共働き

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

都道府県別夫婦喧嘩ランキング 第1位は?

efe61aec30a4ecd4c7962487f36978fe_s

ちょっと面白い記事を見つけましたよ。

県民性を知って夫婦円満に!?都道府県別 夫婦喧嘩ランキング
(楽天ウエディング)


記事によると、「夫婦間の喧嘩は多い方だと思う」という質問に対し、「はい」と回答した人が多かった都道府県トップ3は以下の通り。

第1位:福井県(19.1%)
第2位:島根県(17.9%)
第3位:富山県(17.6%)


第1位の福井県について、記事では

”何事にも堅実で、雪国ゆえの辛抱強さを兼ね備えているが、かつての越前商人の影響で、男性も女性も負けず嫌いな性格が多く、お互い譲り合うことが少ないため夫婦喧嘩が多いと考えられる。 ”

と解説されています。
「福井県って確か共働き率が全国でも高かったよね」と思って調べたら、面白いことがわかりました。

都道府県別共働き率ランキング(都道府県別統計とランキングで見る県民性) 

国勢調査を元にしている関係で、2010年のデータになりますが、共働き率トップ5をご覧下さい。

第1位 山形県
第2位 福井県
第3位 島根県
第4位 富山県
第5位 鳥取県

夫婦喧嘩トップ3は共働き率もトップクラスなのです。
むしろ、山形県の夫婦喧嘩ランキング(16位:15.2%)がとっても低いんじゃないかと思えます。

このあたりの相関は、ちゃんと調査したらもっといろいろわかるかもしれませんね。

ちなみに、夫婦喧嘩ランキング最下位は和歌山県(9.6%)でした。
これについては、

”男性は基本的にのんびりした人が多いが、向こう気は強いという県民性がある。しかし、女性は真面目で辛抱強いため、夫婦喧嘩が少ないと考えられる。 ”

とのことでした。

実は、私の夫は和歌山県出身です。
たしかに「のんびりしてるけど、向こう気は強い」です。
私は和歌山県出身ではありませんが、比較的真面目です。
でも辛抱強いのは私より夫かも。
いずれにせよ、我が家は夫婦喧嘩は少ないです。

ただし、幸せな結婚生活を送るのに喧嘩の多い少ないは関係ないことが研究でわかっています。
それより大事なのは、「修復の試み」。
ぜひ皆さん、上手に夫婦喧嘩してくださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

 

自分が母であり、かつ、仕事もする理由、明確ですか?

先週末はワークショップ
「ワタシ流 仕事と夫との付き合い方~頑張らない共働き夫婦のコツ~」を
開催しました。

参加者の皆さんが、それぞれの課題を持ちながら
貴重なお時間を割いて集まってくださいました。

ワークショップでは、自分のこれまでを振り返りながら、
まずここまで頑張ってきた自分を認め合いました。
自分自身で無かったことにしてしまうような「強み」だったり「頑張り」をも
しっかりと見つめていただきました。

その上で、もっともっと自分らしく生きるために
今回のメインテーマの1つである
「自分の中のいろんな自分の関係性をより良くする」ワークに
取り組んでいただきました。 

ワーキングマザーの皆さんは、とかく
「もっと仕事をしたいのに」
「もっと子供といたいのに」
と身を引き裂かれる思いをされている方が少なくありません。

それぞれの自分の声に耳を傾けながら、
自分が自分のあり方をデザインし、体現していくための選択をする
そんな時間になりました。

最後に、もう1つの関係性、「パートナーとの関係性」を取り上げました。
これもワークを行なったのですが、
「えええ!ワタシってこういう人間だったの?!」
という驚きの声も上がり、なかなか面白いものが手に入ったのではないかと思います。


そして、参加者のおひとりが感想をブログに書いてくださいました。
(仕事も子供も)どっちも求めることに罪悪感を感じてたけど
(もう14年も・苦笑)
 自分の中にすとんと落ちた気がする!
「私」を知る・関係性を知る-ぼちぼちかあさん
 
ちなみに来年、もう一度開催したいと思っています。
そして男性版は今年12月に予定しています。
ご興味あればぜひ♪


095219
 


無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

【働く自分】か【母親である自分】か

私は日頃、企業組織やご夫婦などの関係性をより良くしていくお手伝いをしていますが、
「一番身近な関係性」って何かご存知ですか?

それは、「自分との関係性」

それは、自分の中のいろんな自分との関係性です。

実は、パートナーとのより良い関係性を維持していくためには、自分自身との健全な関係性は必要不可欠です。

なぜならば、人は自分の中の願いと現実とのギャップに悩み、苦しむからです。
パートナーとの間にある悩みや問題は、自分自身の願いと何らかの形でつながっているからです。

ですので、自分の中にどんな自分がいるのか、それぞれは何と語っているのか、耳を傾けることが大事なんですね。


ところで、ワーキングマザーの方に多い「仕事を取るか、子供との時間を取るか」という悩み。
これも、自分との関係性の中で相対する二人の自分が対立している時に起こりやすい葛藤です。

相対する声に対する対処方法は、「自分の中の関係性」も「パートナーとの関係性」も同じです。
ですので、まずは自分からでも関係性改善のスキルを身につけたい方は、ここからスタートされるのもいいと思います。

そんな、自分との向き合い方、そしてパートナーとの向き合い方についてのワークショップを開催することになりました。
数人でこじんまりとですが、コーチ2人でファシリテートしますので、内容はかなり濃いです。
お子さんがいらっしゃらない方でもOK。

「彼との関係がもっと上手くいったら、仕事にも力を注げるのに・・・」
そんな方にぜひお越しいただきたいワークショップです。

10月10日(土)10時~
  ワタシ流 仕事と夫との付き合い方 ~頑張らない共働き夫婦のコツ~

詳細、参加申し込みはこちら

98b42f28abaa397efabf397b5c18a71b_ss




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード