gabriele-diwald-Kwi60PbAM9I-unsplash

「謝罪」というものは、さっさと済ますものではなく、きちんとステップを踏むことが大事だと思うのです。

「どうしてこの謝罪は心に響かないんだろう…」という謝罪は、被害を受けた相手の状況を理解しようとしていないように感じます。

「だって〇〇だったんだから仕方ないじゃない!」
などと、そうせざるを得なかった言い訳を一方的にされたりすると、いくら「悪かった」と口では言っていても、こちらは釈然としません。

もうさんざん聞き飽きた「誤解を招いたとしたら申し訳ない」も同じです。
これっぽっちもこちら側に寄り添うつもりが見られないので、よけい頭にきます。

「相手に何が起きて、どんな気持ちになったのかを、やっちゃった側が理解した上で謝罪すること」

これが謝罪の鉄則なのでは?と思います。

「やってしまった」という居心地の悪さからさっさと逃げ出すために、「ごめん」と言い切って終わりにしたい気持ちもあるでしょう。

また、自分にとって耳の痛い話をさらに聴くのは、勇気のいることだと思います。

でも、
それができるのが「精神的成熟=大人」ではないでしょうか。


【コーチング受けてみませんか?】

現在、新規クライアントを募集しています。
それぞれ、お試しコースがあります。

●パーソナルコーチングを受けてみたい方
●夫婦関係のコーチングや個人トレーニングを受けてみたい方
夫婦・カップルの関係性<個別相談>

リンクで予約サイトへ飛びます。
ご都合の良い日時を選んでご予約ください。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2021 Karika Coaching All Rights Reserved.