2013年12月

<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

夫婦仲の良し悪しが健康へ与える影響

先週、某所にて「夫婦仲が健康に与える影響」について話してきました。

夫婦仲が良くない人は
  • 35%も病気になりやすい
  • 寿命が4年短い 
会場が、「ええ~っ」とどよめきましたね。
中には「俺、やばいよ、すぐ死んじゃうよ」という方も(笑)


離婚した人が免疫力が落ちるということは古くから知られていますが
逆に、夫婦仲が上手く行っている人の研究もされています。

夫婦仲が良い人は
  • 外部から菌が侵入した際の白血球の増殖がさかん
  • キラー細胞(ガンなど病気の細胞を抑える効果のある細胞)が多い

当事者同士の健康状態が上記の通りですから、
その家庭で育った子供への影響も同じような傾向があるそうです。

 


夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

「7つの原則プログラム体験版」開催しました

「上手な夫婦喧嘩のために~結婚生活を成功させる7つの原則プログラム~」
体験版を開催しました。

聞くところによると、今回が同プログラムの日本での初開催。
参加してくださった記念すべきご夫婦が2組!
ありがとうございました♪

体験版では、同プログラムの冒頭部分である、以下の内容をお伝えしました。
  • このプログラムの背景となった研究について
  • 夫婦間が上手くいかないことが二人や子供の健康にどのように影響するか
  • 結婚に関する神話の信憑性
  • 離婚の前兆となるサイン
  • 何が結婚生活を成功させるのか
  • 7つの原則のうちの【原則1】とその演習
次々に繰り出される研究結果に「えーっ!」とどよめきながらも
楽しそうに演習してくださいました。

20131219
どきどきしながらも楽しくワーク中。

いただきました感想です。

「夫婦の問題が見えました」
「わかりやすく説明していただきました」
「ワークを通じて、パートナーが大事にしていることを確認できました」
「明るい空間で緊張しないでいることができました」

 来年も参加ご希望のご夫婦がいらっしゃれば開催していきますので、
ご興味ありましたらご連絡下さいね。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 

夫婦の研究はこうして行われた

先日、ワシントン大学名誉教授のジョン・ゴットマン博士は
二人の会話を15分間観察しただけで、
その二人が結婚生活を維持できるかそれとも分かれるかを
91%の確率で予測できる
というお話をしましたが、

これは
40年間、3000組以上の夫婦・カップルを調査研究した結果です。

博士は、この研究を通じて
  • 離婚する二人には前兆として6つのサインが見られること
  • 幸せな結婚生活のためには、7つの原則があること
を発見しました。

「一体、どうやって?」とお思いですよね。

なんと、博士はワシントン大学のキャンパスの中に、
まるでリゾートホテルのように快適に過ごせる部屋を作ってしまったのです。

この研究施設は「ラブラボ(愛情研究所)」と呼ばれ、
ここで多くの夫婦・カップルの研究が行われました。

ここで、二人はごく普通に24時間を過ごします。
料理を作ったり、テレビを見たり、新聞や雑誌を見たり・・・
部屋からはシアトルの海やヨットが見えたそうです。

IMG_3154

 
ただ、ちょっといつもの生活と違うとすれば
血液検査や尿検査、心電図など身体の機能についての検査があったり、
ビデオ撮影されていたりすることです。
(もちろん、ご本人たちの了解を得ています。)

このラブラボでの調査研究によって、将来離婚する夫婦のパターンが発見されたのです。

※画像は先日ゴットマン博士夫妻が来日された際、奥様のジュリー・ゴットマン博士からいただいたシアトルの海の絵。
 きっとこんな風景がラブラボから見えたんだろうな・・・なんて想像してしまいました。



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 

15分間の会話で離婚の予測が可能?!

私がジョン・ゴットマン博士という存在を知ったのは、
人間関係を取り扱う「ORSC(Organization & Relationship Systems Coaching)」という
コーチングのトレーニングの最中でした。

この関係性のコーチングは、システム理論やプロセスワークという心理学や仏教の教えなど、
様々なジャンルから関係性の智慧を総合してできあがったものなのですが、
その中の一つの重要な智慧として、ゴットマン博士の研究結果が挙げられていました。

このゴットマン博士、なにがすごいって
二人の会話を15分間観察しただけで、
その二人が結婚生活を維持できるかそれとも別れるかを
91%の確率で予測することができる
んです!

この91%が何を物語っているか。

通常、夫婦関係に関するアドバイスは上手く行くものもあれば、そうでないものもあります。
そのカップルのタイプや状況により「私たちにはそれは有効でなかった」など当たり外れがあるものです。

しかしながら、ゴットマン博士の「智慧」は、そういう当たり外れを排除した
「夫婦・カップルに普遍的に当てはまる智慧」という点で、
胸を張っておススメできるのです。




夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦のコーチングについて

夫婦・カップルのコーチングは、コーチとお二人との3人で対話をすることで
より良い関係を創り上げていきます。

コーチがお二人に投げかける質問やフィードバックによって
怒り、悲しみ、絶望、嫉妬といった様々な感情や
過去のわだかまり、力(パワー)関係、役割などから抜け出し、
一度同じステージに立って、本音で語り合うことを支援します。

また、必要に応じ、コーチから良好な関係性を築くためのコツをお伝えしていきます。

「きっと夫は私のことを疎ましく思っているに違いない」
「自分達の結婚生活が上手くいっていないなんて、相手はこれっぽっちも気になんかしていない」

そんな想像や思い込みの世界で悶々としていた二人の前に
「え?そんな風に思っていたの?!」
という発見が起こります。

そして「私」「あなた」ではなく
「私たちはどうしていきたいのか」
という声に耳を傾けることによって
より良い関係を築くための行動をスタートさせます。


夫婦のコーチングについての体験談はこちらからご覧いただけます。

⇒ 夫婦だからこそ話せないことがある

⇒ 夫婦ゲンカが増えたので、「コーチング」を受けてきた




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個人セッション体験はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)

「上手な夫婦喧嘩の方法」体験していただいています

今日は、現在準備中の
「上手な夫婦喧嘩の方法知ってますか?
-結婚生活を成功させる7つの原則プログラム-」

の一部を、あるご夫婦に体験していただきました。

このプログラムは、ゴットマン博士の研究に基づき誕生した、
夫婦の関係を強化し、より良好な状態を維持するためのプログラムで、
米国では既に多くのご夫婦・カップルが関係改善を手にしています。
 
今日のご夫婦は、喧嘩が苦手で、
「言いたいことを飲み込んで鬱々としてしまう」というのが悩みだったのですが
体験終了後、夫さんが
「いいですね、これ。知ってよかったです」
とコメントしてくれました。

今日は肝心の「喧嘩の仕方」の前段階の話でしたが、
いろいろと収穫があったようです。

このプログラムを必要としているご夫婦にお届けするためにも
引き続き準備、頑張ります!




夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 

最初が肝心

今日の打ち合わせ前のことです。

先輩が受付にカツカツカツ・・・とやってきて

「名簿ある?」
「何部ある?3部?」
「ちょうだい」

そしてまたカツカツカツ・・・

どうやら出席者への配布資料が足りなかったようで、少々お怒りの様子でした。

最初の
「名簿ある?」
から、ちょっとトゲのある口調。
思わず、(おー、とげとげしい話の切り出し方だー!)と内心思ってしまいました。

会話は最初の切り出し方が重要で、
最初の3分間のやり取りがその会話の全体の雰囲気を決めるのだそうです。

夫婦を対象とした調査研究では、最初の切り出し方が良い雰囲気でも悪い雰囲気でも、
96%の確率で、切り出された雰囲気で会話が終わるそうです。

話を切り出す前に、ちょっと意識したいですね。
 



夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら
 
無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード