昨日は、離婚の時期で最も多いのが「産後まもなく」であることをお伝えしました。

最も多いのは「産後まもなく離婚した夫婦」

生活スタイルや女性の自立などが先行する米国でも、
「最初の子供の誕生」が結婚生活の不満や離婚に至る大きな出来事のようです。

ある研究では、
第1子出産後の夫婦に調査を行ったところ、
67%の夫婦が「結婚生活に不満を抱くようになった」と答えました。
しかし、残りの33%は結婚生活に不満を抱かず、
かつその半数が「かえって満足度が上がった」と答えたそうです。


(これ、日本の調査の「夫を愛していると実感する」の34%と
ざっくり近いですね。)

この「第1子誕生後、満足度が上がった夫婦」についてさらに調査したところ、
全員が「相手の人生の領域についての詳しい情報」を持っており、
二人の間に「強固な友情の基盤ができていた」ことがわかりました。

「うちはもう手遅れ。産後から数年経っていて、未だにクライシスだし・・・」

そう諦めてしまうのは早過ぎます。
ここから変化を起こすことができたら、必ず関係は改善していきます。 




夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら

無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら