セミナー・ワークショップ

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

アンガーマネジメント講座【脱!おこりんぼ】はどのように誕生したのか

【脱!おこりんぼ】(通称【脱おこ】)というアンガーマネジメント講座を始めたのは、11年前です。
もともとは自分のために「イライラしてしまう自分の気持ちをうまくコントロールする知恵と技術」を集めていたのですが、同じように子育てでイライラしてしまい悩んでいる人は少なくないはず!と思ったのが始まりでした。

当時の私は、

子どもの癇癪にあおられて自分も怒ってしまう
→いやいや、ここで自分も怒ったら「同じ土俵」に立つことになるから。あなた大人でしょう?
→じゃあどうしたらいいのさ!!


の繰り返しでした。

少しずつノウハウを集め、自分で実験し、再現性が高く使いやすいものにこだわってきました。
同時に、シンプルにわかりやすく伝えるには?という試行錯誤も繰り返してきました。
ですので、アンガーマネジメント講座というジャンルは一貫していますが、内容も少しずつブラッシュアップしてきています。
特に、関係性のコーチングの資格を取ってからは「自分のリクエストを上手に伝える」という部分も磨きがかかりました。
こうして【脱おこ】は、私が世の中に送り出しているセミナーコンテンツとしては最も長寿となりました。


開催場所や受講してくださる皆さんも変わってきました。

初回は地元の小さな保険代理店さんでの開催。
「セミナーができる人を探している」とお友達が連絡をくれたのが始まりです。

そして、そのセミナーが好評で、代理店の親会社さん(車のディーラー)に呼ばれ、こちらでもセミナーを行いました。
平日昼間はディーラーさんも閑散としているのです。
お子さんと一緒に車選びに大きな影響を及ぼすお母さん方に来店して欲しい。
そんな思惑と一致したようです。

やがていつからか幼稚園や小学校のPTAのセミナ―担当者さんからご連絡をいただくようになり、保護者向けに開催されるようになりました。
今は学校関係からのセミナー依頼は100%【脱おこ】ご指名です。

1d7b7abb1519f7049631c3ffa426bba2_s


以前の私のように、子どもの癇癪に「売り言葉に買い言葉」でヒートアップしてしまう自分を何とかしたいと思っている親御さんは少なくないと思います。

幼児期の子どものように、こんなにも遠慮なく感情を表出し、そしてその感情がクルクルと変化する存在はそれまで身近にいませんでしたよね?
その時になってはじめて、「私って自分の感情をコントロールする方法を知らない!」と気づくのです。

もう少し言うと、「自分の感情が何が原因で起きていて、どのように対応すべきか知らない」ということ。
自分についてすらそうなのですから、他者について「この人の感情は何が原因で起きていて、どのように対応すべきか」なんて当然わかっていません。

なので、【脱おこ】はアンガーマネジメント講座であると同時に、「他者の感情を適切に認識する力」を上げていくのです。

【脱おこ】が幼稚園や小学校の保護者向けに留まらず、企業のリーダーシップ研修や夫婦のコーチングに導入されているのは、そのような理由があるからです。


そんなわけで、アンガーマネジメント講座 【脱!おこりんぼ】、次回は8月24日オンラインでの開催です。
スマホがあればご参加いただけます。

【ご感想】自分が一皮むけた感じがしました

先月末にアンガーマネジメント講座 【脱!おこりんぼ】(基礎編)を開催しました。

ご参加いただいたのは、家族や部下・同僚、お客様に対するイライラを感じながら、どのように対処すべきかを知りたい!という皆さま。

自分のイライラの事例を元に、「怒りはどこから来るのか」「どのように気持ちと向き合ったらいいのか」「イライラをぶつけない上手なコミュニケーション方法とは」ということをワイワイ言いながら学びました。

480d77892d092120d37969006be25971_s

以下、ご感想です。

一つのエピソードを掘っていくと、自分の感情や気づいていなかった考え方の傾向を知ることができました。
怒りも含めて、自分の感情とうまく付き合って日々過ごせたらと感じました。(Kさま)

講座が終わって、自分が一皮むけた感じがしました。自分の気持ちの核心を大切にできるようになろうと思います。(そして家族の気持ちも!)
今日の講義を生かして仕事でもクレーム対応の際に、相手の心の核心を探そうと思います。(Yさま)

2時間あっという間でした。
自分の怒りの感情をうまく消化できるようになりたいです。(Hさま)

怒りの種が自分の中にあるという考え方は、人には教えていても、自分の中に落ちていなかったことに気づいた。
気持ちの持ちようを変える技法があることが新しかった。(小山さま)


