andrew-le-uggEzuTP7Xk-unsplash_s

「パートナーに自分の意見を言うことができなくなった」という方がいらっしゃいます。

相手の意見にちょっとでも反論めいたことを言うと相手の機嫌が悪くなったりケンカになったりするため、それを避けるために、自分の意見を言わず同意してしまうのです。

ある方は「相手の意見に合わせてばかりいたので、自分がどうしたいのかわからなくなってしまった」と語っていました。

「自分の考えや気持ちがあるから辛くなる。いっそのこと、それらをなかったことにしてしまおう」
このようなやり方は痛みを感じないようにするための防衛本能の一種ですが、自分らしさがどんどん失われ、喜びや楽しさなども感じにくくなってしまいます。

もしも、あなたが、「最近、楽しさや喜びを感じられない」「自分は何のために生きているのだろう」と思うことが増えてきたならば、自分の心の声に耳を傾けてみてください。

パートナーを刺激せず、穏やかに自分の声を伝えるためにも、「自分が本当に望んでいるものを自分が把握している」ということはとても重要です。

もしも、長らく自分の声を無視してきたので、自分が望んでいるものがわからなくなってしまった場合は、練習でうまくできるようになりますので、ご相談くださいね


<パートナーシップ構築講座 公開しました>
Udemy、4月8日まで新年度スタートセール実施だそうです。
ご興味ある方、お急ぎください。