日々、「お悩み相談掲示板」などのweb相談や、ネットでの書き込みなどで、ご自分たち夫婦の関係が上手くいっていないとの悩みを多く目にします。

私は○○して、さらに△△した。
時には□□することも。
でも彼(彼女)は××で・・・

概ね、自分が今までどんなことに気を遣い、どれだけ手を尽くしたかに字数が割かれ、
相手についての情報は「~してくれない」など、ネガティブな情報に限られます。

書き込みという性質上、どうしても自分目線になってしまうのは仕方ないですよね。

書かれていることにウソはないと思います。
ただ、残念ながら、これらは「一部だけ正しい」と思っています。
参考:「夫の言い分と妻の言い分が異なったら

書かれているのは、自分の立場、目線から見た話です。
「手伝わなかった」、「何も言わなかった」などの言動の事実はさておき、
目に見えない相手の気持ちや考えに至っては憶測に過ぎません。
相手の立場、利害、恐れ等も充分に見えているとは言えません。

実は、夫婦やカップルの問題を考える際、
この「自分の視点」から一旦出ることができるかが 
2人の関係を変える鍵を握っています。
 

もしも、「自分の視点」を抜け出して「私たちの視点」に立ってみたいと思われたら
セッションを受けてみて下さいね。
(このセッションはお一人でも受けられます)
(ご予約は「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)

4d0a9a04601734a10087df6b8f66386f_s




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個人セッション体験はこちら
  (「夫婦・カップルの関係性コーチング」⇒「個人セッション体験版」)