2015年05月

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

離婚サイン出現度をチェック!

こんなものを作ってみました。

無料で診断ができます。
よろしければお試し下さい。

離婚サインチェック

ファーストアンサー2





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.


 

「夫とつながってるな」と思う瞬間

「向き合う」ということについて、以前こんな記事を書きました。

相手がつながろうとした時のあなたの反応はどれ?


私たち夫婦について「私たち、今、つながってるな」と感じる瞬間は多々ありますが、一番私たちらしいなあと思うのは「私がくしゃみをした時」。

私はくしゃみをすると一度で止まらずに、何度も何度も連発してしまうのですが、私がくしゃみをする度に、まるで餅つきの合いの手のように夫が「はーっくしょん!」と掛け声をかけるのです。
たとえ私が洗面所で、夫が台所にいたとしても(笑)

e4be66a258a32d74bbaece4237bb4df8_ss

別に、私は夫とつながろうとしてくしゃみをしているわけではないのですが、夫はつながるタイミングを楽しんでいるんだろうなと思います。 

昔は「からかってる?」としか思いませんでしたが、関係性について学んでからは、このやり取りをこの上ない幸せに感じます(*^^*)

 



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.
 

その生き物の健康状態はいかがですか?

先日のkobeniさんのブログ記事を読んだ方から、いろんな反響がありました。
本当に夫婦の状況は様々ですし、要因も様々ですので、「こうしたら絶対上手く行くよ!」という処方箋はないのですが、「こういう風に捉えてみては?」というアドバイスならSNS上でもできます。

例えば。

 
(ぷーぎぃさんには許可をいただいて掲載しています。)


夫婦のコーチングでは、よく夫婦を1匹の生き物に例えたりします。

ぷーぎぃさんご夫婦の今の状態は、雪山(変えられない外部環境)で足が凍傷になっている(妻が痛みを持っている)んだけど「だってしょうがないだろ。どうしようもないだろ。」って上半身が言ってるような感じだなあと思いました。

もちろん、その逆の可能性もあって、
もしかしたら、上半身は上半身で、ものすごい偏頭痛に悩んでいて、でもそのことを口にしないから足は知らない、なんてことが起きていないとも限りません

「夫婦は運命共同体」とか「一体である」って話、披露宴の説教めいた祝辞で言われることがありますが、すぐ忘れちゃうんですよね。(説教めいているから尚更、右の耳から入って左の耳から抜けていくのかも。)

ですが、これは大事な概念です。
「運命共同体」がクサければ「夫婦はチーム」でも構いません。
要は共通のアイデンティティを持ち、好む好まないに関係なく相互に影響しあう関係です。

どんな状態のご夫婦でも「今のありのままの姿」を見ることは大切ですね。
そして二人が、今、起きていることを自覚する。
ここからだと思います。



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

育休からの復職に向けてコーチングを受けられたご夫婦

先日、1組のご夫婦のコーチングが完了しました。

「育休から妻さんが復帰する前に、家事育児やお互いの働き方などについてすり合わせをしたい」というのがコーチングを希望される理由でした。

最初にお二人にインタビューを行い、「明らかになりたがっている夫婦の姿」にあたりをつけながら、ワークをチョイスし、コーチングを組み立てていきました。

そして、コーチング後のお二人の感想です。
(妻さんからは、あらためてメールで感想をいただいた関係で字数が多くなっています。)

結婚から妊娠・出産・仕事復帰まで、約2年の間に夫婦の関係や時間の使い方などが目まぐるしく変化している中で、口数が少ない夫の考えをもっと知りたい、自分のことも理解してほしいと思い、コーチングをお願いしました。

セッションの中には気恥ずかしい場面もありましたが(笑)、コーチングを通じて相手が自分のことをどう見ているのかを知り、自分がこれからの夫婦のあり方をどうしていきたいのかを考えて、それを共有することができました。情報を共有したり、感謝の気持を伝えたり、ある程度できていると思っていたことも、ワークを行うことで普段とは違うアプローチでスッと理解が深まったりするものなんですね。ワークで用いた手法は、家に帰ってからも夫婦の共通言語になりました。
 
いくつかのワークを通じて「自分」「相手」「夫婦」という3つの存在について理解することで、気持ちが先行して上がっていた肩を少し下ろして、リラックスして関係性を捉えられるようになりました。まだまだ夫婦として先が長いので、これからも関係性をメンテナンスしながら自分たちが思い描く「夫婦」「家族」でいたいと思います。
(妻さん)

普段はあまり意識して言葉にしていないようなことを、うまく引き出して頂いたと思います。
夫婦関係+子供との関係をこれからも帰るところは変えつつ、変えないところは変えないでやっていくための良い体験でした。
毎日の生活でも、意識して取り組んでいきたいと思います。
(夫さん)  

はじめはコーチングに前向きでなかったという夫さん。
ご自身でも口下手とおっしゃっていましたが、得意な分野も駆使して楽しみながらコーチングを受けてくださいました。

そして私は、妻さんの以下の言葉がとても印象に残っています。

「自分のことを全部わかって欲しいと思っていたけれど、その必要がないんだと気がつきました。
『私たちの国』に必要なものを持ち込めばいいんだと思ったら、すごく気が楽になりました。」


これから毎年の結婚記念日にはメンテナンスのためにコーチングを受けたいとのこと。
私もご夫婦、そしてご家族の毎年の成長を拝見できるのがとても楽しみです。


d84740fe17a00f5e31e6f42349fbcf06_s




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

kobeniさんちのアスカさんの役割

人気ブロガーのkobeniさんから夫婦コーチングについてのインタビューを受けたことがあったのですが、その前編・後編が公開されています。
(この記事を書いている時は前編のみ公開。)

共働きの夫婦ゲンカはなぜ起きる?
夫婦コーチング平田さんインタビュー(前編)

 
さて、私が一番注目したのは、
自分の職場での男女差別がだだ漏れしちゃったことでもなく、
記事後半でkobeniさんが「ひぃぃぃぃぃ」を繰り返しながらどんどん引いていくことでもなく、
間にさりげなく入れられた挿絵の説明文でした。

我が家では「もうケンカは終わり」の合図にアスカさんを机に置く。
というルールをつくったことがありますが・・・
たぶん夫は忘れている・・・ 

これは、素晴らしいルールですので、ぜひ夫さんに思い出していただきたい。

ちょっと補足すると
「もうケンカは終わり」というか「ちょっとケンカは停戦」で構いませんので。


ワシントン大学名誉教授ジョン・ゴッドマン博士の研究結果の中に、喧嘩がヒートアップすると、心拍数が上がったり、ストレスホルモンが増加したりして、生物学的に冷静な判断ができなくなるというものがあります。
戦闘状態と判断され、脳の血流が変化しちゃうんだそうです。 

この状態で喧嘩を続けていても、視野は狭く、相手の声をしっかり聞ける状態ではありません。
ですので、とにかく「停戦」がおススメなのです。

この時、いちいち停戦について説いたりするのは面倒だし、また喧嘩になるので
あらかじめ決めておいたサインを出すのが有効です。

kobeni家でいう「アスカさん」ですね。

もちろんハンドサインでも有効ですよ(`・ω・´)ゞ





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

信頼関係ってどうやって築く?

3月下旬の新入社員研修で始まった研修ハイシーズン。ようやくゴールが見えてきました。

4月下旬以降は主に新人指導者研修を行なっています。
仕事の教え方、指示の仕方、褒め方などを講義しますが、一番熱くなってしまうのはやはり「関係性について」

「信頼関係ってどうやってできていくと思いますか?
 時間が経てば何となく・・・?
 飲みに行けばいい?そうしたら日本中の職場は信頼関係バッチリですね!(笑)

 信頼関係は何となくできるものでも、時間が経てばできるものではなく
 
意識して計画的に作っていくんです!


↑ ここ、大事なのでアンダーライン引いといてくださいね(笑)


実は職場の人間関係も家庭の人間関係も、関係性の作り方は異なるものではありません。

企業研修でもご夫婦のコーチングでもお伝えしているのは、「相手に興味を持ってください」ということ。
学生時代の親友がそうだったように、お互いの情報を集め、理解しあうことが第1歩です。

 
photo (3)
まあ、夫婦の場合、いきなり信頼関係を・・・と言っても、何をしていいのかわからなかったり、
改まっちゃったり、気恥ずかしさが先にたつと思うので、
カードを使いながらゲーム感覚で行なったりします。

夫婦の関係は年数が長くなるので、職場の人間関係に比べて、よりメンテナンスが必要となります。
このメンテナンスさえ行なっていれば、対立が起きた時、「いきなり話し合い」をしても安全です




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード