夫婦コーチング

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

結婚記念日に「これまでを振り返り、今後を描く」対話をしませんか?

皆さん、結婚記念日はどのようにお過ごしですか?
パートナーに何かをプレゼントしたり、一緒に外食をしたり…が多いのでしょうか。

「こんなプレゼントをされるなら現金の方がよかった」
「どこに食べに行くかでケンカになった」
なんて声も聞こえてきそうです。

ミネソタ大学家族社会学部教授のウィリアム・ドハティによると、幸せな夫婦関係において「お互いがつながりあうための儀式」は非常に重要な役割を果たしているそうです。
関係性が安定している二人は、定期的に互いに向き合い、つながるための時間を計画的に取っているのです。

あなたがもしも、そのような時間を計画的に取っていないのならば、結婚記念日は「二人が向き合う時間」を取るチャンスとなります。

e29f2ceef9799abaa4fb110ade3c27c3_s


忙しい日常生活の場では、つい相手をせかしたり、文句を言ったり、相手に対するネガティブなフィードバックが多くなりがちです。
だからといって、相手を好ましく思う気持ちや感謝の気持ちがないわけではないのです。
ただ、「言えない」。

「そんなこと口にしたら、いつもの態度を責められるに違いない」
「恥ずかしくて今さら口にできない」
「別に言わなくたってマズイことが起こるわけじゃないんだから」


(…実際には、言わないことでマズイことが起きるのですが、関係性の亀裂は目に見えにくいので、なかなか気がつかなかったり、気づいても見て見ぬふりをしてしまいますよね。)

お互いが真実を伝えないことで、
「自分はパートナーから嫌われている」
「私のことなんて、これっぽっちも大切じゃないんだ」

などの妄想が勝手にふくらんで、どんどん不安になっていってしまいます。

でも、本当は、
「パートナーはよく頑張ってくれている」
「いつも〇〇してくれる」
「感謝している」

って気持ちもあるのです。

ですので、結婚記念日という節目に、日ごろ伝えられていない「相手をポジティブに思う気持ち」を伝えて欲しい。
二人がここまでどのような時間を過ごしてきたのか、それはどんな体験だったのか、何を得たのかを振り返り、ここまで共に頑張ってきたことをお祝いし合って欲しい。
そして、これから始まる物語をどのように描いていきたいのかを共有して、またパートナーシップを結び直して欲しい。
そんな時間を持っていただきたいと思ったのです。

そんな思いから、結婚記念日単発セッション「スイートテンダイアローグ®」は生まれました。

プログラムでは小道具も使いながら、短時間でお二人の深い部分にある思いを表現するお手伝いをしていきます。
プログラムの基盤となる理論はゴットマン博士の研究結果や関係性のコーチングによるものです。

以前からコーチングに興味があったけれどなかなか受けるきっかけがなかったという方、今も仲が悪いわけじゃないけど今よりもっと仲良くなれたら嬉しいなという方も、ぜひこのプログラムを利用していただきたいと思います。

なお、「スイートテン」とありますが、結婚10周年でないと利用できないわけではありません。
1年でも、5年でも、「もう一度繋がり合うために対話したい」と感じたときにご利用ください。

この時間が、お二人にとってかけがえのない時間になることを信じています。

結婚記念日の対話の時間
~ スイートテンダイアローグ® ~
結婚記念日に交わす「これまでありがとう」「これからもよろしくね」





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】作業工程やポイントを知って関係性をより良く作る

1組のご夫婦がコーチングを完了されましたので、ご感想をうかがってみました。

やってよかった、お願いしてよかったと思います。
車などのモノづくりでは、作っていく過程や出来上がっていく過程が目で見えますが、関係性のような形のないものは見えないですよね。
「作業しなくても(いい関係が)できるんじゃないか」と思っちゃったりとか、作業していても「本当にこれでできあがるのかな?」と不安だったりしますが、無形のものでも作業工程やポイントというものがあって作られるんだと思いました。放置すると風化するものだとも思います。
これまでにない体験でした。(夫さん)

やってよかったと思います。
いろいろな知識を得たというのもそうですが、コーチという第三者が介在する安心感、入ってもらうことのありがたさを感じました。
安全に話し合う実体験ができたのも良かったです。
こうすれば話し合えるんだ、事が前に進むんだ!という体験ができました。
二人の間に変化もありましたし、手ごたえがありました。(妻さん)


実は、お二人が一番「知れて良かった」とおっしゃっていたのが、「自分のネガティブな感情とのつきあい方」です。
実際の生活の中で、学んだステップで自分と向き合うことをしてくださっているとお聞きし、嬉しくなりました。
お子さんとの関わり方にも変化が現れたそうです。

「自分のネガティブな感情とのつきあい方」のステップはシンプルですが、人間関係を良くしていくためにとても効果があるので絶賛おススメのツールです。
実際に私のところにご相談にみえるご夫婦の95%の方々に受けていただいています。

ちょうど今月末に、このステップをお伝えする公開講座を開催します
パートナーとの間がうまくいかない、職場の人間関係で悩んでいるなど、イライラ、モヤモヤされている方にお勧めです。お一人で参加できますのでどうぞお気軽にお申込みくださいね。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

しっかり相手に言葉が届く「場」の大切さ

明けましておめでとうございます。
例年になく、私たち夫婦の関係もとても穏やかな状態で1年のスタートを切ることができました。
(メルマガ読者の方はご存知だと思うのですが、年末の大掃除シーズンは私の気持ちが煽られやすい時期なのです。)

何が功を奏したのか振り返ってみたのですが
①夫が有休を取り、いつもより1日早く休みに入った
②12月にひどい長時間残業もなく、従って夫の体調も悪くなかった
③私のリクエストの仕方が年々上手になってきた
④11月に大きな対立があり、そこでしっかりと話し合った
まあ、こんなところでしょうか。

この中で一番影響が大きかったのは④ではないかと思っていまして。
対立の中身は家事とは全く関係のない分野なのですが、この話し合いの中でお互いが相手のこと、自分たち夫婦の関係性のことを大事に思っているということをしっかり握り合うことができたんじゃないかと思います。(この話、メルマガに書きかけてはいるのですが、まだうまくまとめられていません。言葉にするのにもう少し時間がかかるかな…と思います。)

c7b421428b8c5caccdba216b9aa77d6a_s

さて、先月は10周年記念キャンペーンの方も含め、結婚記念日セッションを何組かのご夫婦に受けていただきました。詳しい感想はまたあらためてご紹介しますが、私が一番感じたのは、しっかり相手が話に耳を傾けてくれる場の重要性です。

日頃、自分の中では「パートナーはよく頑張っている」「〇〇してくれて感謝している」「パートナーのことを大切に思っている」が当たり前にあったりするんです。でも、それをわざわざ口に出しては言わない。
「恥ずかしいから」「反応が怖いから」、理由はたくさんあると思います。いずれにしても心理的な壁があって伝えないんですね。特に男性。
相手側は、それをどんなに聞きたがっているか。伝えてくれたらどんなに救われるか。恐らく言葉にしない側はそれもわかっていらっしゃらないと思います。
でも、薄々、このままじゃ良くないよね…とも思っている。
そんなご夫婦が多かった気がします。

茶化されない、文句も言われない、そんな安全な場があって、
「ちょっと思っていることを伝えてみませんか?」って誰かがスイッチを入れてくれる。
(自ら突然語り出すのはやっぱり相当な葛藤があるので、「誰かに水を向けられた」という大義名分が必要なのだと思います。)
自らが語ることを、言葉を挟まずにちゃんと相手が聴いてくれる。
こういう「場」の大切さをつくづく感じました。

毎日の生活の中で相手に改めて欲しいところは直接相手にたくさん伝えていると思いますが、相手に助けられている点や感謝している点、好ましく思っていることはなかなか言葉にして伝えることがないと思います。
その結果、自分が受けるフィードバックはネガティブなものばかりになります。
「自分は嫌われている」
「私のことなんてもうこれっぽっちも大切じゃないんだ」

そんな風にお互いが勝手に妄想を膨らませて不安になってしまいます。
改めて欲しい点を伝えている側もどうやって伝えようか悩む時間の分だけ相手のネガティブな側面が強化されて印象に残ってしまいます。

だからこそ、あらたまってお互いに感謝する時間を設けることは非常に重要だと思うのです。
そんなことを感じた結婚記念日セッション先行実施でした。

今年もたくさんのご夫婦の「大切な時間」に立ち会いたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

結婚記念日どのように過ごしていますか?(感謝キャンペーンのお知らせ)

実はこの秋、Karika Coachingは創業から10周年を迎えました。

「そんなに長い間、私やってたかな…?」というのが実感なのですが、ここまで続けてこられたのも、コーチングをご利用下さる皆さまやブログ、メルマガを読んでくれる皆さま、そしてご協力いただいている取引先の皆さま、いつも助けてくれる仲間たちや家族のおかげです。
本当にありがとうございます。

4e0a8d394fa72f3e34a520fe9c17a8ad_s

さて、事業の10周年もあっという間ですが、結婚10周年もあっという間だったりしませんか?
特に、結婚してすぐ子供が生まれたご家庭なら怒涛の10年だったはずです。

さらに、結婚して10年も経つとお互いの気持ちがだんだんよくわからなくなってしまったりして…。
本当は伝えたいことがたくさんあるはずなのに、なんとなく照れくさかったり面倒くさかったり。
そんなこんなで、せっかくの結婚10周年なのにあっさり食事だけして終わってしまったりしませんか?

