昨年秋にかなり深刻な夫婦ゲンカをしまして、夫と何度か話し合ったことがありました。

話し合いの中で、ずれないように気をつけていたのは

「相手がこんな風になっているのは何があるのかを知ること」
「自分がこんな風になっているのはどうしてなのかを相手にわかってもらうこと」

ドキドキしながらもできるだけ冷静に、ヒートアップしそうになると深呼吸しながら、丁寧に話をしたように思います。

cc92dec52668e81a37e9361a11a574e1_s


人が自分の立場を譲らないときって、実は背後にその人にとって深く大切な意味合いが隠されています。
その人にとってとても大切な願いや信念、価値観といったものです。

例えば、子どもが病気のときに夫婦どちらが仕事を休むかでもめている場合、恐らく「休暇を取れるかどうか」そのものだけが問題なのではなく、家庭内での主導権や影響力、尊厳や自由などが問題である可能性があります。

スッキリ問題解決できなかったとしても、「大切なものを尊重された」、「理解してもらえた」と思えるだけでずいぶん心持ちは違うはずです。

でも実際はこれがとても難しい。

理由は2つあると思っています。

1つは、お互い感情的になっていて、冷静に相手の願いを聞き取る状態にないから。
相手を理解し相手に理解してもらうためには、自分の感情をある程度上手になだめた上で、適切に表現する力が必要になります。

そしてもう1つは、自分自身も自分の本当の願いに気づいていないことが多いから。
相手の言っていることややっていることに反応して気持ちが高ぶりますが、どうして自分がそこまで反応してしまうのかを瞬時にわかりやすく説明するのは簡単ではないのです。
自分と向き合い、自分の感情の奥底にどんな願いがあるのか、どんな大切なものがあるのかを探し出す力が必要になります。

この2つの力が備わっていてはじめて、安全にそれぞれの意見の落としどころを見つけることができるようになると思います。

そもそも、折り合いのつけ方って、親も学校も教えてくれませんよね。
でも、これ、生きる上でとても大切なことだと思っています。
私も先の大ゲンカでは、頭の中でステップを確認しながら話し合っていました。

今月末の講座では、この「折り合いをつけるために必要な力」についてお伝えします。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.