今、ちょっと話題になっている「産後クライシス」(ポプラ社)。

この本のきっかけとなったベネッセ次世代育成研究所の調査については
以前、別のブログで触れたことがあります。

要約すると、

妊娠中は、夫も妻も「愛していると実感する」のは74.3%なのに、
出産を境に「夫を愛していると実感する」妻の割合は大きく減少していき、
子どもが0歳の時は45.5%。
1歳の時は36.8%、
2歳の時は、さらに下がって34%となる。

という調査結果ですね。

これについては既知の事実だったのですが、本を読んで一番衝撃的だったのは
子供が何歳の時に離婚したか。
なんと「0歳~2歳」が最も多く、全体の3割を占めているとか。

いくつかの調査結果からの推定値ということですが、
でも実感があります。

私の周りのシングルマザー。
子供が1歳の時に離婚した人。
2歳の時の人。
現在、離婚調停中の男性、別居時のお子さんの年齢2歳・・・。

出産により家族が増えると、夫婦の関係性は新しい章を迎えます。
良くも悪くも、これまでの物語どおりではいかなくなるのですが、これ程までに多いとは・・・。

ところで、この産後クライシスを乗り越えた夫婦についての調査結果が手元にあったのに
うっかり見落としておりました。

この内容については次回。




夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら