきたのに。
しかも、「お弁当何がいい?」と子供に聞くと「卵焼き!!」って言うほど大好きだったので、甘い卵焼きは2日に1度の割合で入れていました。

私「えーとね、砂糖を入れたほうが痛みにくいんだよ」
夫「関西では塩を入れる」
私「それは出し巻き卵じゃなくて?」
夫「いいや、卵焼き」

ほお。
甘いのが嫌なんだそうです。

(めんどくさい・・・。そんなこと言うなら自分で作れよ)
と思ったのが私の1次反応。

でも同時に
(今までずっと耐えてたのかしら)
(ここで反論しちゃったらもう本音を話してくれなくなるよね)
という2次反応。

そして
(お弁当作ってもらってる側からしたらやっぱり言いにくかったんだろうな。
ずっとずっと思っていてようやく言えたんだろうな。
そして、その程度の言い易さなんだろうな、私たちって。)
という3次反応が今起こっています。

とりあえず、今日は甘くない明太子の卵焼きにしました。

甘い卵焼きの日だけ市販の出し巻き卵を夫には入れちゃおうかなあ~


59b08e2987a9c26ecb5c1b700b74428d_s




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2017 Karika Coaching All Rights Reserved.

「感情的になることが少なくなりました」

夫婦のコーチングのご感想をいただいております。
30代のご夫婦。いつも1歳過ぎのお子さんと一緒にセッションルームにお越しくださいました。

1.夫婦のコーチングを受けて一番良かったなあと思うことはどんなことですか?

パートナーが感情的になることが少なくなったこと
自分が感情的になることが少なくなったこと
感情的になりそうなとき、落ち着いて考えられることができるようになったこと

2.どんな人にこのコーチングを勧めたいですか?

夫婦間の会話がなくなってきている方々
会話がかみ合わないと考えている方々

3.上記の皆さんに、どのような言葉で勧めたいですか?

少しだけ立ち止まって相手のことを考えてみませんか?

4.その他、ご感想ご意見がありましたらどうぞお聞かせ下さい

パーソナルコーチングの方、本当によろしくお願いします。

お二人とも探究心が強く、こちらが伝えたことをさらに深く掘り下げたり、自分たちの普段の事例にたくさんあてはめて考えたりしてくださいました。

夫婦といえどもお互いの価値観が異なるのはよくあることですが、「相手の気持ちに寄り添うこと」や「自分の気持ちを伝える」のが苦手な方もいらっしゃいます。
その苦手なものをトレーニングで身につけていくことも、このコーチングの目的の1つなのですが、最後のセッションで夫さんが自分の気持ちを自ら言葉にされた時に、妻さんが「・・・そ れ を 聞 き た か っ た の !」と返していたのがとても印象的でした。

確実にお二人とも関係性の力をつけてくださいました。
ありがとうございました。

01249013c6484f7e13cd38b1b6723383_s



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2017 Karika Coaching All Rights Reserved.

「夫婦のコミュニケーションや愛情表現が増えました」

夫婦コーチングを受けてくださった方からのご感想をだいぶ溜めてしまいました。
貴重なご感想をいただきありがとうございます。

今回ご紹介しますのは、お子さんが二人いらっしゃるアラフォーのKさんご夫妻です。

1.夫婦のコーチングを受けて一番良かったなあと思うことはどんなことですか?

夫婦のコミュニケーションや愛情表現が増え、仲が良くなったこと

2.どんな人にこのコーチングを勧めたいですか?

産後クライシスや育児・家事のストレスで疲れてしまっている母親とその夫

3.上記の皆さんに、どのような言葉で勧めたいですか?

お母さん一人で悩まないでパートナーと一緒に考える良い機会がコーチングですよ・・
育児も家事も家族みんなでチームワークで乗り切ればいいから1人で全部やろうとしなくていいですよ・・
夫も子供達も巻き込んでみんなで試合すれば達成感も安心感も強まりますよー

4.その他、ご感想ご意見がありましたらどうぞお聞かせ下さい

平田先生と出会えて世界観人生観が変わりました!
コーチングにも色々あるでしょうが、コーチとの相性は、とても大事だと実感しております。
先生の柔らかい笑顔に何度も救われました。ありがとうございました。

最初は「一緒にセッションを受けに来る」ということだけでも大変だったと思いますが、関係性が大きく変容してからは本当にコーチングそのものも楽しんでくださっている様子が伝わってきました。

午後からのセッションの時、「今日はデートしてきたんです!」と嬉しそうに報告してくださったのが今でも忘れられません。

そして、「ご夫婦」という単位での関係性の変容でしたが、それが職場やご家庭・ご近所といった周囲に伝染している様子も伺えました。

私もこのようなコーチングの機会をいただけたこと、大変嬉しく思っています。
ありがとうございました。


1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_ss




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2017 Karika Coaching All Rights Reserved.
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード