クリスマスに向けてワシントン大学名誉教授のジョン・ゴットマン博士(ワシントン大学名誉教授)が記事を書かれていますのでご紹介します。
ゴットマン博士らしいユーモアに溢れた温かい内容です。

皆さんのパートナーとの関係性が、
このクリスマスをきっかけに愛に溢れるものとなりますように。

3a13f11f21b786c526c3dc548df31954_ss
 

このホリデーシーズンに、私達は、願うこと、信じること、そして何よりやり直すことができる
-ジョン・ゴットマン 2015.11.25

ホリデーはいつもストレスが溜まります。なぜでしょう。そしてホリデーのお祝いにつきものの大きなストレスを鎮めるために、何ができるでしょう。これからお話ししましょう。

毎回のホリデーシーズンのデザインは、お決まりの願いごとの繰り返しです。ホリデーになると、願いについて考え直し、新たなチャンスを手に入れようという気にさせられます。

いくつかの願いは実際には計画的にホリデーシーズンに組み入れられています。愛で憎しみを打ち負かせますように、排外思想を捨てて忍耐力を持てますように、皮肉な言動より哀れみを、妬みより与えることを、欲より他人のためになることを、大事にできますように。

はいはい、わかってます。ブツブツ。

でも奇跡はあります。毎年ホリデーは、奇跡が実際に、頻繁ではないけれど時々起こることを、思い出させるようにできているのです。望みを持つこと、もう一度信じること、そして何より自分たちが個人的にやり直せることを思い出させてくれます。間違いを許してもらえること、世界は最後には私たちに大きな翼を広げてくれることを、信じることができます。

何より、最後には「大きなリセットボタン」を押してまっさらな状態からやり直せると、願うことができます。なぜこの季節にストレスが多いのかというと、「大きなリセットボタン」というその最後の望みを、私たちがあまりにたくさん必要とするからです。

私達は願います。人生の悪いパターンが落ち着きますように、間違った回転が自然と正しくなりますように、過去の痛みが奇跡のように消えますように。感謝祭に感謝の心を育てたから、今年のたくさんの失望をくよくよ考えなくなりますようにと、切望します。クリスマスの愛がたっぷりと、緊張感なく広がりますように。なじみ深く美しい季節の歌を歌うことで私たちがついに一つになれますように。送り合うプレゼントが絶望をかき消しますように。ごちそうが、お腹だけでなく、私たち皆を明るい愉しさで満たすしますように。ただ一緒にいるだけで、すべてに向けた本物の良い意志が生まれるますように、と強く願います。

しかし心配が、願うことを止めさせるのです。

メリーゴーラウンドに真鍮の輪がぶら下がっていなかったらどうしようと心配するのとちょうど同じように、季節が回って「大きなリセットボタン」も幻想と化してしまうのではないか、望むことの奇跡は誰かが作った物語なのではないかと恐れます。恐れは望みを断ち切り、そして「大きなリセットボタン」は霧の中に消えてしまうのです。

私達はパリでの虐殺を目撃して、驚愕しています。今やすべての難民に対して心を閉ざすことを正当化されていると、決めてしまいます。私たち自身だって難民が作った国だというのに。ヨーロッパで水平線の向こうに手を伸ばしている難民の家族から目を背けることを、正当化されたように感じてしまいます。これらの難民が恐怖の中で逃げ惑い、みな私達と同じリセットボタンを押したいと切に願っていることを知っているのに。私達は目を閉じて、彼らは自分たちとは違うのだと決めてしまうのです。

宗教的な非寛容による恐ろしい犯罪を目にして、自分も同じように非寛容であることを正当化し、自分たち自身の安全に対する原始的な恐れで歯をくいしばりながらこの季節に入ることを正当化してしまうのです。恐れによって氷のように固まった心でホリデーシーズンに入ってしまいます。だから、願いごとは本物でなく、プレゼントをもらっても氷の心が溶けることはなく、プレゼントを贈っても心はうつろで空しいままだと、わかっているのです。

私達は愛されなくなることや、もっと悪いことに、愛せなくなることを恐れています。自分の人生に実際にはなんの意味もないということ、大きなリセットボタンなどないこと、偽物のお祝いのがれきの山を片付けたあとの唯一のリゾートが、失望に対して武装し、他者を苦しめることに無感覚になるような冷笑的な場所への後戻りであることを、恐れています。(クリスマスキャロルの)スクルージになるのが怖いのです。

どうしたらよいのでしょう。以前、ダライ・ラマが「ただ一つの道徳的な義務は、周りの人への哀れみを増やすことだ」と話すのを聞いたことがあります。よく見れば、主だった宗教的な伝統はすべて、愛、哀れみ、許し、という同じメッセージを持っています。だから私からのアドバイスは次の通り。このホリデーシーズンに一人になる時間を持ち、2つのことをしてみてください。

  1. この世であなたにとって大切な人を、すべて書き出します。そして自分に問いかけます。「今すぐ、この一人一人に、もっと愛されていると感じてもらうために私ができることを1つあげるとすればはなんだろう」そしてリストにあがったことをすべてしてください。
  2. これから取る新しい道について考えます。その道は今歩いている道とどう違うのか書き出します。そしてさあ、大きなリセットボタンを押すのです。

来年振り返ったときにこんな風に思えるよう、これをやってみましょう。
「2015年は、私の人生がすっかり変わった年。なぜならあの年についに大きなリセットボタンを押したから。あの年に、私は本当に愛することを始められたから。」と。

 
(翻訳:夫婦ラボ研究員 廣島由美子)