先日、ある集まりで働き方改革についてお話させていただいたのですが、50名ほどの参加者(20代後半~30代前半、ほとんど男性)のうち、「産後クライシス」についてご存じだったのはたったお二人でした。

産後クライシスとは、ざっくりと言うと「出産を機に夫婦間の愛情(特に妻から夫への愛情)が激減し、二人の関係が危機に直面すること」を指します。


産後クライシスグラフ


NHKあさイチで「産後クライシス」としてベネッセ次世代育成研究所の調査結果が放送されたのが2012年。
以降、夫婦に最初に訪れる最大の危機として世の中に浸透してきていると思っていたのですが、興味がない方にはほとんど認知されていないことを実感しました。


さて、初めて子供が生まれた時期に夫婦が危機を迎えるというのは日本だけでなく米国でも同じような調査結果が出ています。

ワシントン大学名誉教授ジョン・ゴットマン博士の研究によると、第1子出産後に結婚生活に不満を覚えるようになったと回答した夫婦は全体の67%。
しかし興味深いのは、残りの33%は不満を覚えず、さらにその半数はかえって満足度が上がったと回答しているのです。

博士のグループはさらに調査を進めていきました。
その結果、子供が生まれてから結婚生活の満足度が上がった夫婦にはある共通点が見つかりました。

それは、相手に関する情報ーパートナーの人生に関連する詳細な情報を持っていたということです。

お互いがお互いに関する情報を知っていれば、生活の質を向上させるための様々なサポートをすることができます。

妻が出先で美味しそうなケーキ屋さんを見つけた時、夫がチーズケーキ好きだと知っていればそれを買って帰ることができます。

妻が資格試験のために苦労したり悩んだりしていることを夫が知っていれば、勉強に集中できるよう休みの日の一切の家事を買って出ることができます。

私の知り合いはハーゲンダッツのアイスクリームが大好物ですが、パートナーはそれを知っているので、ストレスが溜まっているとそれを察して仕事帰りに突然買ってきてくれることがあると嬉しそうに教えてくれました。

お互いがお互いを支えあうためには、相手がどんな人間かを理解している必要があります。
何が好きか苦手かだけでなく、悩みや心配事、夢や願い、人生の目的といった本当に詳細な情報をお互いが持っていることが二人の信頼関係を強固なものにしていくのです。

なお、相手に関する情報は何も出産前だけに必要なわけではありません。
情報は時の流れと共に変化していきますので、ときどき更新が必要です。
特に、付き合いの長いご夫婦はこのアップデートがおろそかになっていることが多々あります。
夕食の時間などを利用して、ぜひ最新バージョンに更新してみてくださいね。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2018 Karika Coaching All Rights Reserved.