<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

知識は結婚生活を助ける

皆さん、風邪の予防のためにどんなことをしたらいいか、ご存知ですか?

・手洗いうがい
・栄養と睡眠を充分とる
・マスクをする
・汚れた手で顔を触らない 等々…

きっと誰でも1つや2つは挙げられると思います。

私たちは、小さな頃から家庭や学校での教育、新聞やテレビ等を通して、健康を維持するための情報をたくさん目にしています。

ですので、「外から帰ってきたら手洗い、うがいすることで風邪は予防することができる」とか「風邪を引いたら、消化の良い栄養のあるものを食べ、温かくして、できるだけ身体を休める」などの知識を持っています。

健康状態が常に良好であることに越したことはないですが、時に不安定になるということもよく知っています。
そして、仮に具合が悪くなっても、知識のお陰で比較的適切な行動をとることが可能です。

さて、お子さんがいらっしゃる方はよくご存じだと思うのですが、生まれたばかりの赤ちゃんが1歳半までに必ずと言っていいほどかかる病気として「突発性発疹」というものがあります。

この病気は、免疫のない赤ちゃんが人込みなどでウイルスに感染すると発症するものです。

しかし、多くの場合、一度かかったら再び発症することはなく、感染力も低いため「かからないように防ぐ」というよりも「どの赤ちゃんも1度はかかるもの」と通過儀礼的に捉えられています。

赤ちゃんにとっては人生初の発熱になるケースもあり、あらかじめ両親学級などでこの病気についてのお話があったり、赤ちゃんのお世話や健康管理に関する小冊子に説明が載っていたりします。

このため、親は赤ちゃんが突発性発疹にかかったからといって、「赤ちゃんのお世話の仕方がまずかった」と自分を責めたり、「お前の健康管理が甘いからだ」とパートナーを責めたりすることはありません。

このように事前に身につけた知識によって、起きたトラブルにうまく対処することができるのです。

46d480518721e00569b615ee3971986d_s

ところが、多くの人が結婚するにもかかわらず(そして結婚生活で問題を抱えるにもかかわらず)、「結婚生活では何か起きるのか」、「どのようにすれば良い関係性が維持できるのか」、「不具合が生じた時にどうすれば適切な行動なのか」といった情報は周知されていません。

そして、トラブルが起きてはじめて、自分たちの関係について悲観的になったり、自分の言い方や行動がまずかったと自分を責めたり、「お前がまずいからだ」とパートナーを責めたりしてしまいます。

もしも、あらかじめ夫婦関係に関する知識を持っていれば、先の突発性発疹のように自分や相手を責めずに冷静に対処することができます。

何よりも、家庭というフィールドで、人と人とがどのように意見交換し、協力し、共に過ごしていくかを子どもたちに触れさせることができたなら、それは何よりのギフトになります。

なぜならば、子どもたちは親のやり取りを見て、「どのようにすれば幸せな結婚生活を送ることができるのか」、「不具合が起きたときにどのように対処するのか」のお手本をたくさん見て育つからです。

相手が喜ぶ愛情表現をしよう

今日、1月31日は「愛妻の日」だそうです。
皆さん、日ごろどのようにパートナーに愛情を示していますか?

独りよがりな行動でも愛情を全く示さないよりはよいのかもしれませんが、良かれと思って行動したことで、かえって「あの人は私のことを何もわかっていない」と思われてしまうケースもあります。

例えば、花束。
「どうせ花でも贈っておけばいいんだろう的な発想でしょ?これで日頃のあれやこれやが帳消しになると思ったら大間違いなんだから」

もちろん、花束で愛情が伝わるパートナーもいます。
でも、自分のパートナーはどうかな?とちょっと考えて欲しいのです。

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


どうせ、愛情を伝えるならばしっかり相手に届く形で送りたいですよね。
ヒントは、日ごろ、パートナーがしてくれていることの中にあります。

人は無意識に、自分がされて嬉しいことを他人に対して行う傾向があります。

あなたに「ありがとう」「助かる」と感謝をよく示してくれるパートナーなら、日頃の感謝を伝えてみてください。(手紙やメモでも良いと思います。)

一緒に出かけたり、一緒にお茶をしたりしたがるパートナーには、一緒に過ごす相手のための時間を作ってみてください。(今日が忙しければ週末にアポを入れましょう。)

あなたが休んでいる時に家事をしてくれているパートナーなら、普段はパートナーが担当している家事を代わりにやってみてください。

外出先からよくお土産を買ってきてくれるパートナーには、何かお土産をプレゼントしてみましょう。(このパートナーなら花束やケーキでも喜んでくれる可能性があります。)

ときどき肩や背中、腕などに軽く触れてくるパートナーなら、愛情を込めて、同じように軽くタッチしてみてください。

もちろん、花束やケーキなどにプラスする形でもOKです。



せっかくの愛妻の日です。
あなたの大切なパートナーにしっかり届くような愛情表現を試してみてくださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.




無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード