昨日はとあるイベントで幸福学の権威である慶応大学の前野教授のお話を伺う機会がありました。

前野先生曰く、幸せは

第1因子:自己実現と成長
第2因子:つながりと感謝
第3因子:前向きと楽観
第4因子:人目を気にしない


の4つの因子で感じられるそうです。

詳しくは先生の著書
幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書) をお読みいただきたいのですが、夫婦関係において幸せを感じるのも、全く同じ因子だなと。


自分のありたい姿に成長していくためにパートナーは一番身近な理解者であり、「自分がどんな夫婦でいたいか」も、ある意味自己実現ですよね。

またパートナーとの関係性をより良く維持するためにも人は成長を余儀なくされます。(第1因子)

そして、第2因子の「つながりと感謝」は説明するまでもないと思います。

また、関係性は日々変化していくもの。様々なことが起こりますが、人間万事塞翁が馬。何が良くて何が悪いか一体誰がわかるというのでしょう。
夫婦関係に起きる問題の69%は解決できない問題です。
皆さんのご夫婦だけが問題が多いわけじゃないんです。大丈夫!(第3因子)

そして、「人目を気にしないで自分らしく」。
これを一番実現しやすく、安心してオープンにできるのは、紛れもなくパートナーの前なのではないでしょうか。
(第4因子)

ちなみに、私はこうして、夫婦関係のことについて書いたり、話したりしているとき、ものすごく幸せを感じます。
私にとって、4つの因子がすべて詰まっているのでしょうね(笑)


6d2ceceab7cab5ffa09a2b262fe5cba8_s



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2016 Karika Coaching All Rights Reserved.