3474175_s

先日、4か月にわたりコーチングを受けられていたご夫婦が卒業されました。
コーチングを受けてみてのご感想をうかがってみました。

4月ごろは、この関係はどうなっちゃうんだろう、
Iさん(夫)からは拒絶されてるように感じるし、
話をしようとすると喧嘩になるし、この混乱状態を
収める方法があるのだろうか?という不安でいっぱいというか
不安しかありませんでした。

それから3か月、2週に1回のセッションは、
平田さんに6回目と聞いたときにあれ?私の中では
4回目くらいだけど~?と思うくらいに、あっという間で、
今は、このやり方であれば、二人でやっていけるかな、
という安心感と希望を持つことができています。

(中略)

お互いがお互いのことを大事に思う気持ちが
すれ違っていたところを、地ならしして、伝わるやり方を手に入れた、
だからこれからはそれを使ってやっていけばいいという
安心感を手に入れたと感じています。

過去を思い出しても苦しくならない、
トリガーを理解して、それを引かないように依頼ができるようになった、
Iさんの愛情言語で接することとその大事さを学んだということでは
理解もしているし、変化もあったと自分では思っています。
(T・Sさん)


始まる前は、このコーチングを通じて、S(妻)が変わってくれて、僕にとって望ましい状況になればいいなあ、とどこかで思っていたような気がします。
だけど始めてみると、自分が変化していくのを感じ、そこが面白く、興味深い収穫でした。
(僕は自分自身を揺り動かすような刺激を求めるタイプなのだと思います。)
今後は、きっと、今までよりも上手にコミュニケーションをとり、よりうまくやっていけるような気がします。

(中略)
今後は僕のほうが理解している部分があれば、「平田さんが言っていたことはこういうことだと思うよ。」と平田さんをネタとして使いながら、うまくやっていきたいです。
一方で、家事や感情の把握など、明らかに僕の方が不得意な分野については、まあ、傷つかずにやっていきたいと思います。

ということで、一応は夫婦の危機はとりあえず乗り越えられたように思います。とても感謝しています。ありがとうございました。もっと多くの夫婦が、大きな問題を抱える前にカジュアルにコーチングを受けられるような世の中になったらいいですね。
(T・Iさん)


毎回、セッションの後で「ここがまだ納得いかないです…」と、しっかり消化しようとする努力家のお二人でした。

自分の気持ちに正直になり、お互いのものの見方、感じ方、考え方の相違点を良い/悪いではなく、ただ「違う」と認める。そして、違っていてもお互いが目指しているものは同じものだと気づく。お二人のコーチングは、そんなプロセスでした。

「あきらめない。とことんやり抜く」という強みをもったお二人。
私も祝福の気持ちでいっぱいです!


さて、クライアントご卒業に伴い、1組新規で募集いたします。


夫婦関係は学術的にも研究されており、どのような要素があると二人の関係が破綻するのか、それを回避するためには何をすべきかが明らかになっています。
コーチング、受けてみようかな、話を聞いてみようかなという方はぜひご連絡ください。
(現在、すべてのコーチングをZoomで行っています。)





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2020 Karika Coaching All Rights Reserved.