ミネソタ大学家族社会学部教授のウィリアム・ドハティによると、「お互いがつながりあうための儀式」は幸せな結婚生活を送るために、非常に重要な役割を果たしているそうです。
関係性が安定している二人は、定期的に互いに向き合い、つながるための時間を計画的に取っているといいます。

だからこそ、結婚記念日をもっと上手に利用していただきたいと思っています。

ここまでお二人で頑張ってこられたのですから、一旦これまでを振り返り、ここまでの「ありがとう」、そして「これからもよろしくね!」…そんな気持ちを伝えられたら素敵ではないですか?

…ということで、ここでKarika Coaching 創業10周年感謝キャンペーンのお知らせです!

創業10周年感謝キャンペーン
 ~結婚記念日セッションに特別価格で2組をご招待~

結婚記念日にお二人の対話の時間を過ごしませんか?
お二人のこれまでを振り返り、これまでの感謝を伝え、これからについての思いを交わす…
そんな特別なセッションに特別価格3900円でご招待いたします。(2組限定)

◎セッション内容
・セッションは単発です。
・コーチがファシリテーターになり、お二人の振り返りや対話を促します。
・日頃言えていない感謝や相手への想いを伝える時間になります。
(相手への不満を開示し関係改善を促すようなコーチングやコミュニケーション改善などのアドバイスはいたしません。)

◎ キャンペーンについて
 ◆応募条件 結婚5年~15年(直近に結婚記念日を迎えなくても大丈夫です。)で、以下に該当するご夫婦
    ・これまで夫婦コーチングを受けたことがない
    ・ドメスティックバイオレンスが発生していない
    ・精神疾患を伴っていない
 ◆お子様の同伴は1歳未満に限り可能です
 ◆実施日(いずれも各1組となります)
  日程① 2018年12月15日(土)11時~12時半
  日程② 2018年12月23日(日)13時~14時半
 ◆会場 八重洲オフィス(東京駅徒歩5分)
 ◆料金 3900円(特別価格)

◎応募方法
 (応募締め切り 12月2日)
 応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 ご招待者には12月4日までにメールで会場詳細等ご案内をお送りします。

今回のキャンペーンは結婚10年前後の方を対象にしておりまして、その他の年数の皆さんが対象となっていないことをお詫びいたします。ごめんなさい。
(特別価格にはなりませんが、セッションとしてサービスは行っておりますのでご希望ありましたらぜひお問い合わせください。)

また、条件に該当される方々は、結婚記念日が3月とか5月とか、まったく先でも応募可能ですので、一度立ち止まって二人で振り返ってみたいなという方、せっかくですから、ぜひこの機会を逃さずご応募くださいね。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】投資に見合った成果を得ることができた

夫婦の関係性コーチングを受けてくださったSさんご夫妻から感想をいただきました。

<コーチングを受けた理由について>

10日間の海外旅行が3ヶ月後にせまり、
最近の雰囲気では旅行中にケンカになりそうな予想がされたため、
何とかしたいと思った。(夫さん)

半年程前より、夫婦間が最悪化し、自身の気持ちもかなりしんどくなっており、子どもへの影響も気掛かりで危機感を感じておりました。
このままではダメだと、2人で話す機会を持つように努めましたが、言葉を交わす程に感情高ぶるばかりで収集つかず。これから人生の選択を考える必要も感じていました。決断する前にやれることは全てやろうと思いました。
夫婦コーチングを検索したのは、人の力をお借りするしかないのでは思いついたのがきっかけでした。
そんな折、ネット検索から、平田さんのコーチングを受けた方の感想を拝読して直感的に即決しました。(妻さん)

<コーチングを受けて一番良かったなあと感じたこと>

夫婦間で共通の夫婦関係をより良くするルールを共通認識出来たこと。
とても良いコーチングでした。
投資に見合った成果を得られることが出来たと感じています。(夫さん)

夫が夫婦関係について真剣に向き合ってくれたこと。(妻さん)

Sさんご夫婦は関西にお住まいであったため、今回はZoomというインターネット通話を使ってコーチングを行いました。
画面越しにも、お互いのコミュニケーションのクセが見て取れましたので、これまでのパターンを一度崩し、より良いコミュニケーションが取れるよう、トレーニングも行いました。

同時に、お互いの相手への思いやりの気持ちもこちら側からは見て取ることができました。
しかし、お二人の中には不安や遠慮や様々なものがあって、その「相手の想い」をキャッチする機会を度々失っていらっしゃいました。
ですので、コーチは鏡となって、こちらから見えていることをたくさんフィードバックしました。

とても向学心にあふれたお二人でしたので、コーチングの最中はもとより、コーチングとコーチングの間に関連書籍を読んだり、二人で取り組むワークに挑戦したりしてくださいました。

最後に、実際に受けてみて、どんな人にどのようにこのコーチングを勧めたいかもうかがってみました。
夫婦ケンカの時に離婚を一瞬でも感じたことがある人。
夫婦関係を良くして幸せになるための知識を学習できる良い先生がいるよ。
自分達もコーチングを受けてとても夫婦関係が改善したよ。
(夫さん)

夫婦間で辛い思いをしている親友や子育て中のご夫婦。
平田さんが加わってくださることで楽しい雰囲気で取り組めること、
知識や情報を知るだけでうんと関係が良くなること、
子育てにも役立つこと伝えたいです。(妻さん)

【ご感想】対人関係のテクニックなどを知ることができてよかった!

【関係性パーソナルトレーニング】を受けて下さったYさんのご感想です。

本当は、夫さんと二人で夫婦の関係性コーチングをご希望だったYさん。
しかし、夫さんの同意が得られず、「自分だけでも……」とパーソナルトレーニングを受けてくださいました。

夫が異常にキレやすいと思っていたが、自分がキレさせているのかなと反省した。
最後のセッションのあと、仲良くやっていこうという気持ちでいたが、早速キレられ、うんざりな気持ちになってしまった笑
でもその後、1人で(5回目に教えてもらった相手の立場になりきるやつ)をしてみたら、夫の気に触ることを言ったかなと反省できた。
対人関係のテクニックというか、フレーム的なことが知れてよかった!
夫との関係を継続してくことに超前向きになれたし、いろいろ相手の良い点を積極的にキャッチできるようになった。
また自分を客観的に見る機会になって、自分が自分を全然理解してないことが分かった。

初回インタビューの時に「夫の地雷がわからないのが悩み」とおっしゃっていたYさんですが、少しずつ、地雷の正体がわかってきました。
さらに、「どうして休みの日にそんなことをしたがるんだろう・・・?」という夫さんの謎も解けて、パートナーがどんな人であるか、理解が進んだようです。

さらに、Yさん自身の願いや感情が揺れやすいポイントなど、自分自身についても理解も深まったようです。


家事に育児に仕事にと忙しい毎日を送っていると、なかなか自分自身と向き合う時間もないですよね。
自分が何にモヤモヤしているのか自分の気持ちも願いもよくわからないまま、周りともギスギスして毎日を過ごすだけで精一杯になってしまいます。

でも、そこにある自分の気持ちや願いに気づくことで自分とつながる力が強くなります。
そして、自分の気持ちや願いに気づく力がついてはじめて、他者の気持ちや願いに気づく力がつきます。

【関係性パーソナルトレーニング】は、コーチングをしながら自分自身やパートナーとの関係性を掘り下げ、関係改善に必要なスキルをトレーニングしていきます。
自分一人でできることから始めたいという方にお勧めのメニューです。

「私の場合はどうなのかしら・・・?」「ちょっと話を聞いてみたい」という方は、個別相談をご利用くださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

【ご感想】視点が広がりこれでいいんだと思えるようになります

春に夫婦のコーチング関係性パーソナルトレーニングをスタートさせた皆さんが続々と卒業されていますので、少しずつ感想をご紹介していきますね。

今回は、婚約中から
【関係性パーソナルトレーニング】を受けて下さったSさんです。

約3か月ですごく変わることができたと思います。
自分の視点がものすごく狭かったことを実感しました。
まだ課題は残っていますので、教わったことを手がかりにしながら
1つ1つ進んでいきたいと思います。
本当にありがとうございました。

結婚準備期間中にギスギスすることが多くなってしまったというSさん。
以前のブログ記事 

婚約中の対立をうやむやにしない

を読んで「自分のことだ!」と思い、【関係性パーソナルトレーニング】を受講して下さいました。

トレーニング開始時は「ここを変えたい」「あれも変えたい」とテーマをいくつか挙げてくださっていたのですが、後半は、
「最近、うまくいっていないことはありますか?」
の質問に対し
「それが……ないんですよー(^^)」
と嬉しそうに笑う表情が印象的でした。

懸案事項だった自分の感情のコントロールも、夫さんからの「最近怒らなくなったね」のコメントでお墨付きをいただきました。

もやもやとした感情で辛いと思っている人に勧めたいです。
視点が広がり、これで良いんだと思えるようになります。

ご感想、ありがとうございました!

87320ef7d7867129e23cbfaa1ef07320_s
山登りが共通の趣味のSさんご夫婦。お二人でこれからいろんな風景を一緒に見られるんでしょうね。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.

無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード