2014年01月

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

感情の抑制についての研究結果

昨日、ある女性から

自分は相手との衝突をさけるために、むっとしてもその感情を表に出さないようにしている。
そうすると「(お前は)何を考えているのかわからない」と言われてしまうんですよね。

というご相談を受けました。 

「衝突を避けたいと思うからこそ、感情を押し殺しているのに、
その努力を認めてくれるどころか「何考えてるかわからない」なんてひどい!」
・・・というところでしょう。

こういうご相談、少なくないんです。
男性側から「妻が何を考えているかわからない。表情がない」と相談されることもあります。


ある調査によると
「パートナーとケンカをするとき、あなたは感情を表に出しますか?」という質問に対し、
男性の3人に1人、女性の4人に1人が「感情を隠し、沈黙を守る」と答えたそうです。
(この結果だと男性の方が沈黙を守る割合が高いのですが・・・) 

さらに、感情を隠すことと健康への影響も調査されました。

男性については測定可能な影響が見られなかったものの、
女性については、
ケンカの際、感情を表に出さない人は、思ったことをいつも相手に言う人に比べて、10年間の研究期間の中で死亡率が4倍だったそうです。
 


うつや心臓病などへの影響も言われています。
多少の感情コントロールは必要ですが、
極端に抑制してしまうのは健康面でもよくありません。

ではどうやったら、なるべく衝突しないで、自分の気持ちを話せるか。

試験的ですが、お一人でも参加できる講座を企画中です。

夫婦関係が冷えた原因となる夫の態度

養命酒製造がワーキングママに対して行った
「冬の寒さ疲れ」に関する調査結果が報道されていました。

さすがは養命酒。
「疲れ具合」で区分をし、様々な分析を試みています。

同調査結果についての記事(概要がまとめられています)
http://www.rbbtoday.com/article/2014/01/23/116148.html

リンク先の記事では、『“激疲れママ”では、夫婦関係が「冷たい」が37.2%』という書き方をしていますが、逆に6割のご夫婦は「温かい、やや温かい」わけで、
この数字は実感値よりも高いなあという感想です。
産後クライシスによって「夫を愛していると答えた妻は3人に1人」と比べても高いですよね。
(選択肢の設定上「やや温かい」の次が「やや冷たい」なので、
「愛していないけど冷たくはないよねえ」という派が多かったのでしょうか?)

さて、興味深かったのは「夫婦関係が冷えた原因となる夫の態度」。
トップが「夫の器が小さい」で46%

器が小さいって具体的にどんな感じでしょうか。

感情のコントロールが苦手で、
人を傷つけるようなコミュニケーションしかできなくて、
些細なことも気にして、
自分の損得にうるさくて、
責任をとらない、他人のせいにする・・・ 

うーん、書いていて嫌になってきました(笑)

さらに気になったのは、こう答えた方々は、もともと器の小さい男性と結婚したということなのでしょうか?
それとも、時間と共に器が小さくなっちゃったのでしょうか。
もしかして、結婚前は器が大きいように装っていて、まんまと信じてしまったとか? 

こんな話をTwitter上でやり取りさせていただいていたら
「夫の器が小さいというより、自分の器が大きいから、比較すると小さく見えちゃう。
きっと夫の器は普通で、私たちが大き過ぎるのよ!(笑)」
という頼もしいtweetが。

きっと、相手の器の大きさがどうのこうのというよりも、
一緒に生活するうえで避けられない様々な対立とそれに伴う「痛み」があって
妻は傷ついているし、きっと調査されていないだけで夫の側も傷ついているんだろうな・・・。
そんな風に思いました。


養命酒製造株式会社 ワーキングママの「冬の寒さ疲れ」に関する調査
http://www.yomeishu.co.jp/health/survey/pdf/20140122_samusa_tukare.pdf




夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら


「知らないと損」程度の話ではありません

ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】
番外編2013年末記(3)を配信しました。
年末記の完結編です。

自分に起こったことを文字にしていてつくづく思ったのは
「関係性の智慧は生きていく上の智慧である」ということ。
これらを知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。


夫婦仲がよくないと「寿命が4年縮む」とか「病気に罹りやすい」とか、
データが示していることも大事なんですが

心穏やかに毎日を送ることができる・・・

やっぱりこれが一番ですよね。 

今年はどんどん関係性の智慧について配信していきたいと思っています。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 

相手がつながろうとした時のあなたの反応はどれ?

「ねえねえ、これ見て!」
「そういえばニュースで見た?○○の話」

こんな簡単な呼びかけを意識したことはありますか?
何気なくしているこんな会話も、相手とつながるきっかけになります。

さて、こんなときの反応の仕方は3つ。
  1. 向き合う
  2. 無視する
  3. 敵対する

「1.向き合う」は、何もしっかり身体を向かい合わせにしてその話題にしっかり受け答えするという意味ではありません。
「え?」とか「へえー」「ふむふむ(ボディランゲージでOK)」など、
相手の話を聴いていることを示せればOKです。

「2.無視する」は、視線を相手に向けることもせず、発言もせず、何も反応しないことを差します。

「3.敵対する」は、呼びかけに対して厳しい応答をするパターンです。
「忙しいのよ。声なんてかけないでよ!」
「ふん!(見下しの視線)」
などなど・・・。

ゴットマン博士の研究では、
幸福な結婚生活を送る夫婦は、86%が夕食時に互いの呼びかけに向き合っているのに対し、上手くいっていない夫婦が呼びかけに向き合う率は33%でした。

ちょっとした相手からの呼びかけ、意識してみてくださいね。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦間で起こる69%の問題は「永続する問題」

こんにちは。
3連休の方も多いと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ただいま「我が家がどうやって年末をギスギスせずに乗り越えたか」を書いたメルマガ
【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】の番外編を配信しております。

自分の私的部分をそのまま書いてしまっているので、かなり恥ずかしいのですが
ご紹介しております関係性の智慧が皆様のお役に立ったら嬉しいです。


さて、夫婦の間で起こる問題。
一体どの位の割合で解決できるとお思いですか?

ゴットマン博士の調査研究によると
なんと69%の問題は解決できない問題、つまり「永続する問題」なんだそうです。

皆さんの想像よりもはるかに大きな割合ではありませんか?

「だったら相手を変えればいいじゃない」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが
そんな簡単な話ではなく、
例え相手を変えても、そのパートナーとの間でまた69%の永続する問題が起きるわけです。

「問題ばっかりだから、私たち夫婦はもう駄目だ」と言っていたら
結婚生活なんてできなくなってしまいますね。

肝心なのは、問題を解決することではなく、
上手く問題と付き合うことなのです。



【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】の番外編、
お読みになりたい方は、今すぐ登録してくださいね。
購読は無料です。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 

夫婦仲が悪くなる時期

ドイツ在住暦の長い妹夫婦によると、
ドイツの夫婦カウンセラーが1年で最も忙しい時期は
「クリスマス後」
だそうです。

家族・親戚がみんな集まる日・・・
なんかわかるような気がしませんか?

そして、これはあくまでも私の感覚ですが
日本で夫婦の仲が一番ギスギスするのは「年末年始」だと思っています。

帰省するために日程を調整するが揉める。
大掃除をするのしないでイライラしたりストレスが溜まったり険悪になったり。
帰省先でのパートナーの態度が気に入らない。
せっかくの長期休暇をどう過ごすのかでイラつく。

お互いに対する期待と現実とのギャップが表面化する機会が、この時期はわんさかありますね。
・・・ええ、我が家もその傾向アリでした(笑)

どうやってそれを回避したかは、ブログで書くにはプライベート過ぎるので
メルマガに書こうかと思っています。

【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】
の番外編で書きますので
読みたい方は今のうちに登録しておいてくださいね。
(購読は無料です。)



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード