b079eb59fb26718da847f57da6046914_s

メロドラマ(うう…死語ですね(^_^;))を見ながら、
「どうして素直に自分の気持ちを言わないの!あーあバカだなあ」
なんてテレビに向かってつぶやいたりしませんか?

ドラマを見ていると、そこで起きていること、起きようとしていること、
主人公が本当は何をしたら恋が成就するかがよーくわかりますよね。

それは、カメラのアングルが「二人の外側から二人に向けて」だから。
 
もしも、常に主人公の目線からしか撮影されなかったら、
主人公の立場や利害から見えるものしか映しだされません。

「外から二人を見る」
実は、ここに夫婦やカップルの関係を円滑にするコツが隠れています。

自分の目玉を取り出して、自分と相手の双方が視界に入るように見るんです。

これができるようになると、「今、何が起きているのか」「何をすべきか」がわかります。

コーチングではこの「外から自分たちを見る」を体験してもらうことがよくあります。
普段、そんな視点を持つことはありませんから、人によってはものすごいインパクトがあるようです。
(パートナーと一緒にセッションを受けなくても体験できますので、ご興味ある方は個別相談でぜひどうぞ。) 


折りしも、昨日から産後クライシスを取り扱ったドラマがスタートしましたね。
まだ録画を見ていないのですが、コーチ目線で見たら何を感じるだろうと楽しみにしています。
機会があったらレポートしてみちゃいましょうか。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個別相談」)

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2015 Karika Coaching All Rights Reserved.