前回に引き続き、関係性に致命的な傷を負わせる4つの毒素について。

ここまで非難」「侮辱」「防御についてお話してきました。
今回は
「逃避」について


◆逃避

非難⇒侮辱⇒防御の応酬が続くと、人はその場から逃げ出したくなります。
物理的に逃げることをしないとしても、無視したり、
心ここにあらずの状態で無表情、無言になるのも逃避行動の一種です。

<例1>
何の連絡もせず朝帰りした夫が、妻からの非難・侮辱を浴びている間、新聞で顔を隠す。
それでも妻が否定的な会話を止めない場合は、聞こえていないかのようにテレビをつけ、見入る。

<例2>
あまりにも頭にきて、言葉で伝える気も失せ、無言・無表情のまま、家事や仕事をする。
何を話しかけられても無視する状態。
思いっきり音を立ててドアを閉め、部屋に篭る。

 「非難/侮辱」→「防御」・・・のサイクルが止まらなくなると、
どちらか一方は(場合によっては2人とも)完全に逃避し、自分の殻にこもります。

そして、この感情の爆弾から身を守るために、相手と感情的な関係を絶つようになります。
これが家庭内別居、離婚へと続くのです。

 


無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個人セッション体験はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)