「もっと早くこれを知りたかった」
「子育て中の親にこそ知って欲しい」
という声も。
講座の内容がご自身にとって有益であるのはもちろんのこと、「みんなも知ったらいいのに!!」って気持ちが伝わってきました。

知識って身を助けることも多いと思うのです。
特に、感情のコントロールができると、自分だけでなくその場の雰囲気や他者との人間関係も変わっていきます。

そして、やはり皆さん、気持ちよく家族と生活したり、周りの人と仕事したい!って強く願っているんだなとつくづく感じました。

アンガーマネジメント講座 【脱!おこりんぼ】、次回は8月24日(土)です。
お申込みはこちら





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

夫婦げんかで折り合いをつけるために必要な力

昨年秋にかなり深刻な夫婦ゲンカをしまして、夫と何度か話し合ったことがありました。

話し合いの中で、ずれないように気をつけていたのは

「相手がこんな風になっているのは何があるのかを知ること」
「自分がこんな風になっているのはどうしてなのかを相手にわかってもらうこと」

ドキドキしながらもできるだけ冷静に、ヒートアップしそうになると深呼吸しながら、丁寧に話をしたように思います。

cc92dec52668e81a37e9361a11a574e1_s


人が自分の立場を譲らないときって、実は背後にその人にとって深く大切な意味合いが隠されています。
その人にとってとても大切な願いや信念、価値観といったものです。

例えば、子どもが病気のときに夫婦どちらが仕事を休むかでもめている場合、恐らく「休暇を取れるかどうか」そのものだけが問題なのではなく、家庭内での主導権や影響力、尊厳や自由などが問題である可能性があります。

スッキリ問題解決できなかったとしても、「大切なものを尊重された」、「理解してもらえた」と思えるだけでずいぶん心持ちは違うはずです。

でも実際はこれがとても難しい。

理由は2つあると思っています。

1つは、お互い感情的になっていて、冷静に相手の願いを聞き取る状態にないから。
相手を理解し相手に理解してもらうためには、自分の感情をある程度上手になだめた上で、適切に表現する力が必要になります。

そしてもう1つは、自分自身も自分の本当の願いに気づいていないことが多いから。
相手の言っていることややっていることに反応して気持ちが高ぶりますが、どうして自分がそこまで反応してしまうのかを瞬時にわかりやすく説明するのは簡単ではないのです。
自分と向き合い、自分の感情の奥底にどんな願いがあるのか、どんな大切なものがあるのかを探し出す力が必要になります。

この2つの力が備わっていてはじめて、安全にそれぞれの意見の落としどころを見つけることができるようになると思います。

そもそも、折り合いのつけ方って、親も学校も教えてくれませんよね。
でも、これ、生きる上でとても大切なことだと思っています。
私も先の大ゲンカでは、頭の中でステップを確認しながら話し合っていました。

今月末の講座では、この「折り合いをつけるために必要な力」についてお伝えします。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】作業工程やポイントを知って関係性をより良く作る

1組のご夫婦がコーチングを完了されましたので、ご感想をうかがってみました。

やってよかった、お願いしてよかったと思います。
車などのモノづくりでは、作っていく過程や出来上がっていく過程が目で見えますが、関係性のような形のないものは見えないですよね。
「作業しなくても(いい関係が)できるんじゃないか」と思っちゃったりとか、作業していても「本当にこれでできあがるのかな?」と不安だったりしますが、無形のものでも作業工程やポイントというものがあって作られるんだと思いました。放置すると風化するものだとも思います。
これまでにない体験でした。(夫さん)

やってよかったと思います。
いろいろな知識を得たというのもそうですが、コーチという第三者が介在する安心感、入ってもらうことのありがたさを感じました。
安全に話し合う実体験ができたのも良かったです。
こうすれば話し合えるんだ、事が前に進むんだ!という体験ができました。
二人の間に変化もありましたし、手ごたえがありました。(妻さん)


実は、お二人が一番「知れて良かった」とおっしゃっていたのが、「自分のネガティブな感情とのつきあい方」です。
実際の生活の中で、学んだステップで自分と向き合うことをしてくださっているとお聞きし、嬉しくなりました。
お子さんとの関わり方にも変化が現れたそうです。

「自分のネガティブな感情とのつきあい方」のステップはシンプルですが、人間関係を良くしていくためにとても効果があるので絶賛おススメのツールです。
実際に私のところにご相談にみえるご夫婦の95%の方々に受けていただいています。

ちょうど今月末に、このステップをお伝えする公開講座を開催します
パートナーとの間がうまくいかない、職場の人間関係で悩んでいるなど、イライラ、モヤモヤされている方にお勧めです。お一人で参加できますのでどうぞお気軽にお申込みくださいね。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

子供たちが安全で平和な毎日を過ごすために私たちができること

ここ数日、痛ましい事件だったり知人からの相談案件だったり、大人としてかなりの年齢なのに自分の感情をうまくコントロールできず、他者を攻撃する人の話を立て続けに耳にしました。

私たちの親世代は「感情コントロール」なんて概念やノウハウもなく、自分の気に入らないことをされたり、相手が言うことを聞かなかったりすると、怒鳴る、罵る、暴力をふるうのは当然という風潮でした。
実際、親や教師にそのようにされて育ってきた人は多いと思います。

しかし肉体的な暴力や言葉での暴力が相手の心身に危険を及ぼすだけでなく、相手の尊厳を傷つけることになるのはご存知の通りです。
今や世の中の価値観や風潮も変わってきました。

それでも、イライラすると他者に対して暴力的に振る舞ってしまう方が残念ながらいらっしゃいます。
「気に入らないことが起きたときに、本当はどのように振舞うべきか」を学ぶ機会がないためだと思っています。


私はコーチという職業を選んだこともあり、感情とうまく付き合う方法を知ることができました。(まだまだ修行中ではありますが。)
しかし、私のように身近なところに学びが転がっている方ばかりではありません。


川崎の事件の後、私には何ができるだろうかと少し考えました。
そして、次の世代に、もう少し穏やかで平和な人間関係を作る力を伝えたいと思いました。

具体的には、私たち大人が、穏やかで暴力的でないコミュニケーションを交わすのです。
自分の感情に責任を持ち、他者へ怒りを投げつけるのではなく、上手に消化したり、穏やかにリクエストしたりできるようになるのです。

大人たちの間でより良いコミュニケーションが交わされたら、その家庭や学校や地域で育つ子どもが他者と交わすコミュニケーションも良いものになると思います。
なぜなら、大人が交わすコミュニケーションを、そこで育つ子どもたちは「当たり前のコミュニケーション」として吸収していくからです。


そんなわけで、久しぶりに【脱!おこりんぼ】講座を公開講座で行うことにしました。
(ちなみに、同じ内容を夫婦のコーチングや関係性パーソナルトレーニングでもお伝えしています。夫婦関係を良くしたいと思っている方にも強くお勧めするコンテンツです。)

皆さんの足元から、穏やかなコミュニケーションが広がったらいいなと思います。

(この先、【脱!おこりんぼ】講座をリードしてくださるファシリテーター養成講座も開催する予定です。
基礎編の受講が必須条件となりますので、ご興味ある方は受講しておいてくださいね。)

パートナーシップセミナー開催レポが掲載されました

昨年11月3日、東京ウィメンズプラザの「パートナーシップセミナー」に登壇させていただきました。
(セミナー直後の記事「ご夫婦のボタンの掛け違いを直しちゃいました

この度、主催者の東京ウィメンズプラザさんが開催レポートを掲載してくださいました。
早口の私の話を本当に上手にまとめていただいて感謝しております。

レポートは、日程の都合等で参加したくてもできなかった方が読まれることを想定し、かなり詳しく書かれています。
ご興味あればぜひ読んでみてくださいね。

平成30年度パートナーシップセミナー(第1回)
「”言わなくてもわかって”問題をのりこえるためにできること」開催レポート





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

ご夫婦のボタンの掛け違いを直しちゃいました

11月3日(土)に東京都生活局 東京ウィメンズプラザ主催の「パートナーシップセミナー」でお話してきました。

テーマは“言わなくてもわかって”問題
A0035_s
「察してよ。どうして言わないとわからないの?」と思ってしまう背景には何があるのか。
言葉で伝えることを止めているものは何なのか。
そして言葉で伝えると何が起きるのか。
体験ワークも行いつつ、学んでいただきました。
参加された方からは「ダメな例をやってしまっていて反省しました」という声を多くいただきました。

また、せっかくご夫婦お二人で参加してくださっているので、その場でボタンの掛け違いを直していただきました。
このボタンは数あるボタンの中でもお二人をつなぐ大切なもの。
「えー!そうだったのー!!」という驚きや、やっと理解してもらえたという喜びが、会場のあちらこちらで起きていました。

最後のメッセージの送り合いでは涙ぐむ参加者もいらして、それぞれのご夫婦にとって良い時間になったのではと私も胸が熱くなりました。

ご夫婦向けの公開講座はこの先しばらく予定されておりませんが、同じ内容を夫婦のコーチング関係性パーソナルトレーニングでもお伝えしています。
ご興味ある方はぜひお問い合わせください。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード