先日、夫婦・家族問題を専門に扱っていらっしゃる弁護士の先生とお話させていただく機会がありました。

「何故、夫婦・家族がご専門なのですか?」 
と伺ったところ
先生は
「一番小さい社会は家族です。なので、まずここからトラブルを無くしたいんです」
とおっしゃったのです。 

私と同じー!!!と思わず熱くなってしまいました。


私は夫婦仲の改善や傷つけあわない夫婦喧嘩伝授に情熱を持っていますが、単に「夫婦だけ」の関係を改善しているとは思っていません。

夫婦の関係が改善して、より良いコミュニケーションが交わされたら
その家庭で育つ子どもが他者と交わすコミュニケーションも良いものになると思っています。
何故なら、家庭で交わされるコミュニケーションは、そこで育つ子どもにとって「当たり前のコミュニケーション」だからです。 

残念ながら私たちの多くは、他者との関係において、
自分の願いが通じないときに、互いを傷つけあうコミュニケーションを当たり前として育ってきました。
その方法しか知らなかったからです。

でも、今はそうでないやり方を知っています。
他人を傷つけるのではないコミュニケーションを私たちから継承していきたいのです。
やがて子ども達が大きくなったら、傷つけないコミュニケーションが当たり前の世の中になることを願って。

もしも共感してくださる方がいらしたら、一緒に新しいコミュニケーションを伝えていきませんか?
一つでも多くの家庭が笑顔になることを夢見ています。


1d3f1ea9551047d0e21209d940fa07d5_s

 


無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個人セッション体験はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)