このブログでは、主にジョン・ゴットマン博士の研究結果や
関係性のコーチングの智慧を元に、
離婚を予測させる夫婦の特徴や、
どうしたら破綻を避け、関係性の達人に近づけるかについてお話しています。

ゴットマン博士はご自身の研究結果により、
カップルや夫婦の会話を15分間観察しただけで、
その二人が結婚生活を維持できるかそれとも別れるかを
91%の確率で予測できるそうです。


この傾向は、国籍や宗教、性別(異性婚か同姓婚か)を超え、
破綻にいたる夫婦・カップルの一定の傾向であるといいます。

しかし、91%の確率で離婚を言い当てるということは、
100%ではないわけです。
これらの傾向に当てはまるからといって必ず離婚するわけでもなければ、
当てはまらないから絶対大丈夫と言えるわけでもありません。

100組のご夫婦・カップルがいれば、100通りの悩みや事情があります。

世の中にある「関係性の智慧」を学ぶと共に、
自分たちはどのような夫婦になりたいのか、
今、何が問題でどうしていきたいのか、
自分たちの答を探して欲しいのです。


ご夫婦は、もともと創造性とリソースにあふれ、自ら答を見つける力を持っています。

自分たちが今どんな風になっているか、
何が起きているのか、
お互い、どのように思っているのか。

夫婦のコーチングは、お互いの関係性を見える化し、
安全に本音で向き合う時間と空間を作るお手伝いをします。


いきなり2人で話し合うのは抵抗がある・・・という方は、ご相談くださいね
一緒に考えていきましょう。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個人セッション体験はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)