関係性のコーチングで目指しているところはいくつかあるのですが、
まず最初の小ゴールは

【こんがらがった糸をほぐして、実際は何が起きているのか、見やすくする】 


ということです。

思い込みや誤解、見えていないもの、無かったことにしていたものなどがここで判明していきます。


その上で

【どうしていきたいのか、二人の声をすり合わせて合意する】
 
ということを行ないます。


ここは、単なる口約束だけでなく、行動に落とし込んでいただくようコーチから要請します。
(コーチングは「気づいて終わり」ではありませんので。)

ですが、ここでコーチングが終わってしまうと、二人に新たに問題が生じたときには、いつもコーチが必要になってしまいますよね。

ですので、お二人には同時並行で「上手な関係性の作り方」を学んでいただいています。
これはズバリ「上手な対立の収め方」です。
(なので、このブログは「上手な夫婦喧嘩の仕方」というタイトルなのです。)

上手な対立の収め方には2つのアプローチがあります。

・関係性に致命傷を負わせないような意見のすり合わせ方を学ぶ
・対立が大きな衝突となったとしても関係の修復費用に当てられるように、日常の信頼預金の蓄え方を学ぶ

実は、この後者を「実際に体験してみる」ワークショップが8月29日(土)にあります。

会場は身体にやさしいお食事を提供してくださる「食とセラピー ていねいに、」さん。

夏の夜、お二人でお散歩がてらにいかがでしょうか?
帰り道、ちょっと手をつなぎたくなるかもしれませんよ。

詳細・お申し込みはこちら


98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.