<このブログのおススメの歩き方>
・夫婦仲をなんとかしたいと思いつつ、話し合うと余計こじれる
 →「いきなり話し合い」をおススメしない理由
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_537052.html
・日常のやりとりから、すぐ喧嘩になってしまう
 → 関係性を悪化させる4つの毒素
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_421429.html
・関係性をより良くする智慧を知りたい
 → 幸せな結婚生活のコツ
  http://happy-marriage.blog.jp/archives/cat_104138.html

妻が箸を忘れたことで大ゲンカしてしまったご夫婦のこと

「妻が箸をテーブルに持ってくるのを忘れた」ことがきっかけで大ゲンカに発展してしまったご夫婦の話がTwitterで話題になっていました。

(下記リンク先より連続ツイートが読めます。)



「箸が来る前にご飯が来ることが無理」(そして自分で箸を取りには行かない)という夫さんのマイルール、そして「毎日やっていることを忘れるなんておかしい」という主張は、本人にとっては当たり前かもしれませんが、他の人にとっても同じように当たり前ではありませんよね。

「自分は正しい、お前が間違っている」という姿勢にはまり込んでしまうと、対立はますますヒートアップして、暴力的な言葉や行為により二人の関係も壊していきます。

で、ちょっと思ったのは、この夫さんは、どうしてそこまで「箸が来る前にご飯が来ることが無理」なのかということ。
「ご飯があるのに箸が用意されていない」ということが引き金になって、どんな感情が引き起こされているのか、また、その感情の奥にある「満たされなかったニーズ」とは一体何なのか、ということです。

もちろん、これは夫さん本人にしかわかりません。
そして、恐らくご本人も明確にはわかっていないんじゃないでしょうか。

夫さん本人にとって、このマイルールが本当に大切なものであるならば、どうしてそこまで大切に思うのか、それによって自分の何が満たされるのか、それはどのような経緯でできあがった感覚なのかを、パートナーに冷静にわかりやすく説明できたらいいなと思います。

そのためには、自分の感情やニーズをしっかり掘り下げる必要があります。
今回のケースでは「箸」なので、恐らく育った家庭での両親の関係や両親と自分の関係が密接に絡んでいるように思います。
また、箸が置かれていなかっただけでこれほどまでヒートアップしてしまった背景として、現在のパートナーとの関係性や、もしかしたら仕事での人間関係でも、同じ「満たされない何か」を刺激され続けていた可能性もあると思っています。

一方で、妻さんは、夫さんからマイルールの大切さやそれが形成された経緯などを聞くことによって、「夫さんにとってマイルールがどれだけ大事かがわかった」というところまでいけたらいいなと思います。ただし、ここで注意点としては、「夫さんにとってマイルールが大事だということがわかった」止まりで十分で、「だからあなたのルール通りに私は行動するね」まで行かなくていいということです。

そして、二人の間に、譲れるものがあるのであれば、夫さんのマイルールを一方的に妻が飲むのではなく、二人がそれぞれ歩み寄り、落としどころを見つけられたらいいなと思います。

もちろん、話を聞き合うのは二人が落ち着いて、そして夫さんが自分の気持ちと向き合ってからになりますが、お箸は頻繁に使うので、どこかで話し合っておかないとまた同じことが繰り返される予感がします。

妻さんが家出している間に、どうか夫さんが自分の気持ちと向き合っていますように。




無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

パートナーにオタク活動を認めてもらいたい!

先日、「オタク活動とパートナーとの良好な関係を両立させるには」ということをSNSで投稿したら、ものすごい反応がありました。
皆さん、自分の好きなことを追求するのに家族との関係にも苦慮されているようです。

ここでのオタク活動は、アイドルでもアニメでも鉄道でも何でも構いません。
自分が大好きで時間やお金を費やしたい対象をパートナーが快く思っていないという状態です。

「〇〇のイベントに行ってくる」
「…え?また?」
「この前は東京だけど、今度は大阪だから」
「え?〇〇のためだけに大阪行くの?!信じられない。それ変じゃない?」
「変じゃないよ。野球だって東京ドームがホームでも京セラドームにも応援に行くじゃん」
「えー?でも……」
idol_fan_women_uchiwa_mune (1)
「〇〇(オタク活動の対象)が好き/嫌い」というのは、ブロッコリーが好き/嫌いと同じくらい主観的なものです。
好き嫌いに正しいとか間違っているとかはありません。
ただ「どのように感じるかが違っている」だけです。

しかし、この好き嫌いの感じ方の違いが、二人の関係に悪影響を及ぼす場合があります。
嗜好や主義はそう簡単に変わるものではないので、二人の意見は平行線のまま解消せず、残念ながら問題はずっと続くことになります。

良いお知らせとしては、このようなずっと続く問題は、自分達の相性や仲が悪いから発生するものではないこと。
どんな相手と結婚しても二人の間に起きる問題の約7割は、このタイプの問題です。

なので、「理解がない人だ」と相手を批判しちゃうのは筋違いですし、「私がもっと我慢しなくちゃいけないのかな」と自分を責める必要もありません。
(たとえ我慢したとしても、また別の内容の問題が発生し、二人の間から完全に問題が消え去ることはないんですよね…)

大切なのは、ずっと続く問題とうまく付き合っていくこと。
そして、この問題がお互いにとって大切な問題であることを認識できたらいいですよね。

日ごろからお互いを思いやり、尊重する関係を創ることで、ずっと続く問題についてお互いが思っていることをシェアするチャンスが来ると思います。





無料ステップメール【実録Before/After 私たち夫婦の関係が変わるまで】はこちら

夫婦・カップルの関係性に関する個別相談はこちら(ご夫婦お揃いでなくて大丈夫です)
  
夫婦コーチングに関するお問い合わせやご相談はこちら


Copyright 2013-2019 Karika Coaching All Rights Reserved.

無料メールマガジン
誰も教えてくれなかった「夫婦関係を良くする秘訣」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
プロフィール

karika

ご夫婦やカップルの関係性をより良くするお手伝いをしています。

CRRグローバル認定
組織と関係性コーチ
/「結婚を成功させる7つの原則プログラム」認定エデュケーター
/米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ

記事検索
QRコード
QRコード