2017年04月

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

4つの毒素がアニメになりました!

関係性の智慧について、どうしたら多くの方に知ってもらえるだろうか、悩んでいる人の元に届くだろうかと常々考えています。

わかりやすく伝える
記憶に残るように伝える
そして、特に
パートナーに共有しやすい
という点に工夫の余地はないか、ずっとずっと考えていました。

動画を利用するというのもその工夫の1つなわけですが、ずーっと前から「やりたいやりたい」と思っていたアイデアがとうとう形になりました!!




面白いなと思ったら、お近くの方にシェアしていただけたら嬉しいです。

さてさて、春の研修シーズンも落ち着いてきましたので、どんどん動画を作りたいなと思っています。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2017 Karika Coaching All Rights Reserved.

夫婦間のやり取りを観察してみる

夫婦の関係って当たり前すぎて、日頃自分がどのような顔でどのような言葉を発しているか、あまり自覚がないですよね。
ところが、第三者としてご夫婦のコーチングに立ち会うと、コミュニケーションの特徴がとてもよくわかります。

ジョン・ゴットマン博士の研究によると、安定した幸せな夫婦関係の二人と離婚の可能性の高い夫婦とではコミュニケーションに大きな違いが見られるそうです。


対立時における夫婦間のやり取り


例えば、対立時に二人の間で交わされるポジティブなやり取りとネガティブなやり取りの比率。

離婚の可能性の高い夫婦はポジティブよりネガティブなやり取りがやや多いのに対し、安定した関係の二人はポジティブ5に対しネガティブ1でした。

言い争っている最中でさえ、安定した夫婦はジョークを飛ばしたり愛情を示すなどポジティブなやり取りが圧倒的に多いのです。

ちなみに、彼ら安定した夫婦の平常時の比率はポジティブ20:ネガティブ1。

幸せな結婚生活を送りたければ、ポジティブなやり取りを増やし、ネガティブなやり取りを減らすことが大切ですね。

さて、ポジティブなやり取りを増やすためにできることはたくさんありますが
まとめると
・相手が好きなもの、興味のあるものなどについての情報を収集する
・ユーモアを交えて話すなど、表現の幅を身につける
・問題と相手の人格を切り離し、相手への愛情や興味を示す

ネガティブな発言を回避するには、
4つの毒素に気をつける
・相手の苦手な部分への見方を変える
といったところでしょうか。

夫婦間のコミュニケーションの質は、子供にも伝承されがちです。
もしもネガティブ多めだったら要注意。
日頃二人がどんなやり取りをしているか、ちょっと観察してみてくださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2017 Karika Coaching All Rights Reserved.
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード