人気ブロガーのkobeniさんから夫婦コーチングについてのインタビューを受けたことがあったのですが、その前編・後編が公開されています。
(この記事を書いている時は前編のみ公開。)

共働きの夫婦ゲンカはなぜ起きる?
夫婦コーチング平田さんインタビュー(前編)

 
さて、私が一番注目したのは、
自分の職場での男女差別がだだ漏れしちゃったことでもなく、
記事後半でkobeniさんが「ひぃぃぃぃぃ」を繰り返しながらどんどん引いていくことでもなく、
間にさりげなく入れられた挿絵の説明文でした。

我が家では「もうケンカは終わり」の合図にアスカさんを机に置く。
というルールをつくったことがありますが・・・
たぶん夫は忘れている・・・ 

これは、素晴らしいルールですので、ぜひ夫さんに思い出していただきたい。

ちょっと補足すると
「もうケンカは終わり」というか「ちょっとケンカは停戦」で構いませんので。


ワシントン大学名誉教授ジョン・ゴッドマン博士の研究結果の中に、喧嘩がヒートアップすると、心拍数が上がったり、ストレスホルモンが増加したりして、生物学的に冷静な判断ができなくなるというものがあります。
戦闘状態と判断され、脳の血流が変化しちゃうんだそうです。 

この状態で喧嘩を続けていても、視野は狭く、相手の声をしっかり聞ける状態ではありません。
ですので、とにかく「停戦」がおススメなのです。

この時、いちいち停戦について説いたりするのは面倒だし、また喧嘩になるので
あらかじめ決めておいたサインを出すのが有効です。

kobeni家でいう「アスカさん」ですね。

もちろんハンドサインでも有効ですよ(`・ω・´)ゞ





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.