2014年04月

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

外部ストレスと夫婦関係

先月末から繁忙期を迎えておりました。

外出が多く、しかも早朝から夕方までの立ち仕事で、帰宅するとヘロヘロ。
生活のために食事作りと洗濯はしていますが、掃除が手付かず・・・ 

正直、日々汚くなっていく部屋を見るたびに、イラッとします。
「どうして、トイレ掃除をするのはいつも私なんだろう?」
「夫はこのホコリを見て、掃除しようって気にならないのかな?」

頭ではわかっているんです。
完全に「忙しくて死にそうな私の視点」からしか見ていません。
夫にその余裕があるか、健康状態や疲弊度はどうか、私の忙しさとは独立した話なのに。

・・・こういうことって皆さんのご家庭でもありませんか?
仕事や外での人間づきあいなど、夫婦関係の外から受けるストレスが、
夫婦関係に影響してしまうんです。
 
事実、ある研究によると、
「カップルセラピーを受けた夫婦がその後2年の間に再びセラピーを必要とするかどうかは、外部からのストレスをコントロール出来たかどうかにかかっている」ということが明らかになっているそうです。 

これを受けて、ゴットマン博士は
「夫婦が互いの外部ストレスを軽減することができるよう対話すること」を薦めています。

まあ、対話の習慣を持つまでいかないとしても、外部ストレスが夫婦仲に影響することは知っておいた方がいいように思います。 



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

 

お互いの愛情地図を拡大する

このところ、子供の進学問題について夫婦で話すことが多くなりました。

そんな会話の中で
「自分が子供の頃は・・・」
というネタがたくさん出てきます。

「初めてちゃんと読んだ大人の本は中2の頃で、『○○』だった」
「どうしてその本を選んだの?」
「友達がね・・・」

子供の進学問題そっちのけで、延々と夫の話を聞いていたいくらいでした。

彼が今まで誰からどんな影響を受けたか。
どんな体験や気持ちになったのか。
何が好きで、何が苦手だったか。

こういう小さな1つ1つのパーツを広げていくことで
彼独自の「地図」ができあがるのです。

ゴットマン博士は、お互いの地図を共有し、拡大することこそが、
友情の基盤となり、いざというときの大爆発から二人を守ってくれると語っています。

今度は寝る時間ぎりぎりではなく、もっと早い時間に対話を持ちかけるようにしてみたいなと思っています。




夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード