幸せな結婚生活のコツ

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

フラッシュモブ離婚から学ぶ

昨日、SNSで話題になっていた結婚式でのフラッシュモブ。

自分の結婚式でフラッシュモブを仕掛けられ、離婚を考えているという新婦の相談(愚痴)記事が発端です。 

「昨日の結婚式、フラッシュモブのせいで最悪でした」
 フラッシュモブが原因で離婚を決意した新婦



記事を読んでみると、フラッシュモブ自体の是非ではなく、
「この手のものが嫌いであると相手に繰り返し説明し、ノートにも宣言してもらったのに、当日裏切られた」 
ということが一番の問題のようです。


その後、この新婦は愚痴どおりに結婚を解消されたようですが、新婦の調査によると、モブを仕掛けたのは新郎ではなく義実家とのこと。

とはいうものの、新郎が何も知らなかったわけではないのだと思いますので、自分の実家側からの要請を断りきれなかったということでしょうか。


fb46f007172c0226e58f5cda5237440d_s

実は、
「結婚式の準備段階に入ったとたん、相手が自分ではなく、親や親戚を優先する。今まで優しかったのに急に人が変わってしまった。」
というご相談をよく受けます。

一概に言えない部分もあるとは思いますが、人が変わってしまったというよりも、「あなたに優しい人は、自分の家族にも優しい」ということじゃないかと思っています。

なので、「何を優先するか」の問題ですよね。
そしてこれは、片方が勝手に決めることではなく、二人の結婚式なのですから「二人で」決めていくものだと思います。

そして、

ここをいい加減に進めないで欲しいんですね。

なぜなら、二人で1つの家庭を作っていくことは、この「何を優先するか」、「何は譲れて何は譲れないか」の連続だからです。
優先したいもの、譲れないものが最初から最後まで一致しているカップルの方が珍しい(というか、そんなカップルいるの?)と思います。
 
婚約~新婚時代はまだ関係性が傷んでいないことが多いので、お互いへの愛情も豊かで、比較的平和に折り合いをつけることができると思います。
(逆に、関係性が傷んでしまっている場合は、話し合う前に必要なステップを踏まないと余計溝が深くなる可能性があります。)

結婚式をはじめ新生活への準備は、「私」「あなた」が「私たち」になるとても重要なプロセスです。
つまり二人の旅はもう始まっているということ。

Bon voyage!



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

 

○○したい妻vs○○したくない夫

結婚してから、お互いの価値観や習慣の違いに直面することってよくありますよね。

片方が「○○したい」と言っているのに
もう一方が「○○したくない」もしくは「○○するなんておかしい」という意見のとき。

我が家でも何度もありました。
(現在進行中のものもあります。)

こんな時「どちらか一方が正しい、間違っている」ではなく、
「それぞれが一部正しい」というスタンスに立って、
折り合いをつけていくことが幸せな夫婦関係を維持するためのコツになります。

その一例として私たち夫婦の話をメルマガでご紹介しています。
(動画配信ですので、音が聞ける環境でぜひどうぞ。バックナンバーでも閲覧可能です。)


09



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.


 

「夫婦円満のコツを思春期の子供にやってみた」についての補足

先日発行したメルマガ「夫婦円満のコツを思春期の子供にやってみた」の反響が大きくて、ちょっとびっくりしています。

「我が家のことかと思いました!」というご感想や
「これって親子以外の関係でも同じですよね」といった声をいただき、
うん!うん!と首をブンブン縦に振っていました。


メルマガにも書いた娘は中学生で、ちょうど多感な時期です。
興味関心はますます広がり、行動範囲も、自由度も広がり
危なっかしさ、エネルギッシュさ、制限のない自由な発想・・・
私のいる大人の世界とは違う世界に生きています。

「大人の世界」と書きましたが、「日本の社会」と言い換えてもいいかもしれません。
「同一であること」が美徳とされる風土です。
学校でも会社でも地域でも画一的なものを求められ、異質なものは矯正されるか排除されがちです。

ですが、私が関係性のコーチングで学んでびっくりしたのは
「違うって豊かなこと」
という考え方です。

違うもの同士が一緒にいるから、考え方も思考も感じ方も行動も幅が広いんです。
いろんな要素がそこにあるわけです。

そして、家族というシステムで言えば、私たちはパートナーや子どもの世界からも
「違うものに触れる機会」という恩恵を受けているのですね。

相手の世界を好きにならなくてもいいんです。
尊重しつつ、ちょっと触れてみる。
これだけでも充分だったりします。 

まだまだ感想をお待ちしています。
メルマガに返信でも、こちらにコメントでも結構です。
皆さんのお話をぜひ聞かせてください。

6160fd23e4d3ae2c220fd77f4d620c74_s
さて本日の写真。多様性という意味と共にもう1つ、娘の世界に敬意を表しての選択です。
さて娘は誰のファンなのでしょうか?(笑)これでわかったあなたは偉い!




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.
 

話し合いを相手が「責められている」と受け取ってしまう

パートナーが思い通り動いてくれない。
自分の置かれている立場や状況をわかってくれていない。

ずっと悶々としている自分もよくない。
伝えなくちゃ分かってもらえない。
よし、今日こそ。
・・・

どう言おうか、散々心の中で反芻して準備したはず。
なのに、いざ口火を切ると、どっかーん!と喧嘩になってしまう。
そんなこと、ありませんか?

こちらから要望を伝えようとしただけなのに、相手は「責められている」と受け取ってしまう。
いざこざのほとんどは、このパターンなのではないかと思います。

「どうしたら、相手が責められていると感じずに上手に話し合いができるようになりますか?」

こんなご質問をよく受けます。

これはね、「知識」と「訓練」です。

まず、「相手を責めない穏やかなリクエストの仕方」、そして「折り合いのつけ方」を知識として知っておくこと。

そして、「知っている」と「できる」は違うので、できるようになるまで訓練すること。
私も、知識は豊富ですが、訓練という意味ではまだまだ筋力が足りません。
日々修行中です(^_^;)


そんな「上手に話し合いができるようになりたい」という方へ。

●ご夫婦で学びたい、練習したい
→ご夫婦向けワークショップにご参加ください。
 2016年5月14日(土)13:00~
【家族というチームになろう!~最強の二人でタッグを組む~】詳細はこちら

●パートナーは誘えないのでまず1人で学びたい
→パーソナルトレーニングにご参加ください。
 マンツーマンでコーチングを行いながら、関係性の智慧についてお伝えしていきます。
 自分の感情と上手に付き合う方法なども取り扱います。
 まずは個別相談をご利用下さい。詳細はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

af0060000144ls




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

強き心は喧嘩を越えて

一昨日は、子供の試験結果が発端で、深夜2時まで長々と親子3人での家族会議をしてしまいました。

成績云々がテーマというよりも、日々の生活態度や習慣についてのそれぞれの意見や考え方、そして、親が学生の経験者としてちょっと後悔していることとそれに関するアドバイス、さらに「日々何にフォーカスして生きていくか」まで、内容は多岐にわたりました。 

ただ、話し合いに至る前の、夫と私の間で交わされた会話の切り出し方が乱暴だったので、数時間に渡る話し合いが終わった後も、自分の中には険悪な雰囲気が残ったままでした。
(そして、ああ、ゴットマン博士の研究結果は本当だわ・・・と痛感していました。)

会話の最初の出だしの雰囲気が、その会話全体の雰囲気を決める。
乱暴に話を切り出した場合、最後まで冷たい雰囲気で継続する確率は96%。
(ジョン・ゴットマン博士の研究より)

そして、一晩経った翌日も、そのギクシャクした雰囲気は残っていて、夫と同じ部屋にいるのに二人とも無言。
心の中で呪文のように「リペアアテンプト、リペアアテンプト…」と唱えている自分。

意を決してようやくリペアアテンプト(修復努力の試み)を繰り出し、無事受け取ってもらえました。
ホッとしました。 

やっぱりドラクエの呪文関係性の智慧は身を守りますね。

私もまだまだレベル上げの途中ですが、一緒に関係性のレベルを上げて行きたい方、募集中です
ぜひ共に前へ進みましょう!

yuusya_game (1)



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved. 

産後の夫婦関係を乗り切る-「私」「あなた」から「私たち」へ

出産後、自分を取り巻く状況が劇的に変わっているのに、仕事で忙しい相手に遠慮して、なかなか「手伝って」と言えない-
そんな記事を読みました。

産後からの夫婦関係における「気遣い」と「遠慮」のさじ加減(mamapicks.jp)

この記事を読みながら、「ああ、そうそうそう。ずっとこうやって『私』と『あなた』の視点で考えちゃってたな」とつくづく思いました。

相手のことを思うからこそ、自分の声を引っ込めて遠慮してしまう。

今思えば「そんな遠慮が夫婦関係にギャップをもたらしてしまう」と筆者さんも書かれていますが、その時はその時でたぶん一生懸命だったんですよね。
初めての子育てでわけも分からない状態の中で必至になって考えて、その時できる最善の選択をされたんだと思います。
なので、この遠慮が「良い」とか「悪い」とか言うつもりはなく。

ただ、「私」「あなた」視点に「私たち」という視点を加えたら、どうなるのかな?と考えてみました。

自分は命を削りながら出産をし、育児をしている。
赤子は眠らない。夜泣きもする。休む暇もない。
でも、夫も仕事で疲れている。
少なくとも今自分は働いてお金を稼ぐことはできない。
今、家計を支えているのは紛れもなく「夫」だ。
眠っている夫を起こすようなことがあったりしてはいけない。
迷惑をかけてはいけない。

先の記事での「私」の声を要約するとこんな感じでしょうか。

夫さんは夫さんで、
もっと家族と一緒にいたいけど時間が無い。
家族が増えたし、もっと稼がなくちゃ。
きっと妻も大変だろうけど、声をかける余裕すらない。
妻も子供の相手ばかりで、話してくれない。
そういえば家も結構散らかってるな。
いや、でも、もう無理なんだよ。

もしかしたら、こんな声があったのかもしれません。(完全に創作してます。)

関係性のコーチングでは、「個人個人の声が関係性という1つの生き物の声である」という考え方を取ります。

お互いの声を聞き合うことで、「夫婦」というチームが今、どんなことを感じているのか、チームに何が起きているのかを把握することができるんですね。

ところで、お互いの声を共有せず、今、自分たちに何が起きているのかを知らないというのは、どんなインパクトをもたらすのでしょう。

「関係性という1つの生き物」を仮に1人の人間に例えたとします。
右手が怪我して出血してしまいました。しかし、その情報が身体の他の部分に知らされないために、足は絆創膏を取りに動くことをしません。
1つの生き物の中で何が起きているかが周知されないということを極端に言うと、こんな感じです。

「何だ、それ早く言ってよ。大変なことが起きてるじゃないよ。知らなかったよ。」
そんな声も聞こえてきそうです。

今、チームに起きている事を二人がしっかりと見ることができたら、「どうしたい」という願いが出てくるものです。
たとえ、長時間労働そのものや夜泣き対応の役割が変わらなかったとしても、二人の関係性の質は、何も共有しなかったケースとは違うはずです。

どうか、お二人で、自分の周りの状況を共有し、自分たちに何が起きているのかを「私たち」の視点で見るクセをつけていただけたらと思います。


338738



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

 

記念日の過ごし方で夫婦仲の良し悪しが決まる?!

さてさて、先日のご夫婦向けワークショップでは、「どんなことをしてもらえるとパートナーからの愛情を感じるか」について考え、お互いリクエストをしてもらいました。
相手が望む愛情表現を知っておくことはとてもとても大切です。

ちょうどこんな記事がありました。

6割以上の男女が答えた「夫婦関係を長く続ける秘訣」とは(@DIME)

e305598a6ba38978b618ff5f56c5a341_s

なるほど~と思ったのは、

「あなたが毎年お祝いをしている記念日」についての調査で、「パートナーの誕生日」をお祝いしている割合が、
既婚者73.6%
離婚経験者44.8%

と、30%近くも差が開いたこと。

そして、「結婚記念日」をお祝いしている割合は
既婚者52.8%
離婚経験者26.4%

と、これまた2倍近く違います。

これって、「記念日をお祝いしないようなパートナーとでは上手くいかない」ということではなく、
「記念日のお祝い事には種目が多く、相手に愛情が伝わりやすい」ということなんじゃないかと思います。

一般に、誕生日や結婚記念日のお祝いというと
・一緒にテーブルを囲む
・「おめでとう」や「いつもありがとう」などポジティブなやり取り
・プレゼントを贈る
などを行いますよね。

相手が望む愛情表現を知らなくても、上記例であれば3種類の愛情表現が繰り出せるので、パートナーの愛情受け取りゾーンへのヒット率が高いのです。

しかし、例えば「時間がないから今回はプレゼントだけね」と省略した場合、プレゼントに愛情を感じるタイプだと良いのですが、それ以外のタイプの方には愛が届きません。
そもそも上記のいずれにも魅力を感じず、別の種類の愛情を欲しがるパートナーもいます。

日常生活でも、この「お互いが好む愛情表現」を理解していないがために、誤解や行き違いが生じ、喧嘩の種になってしまうケースが後を絶ちません。
ぜひ早い段階でお互いが何を望んでいるか情報交換することをおススメします。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.

 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード