2014年12月

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

お互いの心をつなげるレッスン(2)

今月からまた1組、新しくご夫婦のコーチングが始まりました。
早速いろいろなことがお二人の中で起きているようです。

ご夫婦のコーチングとは言え、自分自身をまず知ることはパーソナルコーチングと同じです。
薄々感じていたこと、無かったことにしたいこと、新しい発見など、
自分と向き合い認識した上で、良い悪いではなく、ただただそれを二人で包んでいく、
そんなプロセスです。

世界中どこにいっても同じものはない、お二人だけの世界がそこにあります。

そんな空間にコーチとして立ち会わせていただくことが何よりも嬉しいです。

余談ですが、
「コーチングやりたい」と言い出したのが女性であれ男性であれ、
連れて来られたパートナーは、最初はよくわかっていなかったり、仕方がないなあ〜という感じだったりします。

でも、始まってみると、これ面白い!と前のめりになるのは連れて来られたパートナーの方だったりします。

いきなり「コーチングしようよ」ではハードルが高いと思いますが、「ちょっとインタビュー受けてみない?」くらいの気軽さがいいみたいです。

インタビューを受けられた後、お二人の関係についてコーチからフィードバックをします。
コーチングを受けて、もっと二人の関係をより良くしていきたいかは、それから決めていただければ結構です。



490d78ff6767be142ead1cade36e9023_s



さて、前回の課題は実行していただけましたか?
お互いの心をつなげるレッスンです。
「ふーん」だけでは何も変わりません。
しっかり実行してくださいね。

では、次は二人の生活の中で楽しかったことを思い浮かべて一日を過ごしてみてください。
相手が目の前にいるときだけでなく、離れているときは相手を想いながら。
そして、楽しかったことについて1つ、メモを取りましょう。日記に書くのでも構いません。

ステップはまだまだ続きます。
1つ1つ実行していってくださいね。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2014 Karika Coaching All Rights Reserved.
 

楽しいはずのクリスマスが・・・

3a13f11f21b786c526c3dc548df31954_ss

ドイツに長く住んでいた妹夫婦によると、
ドイツの夫婦カウンセラーが最も忙しいのは「クリスマス直後」だそうです。

日本と違い宗教的な意味合いも深いクリスマス。
準備やしきたり、家のルールなど、様々な決まりごとがありそうです。

そして、家族や親戚も集まる時間・・・
二人が協力して事を運べるのであれば問題ないのでしょうが
やはり難しいようですね。


そして、日本はこれから年末を迎えます。
年賀状、大掃除、新年の準備・・・
旅行や帰省される方もいらっしゃるかもしれませんね。

「手伝わない」「寝てばかり」「文句ばかり言う」
いろいろと気ぜわしくなりがちな時期です。
 
せめて今のうちに、お互いの愛情の土壌を育てておきましょう。
お互いの心をつなげるレッスンです。

やることは簡単です。

まず手始めに、明日は一日、相手の「ここ好きだな~」という点を探して、心の中で唱えてください。
たとえ、喧嘩したばかりで相手のことを好きだなんて思えなくても、「私はパートナーが好きだ」と思い込んで探してくださいね。

次のステップはまた次回!




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2014 Karika Coaching All Rights Reserved.


 

妻の地雷がどこにあるのかわからない

昨日の記事を読んでくださった方とTwitterでやり取りしていて気がついたことがありました。

すべてのパターンがそうであるわけではないのですが、
男性側からの「ある事実」についての報告や連絡などが引き金になって、女性側がカチンときてしまうパターンがありますよね。

昨日の例だと「精算金額は○○円だったよ」ですし、そのフォロワーさんの場合は、「子供が好きなオモチャ買ったよ」 だったそうです。

その件で二人がもめていたのであればともかく、連絡内容自体には、なんら悪意も悪口も書いていないのに、女性側がカチンとくるケース、思い当たりませんか?

何の脈略もなく怒り出すので、男性側にしてみたら、「どうしてこの連絡でそんなに怒っちゃうの???」と戸惑うのも無理はありません。

では、その時、女性側に何が起きているのでしょうか。


女性の心の中では、その連絡が来る前から、あれやこれやの「不安」だったり「不満」だったり、ネガティブな感情がふつふつと水面下で渦巻いているのです。 
(そのネガティブな感情は事務連絡とは関係ないことによって起きていることがほとんどです。)

そして、その感情が「事務的な連絡」によって「この人、私がこんな状況なのに何もわかっていない!」という怒りとなって炎上してしまうのです。

(女性側にしてみたら、「自分がどんな気持ちか常に配慮せよ」という言い分かもしれませんが、人によって「現実をどのように捉えるか」という特性が異なり、ここに性差も関係していると思っています。長くなるのでこの話はまた別の機会に。)

本来、その「事務連絡」は悪さをするはずのない「ただの連絡」のはずなのに、非常に燃えやすい状況であったがために、引火してしまうのです。 
可燃性の高いものの近くで静電気が起きただけで爆発が起きるようなものですね。


a76b0e8fecc83ff69cd37bf121a18df7_ss


感情的に一杯一杯になってしまうことはよくあります。
しかし、自分の怒りの感情がすべて相手の責任で引き起こされるわけではありません。

相手の事務的な連絡にすらイラッとするならば、
それは相手が悪いのではなく、
あなたが既に気持ちの余裕を失っているということです。
その事実にただ気づいて、何らかの方法で自分に優しくいてください。

相手を責めることなく、ただ自分の状況をパートナーに聞いてもらうのもいいと思います。
残念ながらパートナーがその役割を負えないならば、友人や専門家の力を借りるのもひとつの手です。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2014 Karika Coaching All Rights Reserved.

話しているのに伝わらない

このブログを読んでくださっている方の多くは、日本語を母国語とするカップルの方だと思います。

「同じ日本語を使っているのだから、こちらが話していることは相手がちゃんと聞いてくれさえいれば伝わっているはずだ」

そんな前提に立っていらっしゃると思います。

ところが、残念ながら日常で関係がこじれているときって、メッセージの真意が正しく伝わっていないことが多いです。

例えば。



彼の急な転勤の話で遠距離恋愛になってしまうことになったAさん。
とにかく不安でどうしたらいいかわからず、この気持ちをわかって欲しいと彼にメッセージを入れるのですが、残念ながら彼は彼で引継ぎやら何やらで忙しく、なかなか会う時間が取れません。

そんな中、彼から、転勤の話が出る前にお願いしてあった、小旅行の精算金額の連絡が来ました。

彼女としては、自分の気持ちをわかって欲しいのに、このタイミングでお金の話ってどういうこと!!!と激怒してしまいます。
そして、そのままその怒りを彼にぶつけてしまいました。
彼は彼で、彼女がなぜ怒っているのか、わかったようなわからないようなで困惑しています。
 


お互いに、この関係を大切に思っているからこそ、忙しい合間に連絡を取り合っているのに
その真意が伝わらずに、表面の「何が書いてあったか」にだけ目が行き、感情が揺れてしまうんです。

恐らく、彼はお金を精算して欲しかったわけではないんですよね。
でも、本当に伝えたいことをそのまま表現できなかったので誤解を招いたのでしょう。
そして、Aさんも、彼の真意を掴み損なったまま、「何故このタイミングでお金の話!」と反応してしまったんだと思います。
097735s
本当に相手が伝えたいことは何か?
それはもしかしたら、メッセージを送っている本人も無自覚かもしれません。
でも、丁寧に耳を傾けていたら浮かび上がってくるのです。

相手が本当は何を伝えたかったか。
そして、自分が本当は何を伝えたかったか。

感情でがんじがらめになってしまうと、なかなか相手の声に耳を傾けることも難しくなってきます。
そんな時は、個別相談などもご利用下さい。
お話を伺うことで、絡まった糸を解くことができます。


 


無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2014 Karika Coaching All Rights Reserved.

取材協力・連載等

【情報誌】
 
●株式会社帝国データバンク『TDB REPORT 130号』(2014年10月27日発刊)
 特集「いまから考える女性の活躍推進」

●株式会社リクルートホールディングス『SUUMOマガジン』(2013年7月24日発行)
 夫婦円満 家探し必勝テク

●株式会社リクルート『ケイコとマナブ』お悩み解決&憧れ実現大作戦(2012年5月号)


【Webサイト】

●【結婚ってなんですかTV】
・関係性コーチングって?
・夫婦の問題はどっちのせい?
・夫婦が持つべき視点とは?  などについてお話しています。
http://youtu.be/6h4TNfZpPDM 

●DoDoDo HEADLINE WEB[ドゥ★ドゥ★ドゥヘッドラインウェブ]
他 連載中

●Woman type [ウーマンタイプ]

●株式会社日立システムズ
 中小企業経営者向けコラム 「組織の成功の循環モデル」

●とらばーゆ

●タウンワークマガジン



無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.

講演等実績

「夫婦」「家族」「組織」の関係性をテーマとした講演会やセミナーを行なっています。

【講演】
・公立小学校、公立幼稚園、私立幼稚園 各多数
・千葉市男女共同参画センター
・市川市男女共同参画センター
・女性活動支援系NPO法人 他


【職員研修、ワークショップ】
・東日本銀行、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 他、企業、官公庁、自治体、保育園等多数

組織を対象としたコーチングも行なっております。こちらからお問い合わせ下さい。

 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード