夫婦関係をより良く維持するためのアドバイスとして一番に挙げられるのが「相手の話にしっかり耳を傾けましょう」ですよね。

ですが、これ、そんなに簡単ではないですよね。
特に、関係がギスギスしている段階では。

1d1beea69619e5dd65d9167e36c1daa0_s

ということで、私のところに相談に来られる方に「傾聴してください」とは言いません。
理由は以下の3つです。



その1:自分に対する不満を冷静に聞き続けることは難しい

パートナーの不満や愚痴に思慮深く耳を傾ける。
共感し、気持ちや考えを受け入れる。
自分の意見を脇において、冷静に深く、相手のために積極的に話を聞く。
これが傾聴の姿勢です。

それが仕事や他人についてであればなんとかチャレンジできると思います。
(傾聴の経験がない方は少々の訓練は必要かもしれませんが。)

しかし、相手の話の内容が「あなたへの非難」である場合は?

私のような第3者が傾聴するのと、当事者であるあなたが「自分たちの関係について」傾聴するのとでは、難易度がまるで違います。

訓練を受けたプロの私でさえ、夫から私への非難を「傾聴」するのは、恐らく無理です。
冷静にそうかそうかと傾聴し続ける自信がありません。


その2:聞いてもらった側もスッキリせず聞いた側もモヤモヤが残る

人って自分のことをわかっているようでよくわかっていません。
自分の本当の気持ちや願いをいつもはっきり自覚している人は稀です。
ほとんどの場合、本心が少し曲がった形でリクエストされます。

例えば、

「私はあなたと一緒に生きていきたいの。
家族という実感を感じながら共に子育てしていきたいの。
そして、自分のことも大事にしながら生きていきたいの。
でも、今、目の前にやらなくちゃいけないことだらけで、時間も思うように使えないし、子供に翻弄されて、自分をすり減らしている気がするから
精神的にも実務的にも支えて欲しいの。」


ということを伝えたいのに

「どうしていつも遅いの?
『ごめん、今日残業』ってメッセージ送り逃げじゃん。
こっちはさ、トイレも行けないような状況で詰めて仕事してさ、
帰る時も周りに「お先にスミマセン」ってぺこぺこ頭下げてさ。
会社を出たら出たで戦争なのはわかってるでしょ?
もう、ほんとに何度言ったらわかるの!
私だけの子どもじゃないでしょ?」


なーんて言葉が出てきてしまうこと、よくありますよね。

このような言葉を聞いて、
「よしわかった。明日から残業しないで帰ってくる!」
と宣言し、実行する人はあまりいないでしょう。

むしろ、
(まいったな。
こっちだって大変なのに自分ばかり大変な目にあってる口ぶりだな。
いずれにせよ今度からもう少し低姿勢でメッセージ送らないと。)

という心の声と共に、なんとなくモヤモヤが双方の心の中に残るのではないでしょうか。

この辺りの話は

「いきなり話し合い」をおススメしない理由

カテゴリーにも書いてありますので、気になる方は一度読んでみてください。


その3:傾聴は夫婦関係を成功させるものではないという研究結果が出ている

ゴットマン博士は650組の夫婦を14年間追跡調査した研究から、傾聴は結婚生活を成功させるものではないという結論に至りました。
傾聴をしている夫婦でも、それが彼らの結婚生活を幸せに永続させるものではなかったからです。

逆に、より良い関係を維持している夫婦の多くが傾聴を全くしていないということもわかりました。(彼らはいつも相手と仲が良い夫婦というわけではなく、相手に腹立たしい感情を持つこともある夫婦です。)


以上、傾聴を積極的にはお勧めしない理由を書きましたが、傾聴がどんな場合でも効果がないとは思っていません。
お互いが4つの毒素を使わずに穏やかに話ができるのであれば傾聴自体はもっと簡単になりますし、「自分たちの関係性以外の話」を聴いてあげることは、より良い夫婦関係のために有効であるという研究結果も出ています。


ということで、「相手の話を聞けって言われるけど、いきなり文句言われるし、できないよー」とお嘆きの方、上手くできないのはあなたのせいではありませんし、できなくても夫婦円満への道はありますので、どうか気を落とさないでくださいね。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.